« 12月5日(日) 「D坂で生まれた女」 | トップページ | 12月7日(月) とんち伝説 »

2010年12月 8日 (水)

12月6日(月) 「踊る平家は久しからず」

 そりゃ、遊んでばかりいたら源氏にやられるわなあ。さて、本日は午前10時から2011年トンデモ本大賞 会場 銀座ブロッサムの下見である。午前7時半に起床。シャワーを浴びて身支度拵え大量に脱糞。ホテルのレストランで朝食を取る。今日の朝食はベーコン付。あっと喜んだら今度はフランスパンがなかったという(笑)。まあ、ぶつぶつ言いながらもたくさん食ったのであるが。

 午前9時に出発。ところがこれが大失敗。池袋から有楽町線に乗り換えれば大して時間は掛かるまい、全行程一時間もあれば十分だろうと思ったのだが、有楽町線の遅延もあって1時間20分ほども掛かってしまったのである。どててと会場内に走りこみ、ぜーぜー言いながら「すんません、すんません、遅れてすんません」と頭を59回ほど下げたのであった。

 さて、会場であるが900オーバーの客席数を誇るホールであるけれどもその割にはコンパクト。強武装、重防御で他国に比べれば2~3割小型化できた旧日本海軍の大和級戦艦のごとし(よく分らん例えである)。私は機材担当ののび太さんと会場を見回り、正面入り口に銃座を構え遅滞防御戦闘を繰り返しつつ舞台直ぐ前まで後退、的を十分にひきつけてから2階席に配置した機銃部隊にて殲滅というプランを立てる(本気にするなよ)。

 午前11時に下見終了。皆さんと別れて私は新宿へ戻る。そこで漫画喫茶に入って3時間の時間調整(笑)。やっぱり東京の漫画喫茶は凄い、天神の漫画喫茶で4刷も欠本していた「くいしん坊」を全巻きちんと読むことができたぞ。

 それからヒルトンホテル東京のシャトルバスを使ってアバック グランド新宿店へ行く。目的はソニー プロジェクター VPL-VW90ESの3D映像を見ること。映像信号分配の関係で3D投射が上手くロックしない時があるんですよと店員の人に言われてしまったが、何、スイッチを入れると案ずるより産むが易し、西川きよしの相方は横山やすし、でばっちり映ってくれましたがな。さすがに普段の行いが良いと違うものですな、わはははは。

 そのVPL-VW90ESであるが確かに暗い。使われているスクリーンのゲインが0.85であることもあってこの間見たビクター X3には明るさで到底適わない。しかし、実際絵を見てみるとそれが案外気にならなかったりする。暗いことは暗いが暗室のシアタールームでゲイン1.4程度のスクリーン(手前味噌になっちゃうけどキクチ・マリブとかな)で見るならば十分実用に耐えるのではないかと思うのである。

 ただ、ひとつ気になったのはクロストーク。店員さんには言わなかったけれども(笑)、実写3Dの映像で時折ぼやけるような、画面が滲むような印象を受けた。ビクターのX3ではまったく見られなかったのだが、その時使っていたソフトはCGアニメばかりであり直接的な比較はできないように思える。

 やっぱり2台並べて同時に(メガネをその都度かけかえなければなりませんな)同じソフトを使って見ないと評価を誤る可能性があるのではないか。

 視聴を終えて店員さんに厚く礼を述べて店を出る。帰りがけにHD550の下取り価格を聞いたら予想より6万円も安かったのにがっくり。あちゃー、これは場合によってはプロジェクターの買い替えを諦めなければならないかも知れない。

 ヒルトンホテル東京から地下通路を延々歩いて地下鉄大江戸線の駅へ。そこから上野御囲地町へ行きJR線に乗り換えて秋葉原に到着。午後4時を過ぎておりもうお腹ぺこぺこ。これから何をするのかというと、前回大変気に入ったそばの名店 神田藪そばでそば酒を楽しもうというのである。

 平日のこんな時間だから待たずに入店できる。そして早速に恵比寿ビール小瓶、焼き海苔、鴨ロースをオーダー。蕎麦味噌をつまみにビールをクーッ。ンム、美味いとビック錠先生の漫画みたいに嘆息する。ビールの後は当然ながらお銚子の冷。なんでこの店で飲むとただのお酒がこんなに美味しくなるかねえ。またツマミのうち鴨ロースがやっぱり抜群に美味しい。箸でつまむとにゅるーんと脂が染み出てくるその焼き加減が絶妙なのだ。

 お銚子1本ではとうていすまず2本目をオーダー。今度は燗をつけて貰う。そして早めにせいろうそばをオーダー。蕎麦をちびちび食べてつまみにするのだ。こっちもンム、美味い!そしてその後の蕎麦湯がまたよろしい。こいつを肴に燗酒やると口の中に蕎麦の香りが一杯に広がるのである。陶然となるという表現がこれほど似合うシチュエーションもあるまい。

 お勘定は4,200円。高いけれどもそれだけの価値は十二分にあると思います。

 とはいえ、これだけではとても腹一杯という訳には行かないので吉野家で牛丼を食べたけれども(笑)。

 その後秋葉原をちょっと素見し、午後6時から羽田空港へ向かう。午後8時のフライトまでにさらにウィスキー水割り缶を2本。深めに酔って飛行機で寝ていこうとしたのだが、やっぱりダメであった。離陸してから30分ほどで目を覚ましてしまうのである。仕方ないので本をずーっと読んでいた。

 午後10時福岡空港着。いつもどおり地下鉄で天神まで出てその後はタクシー。午後11時近くに無事到着。母親に帰着を知らせ、シャワーをさっと浴びてお酒。いくらも飲まぬうちに疲れがどっと出てきて午前12時過ぎには寝てしまった。

|

« 12月5日(日) 「D坂で生まれた女」 | トップページ | 12月7日(月) とんち伝説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月6日(月) 「踊る平家は久しからず」:

« 12月5日(日) 「D坂で生まれた女」 | トップページ | 12月7日(月) とんち伝説 »