« 1月29日(土) サロメも木から落ちる | トップページ | 1月31日(月) 「サロメの手」 »

2011年1月31日 (月)

1月30日(日) 見サロメ、聞かサロメ、言わサロメ

 さらに訳が分らん。風邪はほぼ抜けたようで体のだるさ、熱っぽさも解消された。その代わり体が寒さに対して弱くなってしまったのか、いちいち寒がるのである(笑)。自室からトイレへ行くときも「あー、さむ、さむ」、食事をしている時も「あー、さむ、さむ」 そろそろ散髪しなくちゃと思ったとたん、首筋がぞくりとして「あー、さむ、さむ」、オナニーをしていても「あー、さむ、さむ」・・・さすがにこれはないけど(笑)。事務所にいる時はもっと酷くてガスファンヒーターの前から離れられない。外出から戻ってきたらその後2時間ほどコートが手放せない。仕事にならん。いくら今年が寒いからといってこのさむがりようは尋常ではない。

 やっぱり年っすかねえ。

 先日、この日記でPDF化した漫画単行本の閲覧用にノートパソコンが欲しいと書いたところ、とあるアメリカの人から「ワタシノネットブック(10型)ハイカガデスーカ、カイカエノタメオヤスクオユズリデキマスーヨ」という有難いメッセージが。急遽LAへ飛んで実機を見せて貰ったのだが、これが10型というだけあって現用のパソコンモニターに比べるといかにも小さい。それでどうしようかと迷っていたのだが、考えてみればあのipadだって画面そのものは9.7型。ガラパゴスのでかい奴にしたって10.8型とあまり変わらないのである。

 一度、漫画単行本のPDFデーターを表示させて快適に見られるようならばそのままいっちゃおうかと思っている。それにあのアメリカの人ならアフターサポートも万全だしね(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯にコンビニの電子レンジに7分入れるだけでOKの肉うどん。これに卵を入れて温めたらいい具合に半熟になってさらに美味しくなるのではないか。一度、試してみよう(卵の黄身につまようじなどで穴を開けるのを忘れるな!)。

 夕食は母親が出かけていたので出来合いのチラシ寿司。ビール2缶は飲んだもののどうも食欲がはかばかしくなく、半分残してしまう。いまだ病み上がりの状態から抜けきっておらぬようだ。〆のコーヒーは如例。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『悪夢探偵2』を見る。対象者からの依頼を通して己の幼少期のトラウマに向き合い、解決するという人間ドラマは誠に優れているが、その反面、ホラーとしては最低の出来。恐怖の対象がぼやけてしまっているので見ているこちらは何を怖がればいいのか分らないのだ。だから三浦由衣(というんですか、あの女子高生は)がギャーギャー叫んでいるのが馬鹿馬鹿しく思えてしまう。せっかくの熱演が大変に気の毒なことになっている。

 あの長ったらしいエピローグも良く分らん。崖から転落したバスの運転手、バスガイド、子供たちの幽霊というのはあれは完全にギャグでやっているのか。さすがにフランケンシュタインの怪物みたいに頭を鉄棒が貫通しているバスガイドさんとか、頭にハンドルが突き刺さっている運転手さんとか見たらもう笑うしかないのだが。

 この映画にはあの松嶋 初音さんも出演していらっしゃる。だが、私はあの「熱中夜話 マニアック映画ナイト」収録の際に間近で見ているのにも関わらず彼女の顔が分らなかった。エンドクレジットで初めて知ったという有様で人の顔を覚えられないのにもほどがある(笑)。

 ハイビジョン画質は暗部にまた例の明滅が。明るい場面では比較的高品位だったが、この暗部で全てが台無し。さすがにWOWOWいい加減にしろ!と言いたくなる。音声はステレオ。サラウンド感たっぷりでまた台詞の通りも良い。

 終了後、「化物語」、「涼宮ハルヒの憂鬱」をそれぞれ1話分。

 シャワーを浴びてウィスキーお湯割りなど。お供は「たかじんのそこまで言って委員会」 終了後、プロジェクターを再起動させてブルーレイソフト 『三大怪獣 地球最大の決戦』を最後まで。やっぱりこの画質は素晴らしい。何回となく見てきたこの映画がまるで別物だ。

 就寝午前1時過ぎ。

|

« 1月29日(土) サロメも木から落ちる | トップページ | 1月31日(月) 「サロメの手」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月30日(日) 見サロメ、聞かサロメ、言わサロメ:

« 1月29日(土) サロメも木から落ちる | トップページ | 1月31日(月) 「サロメの手」 »