« 1月4日(火) 「婚活の日」 | トップページ | 1月6日(木) 「銀河ヒッチコックガイド」 »

2011年1月 6日 (木)

1月5日(水) 100万ワットの月代だ

 『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』観賞記念駄洒落。ブルーレイの3D映画がもっともっと見たいと思うのであるが、現在のところあまりソフトが揃っていない。『バイオハザード4 アフターライフ』以外、どうしても見てみたいというソフトがないのである。ところがこの国内盤『バイオハザード4 アフターライフ』は日本語吹替えのみロスレスで英語音声はロッシーという糞馬鹿仕様。だから米国盤を注文したのだが、その到着は1月下旬になってしまう。ああ、でも、しかし、私の中の3D映画に対する欲求、略して3D欲が収まらないのだ。他に良いソフトはないのか。

 そこで浮上してくるのが現時点での3D映画のシンボル的作品『アバター』である。しかし、このソフトはパナソニックの3D製品キャンペーンの対象であり、3Dテレビ、レコーダーのみに「石川遼オリジナル3Dコンテンツ」 『アイス・エイジ3 ティラノのおとしもの』と共にバンドルされるという変則的な商品となっている。さすがにこのソフトだけのためにレコーダーなどを買うことはできないので、例によってヤフオクを漁ってみたらはいはい、ありました、ありました。3作品のセットや『アバター』単独でいろいろ出品されております。

 問題なのがその値段、3作品セットの出品はともかくとして『アバター』単独でも7~8,000円の落札になるようである。何れ、4~5,000円で一般販売されるであろうソフトをこの値段で買うのはちょっと勇気のいることだ(笑)。いち早く『アバター』を3Dで楽しめるという価値を選ぶか、それとも安さを選ぶか、ここは思案の為所だ・・・と思ったけれども、その差はたかが3,000円ぐらいですからな、ここは思い切っていっちゃいましょう。

 仕事はまあ、いろいろあった。懸案であった部屋は意外な方面から解決策が見えた。これなら案外迅速に解決できそうである。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー牛乳。昼飯は昨日の残りのカレーを一皿。夕食はパックのお寿司、鯛の煮付け。ビール2缶飲む。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『大怪獣バトルウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』を見る。悪のウルトラマン ベリアルやウルトラマンキングの吹替えをあの小泉元首相がやっていることなどで話題になった作品であるが、私のようなひねくれ者はやさぐれウルトラマンのウルトラマンゼロが実はあの堅物のイメージが強い(?)ウルトラセブンの息子だと明かされるところでプッと吹いてしまう訳で(笑)。

 ただ、ウルトラマンゼロのウルトラ一族の枠を超えた強さの描写は大変にカッコいい。特にあのダブルアイスラッガーの使い方には「そうか、こういう手があったか」と膝を打ってしまったくらい。特撮も小気味良く、最近のシリーズをまったく見ていない私も大いに楽しめた。

 ハイビジョン画質はペケ。なぜかやたらにジャギーが目立つ。これはDVD-A1UDの出力解像度を1080P24からソースダイレクト(1080i)、1080P60に変えても同じであった。またハイライトの飽和が早くウルトラの星、氷結場面がしらっちゃけてしまう。

 サラウンドはAAC5.1チャンネル。迫力はあるが、粗雑な音場が残念。なにもあんなにどがすかばかすか爆発させることもあるまいよ。

 終了後、WOWOWハイビジョン録画 「化物語 #6 #7」を再見。やっぱりプロジェクター DLA-X3のアニメモードは物凄く綺麗だ。

 シャワーを浴びてお酒。お供はBS日テレで録画しておいた「徹底検証!ぼくらのウルトラマン伝説」 ホシノ少年役の津沢彰秀さんの登場に驚く。いや、何も驚く必要はないのだが(笑)、実際、何年ぶりに見たのだろう。黒部進、毒蝮三太夫、桜井浩子の3ショットも眼福、眼福。地方在住でイベントになかなかいけない身としてはこういうのが嬉しいのである。

 また、満田監督の「金城哲夫は沖縄出身であるが、脚本執筆にその思いを反映させることはなかった」という証言も貴重。満田監督がテレパスでもない限り、この証言が完全に金城氏の内面を反映しているとは言えないものの(笑)、これまでの定説に大きな楔を打ち込むことになるのではないか。

 これは当初の予定通りブルーレイで永久保存だ。

 就寝午前12時くらい。

|

« 1月4日(火) 「婚活の日」 | トップページ | 1月6日(木) 「銀河ヒッチコックガイド」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月5日(水) 100万ワットの月代だ:

« 1月4日(火) 「婚活の日」 | トップページ | 1月6日(木) 「銀河ヒッチコックガイド」 »