« 2月3日(木) 『整体師と遊ぶな子どもたち』 | トップページ | 2月5日(土) 「続々パイプのケムトレイル」 »

2011年2月 5日 (土)

2月4日(金) 昭和カーレース好き

 ポルシェに負けたいえ フェラーリに負けた。今月のお買い物。120センチ水槽、水槽台、120cm用蛍光灯(2灯式)、これで〆て40,711円(送料サービス)。あとは250W程度のヒーターを1本買う必要あり。またブルーレイ関連ではソニーのBD-R 2層50GB10枚組が3,894円。いつものBD-R2枚収納ケース 10個、924円。今月はWOWOWで『12モンキーズ』(BDソフトの画質が今ひとつのようなのでこっちを保存することにした)、『ドラキュラ』、『エクゼクティブ・デシジョン』(このLDがまた酷い画質だった)、『ロジャー・ラビット』等の秀作・名作(?)を放送するのでその録画保存用である。

 後は「検証 陰謀論はどこまで真実か」 と学会会員としては必須図書ですわな(笑)。

 すでに届いている3Dブルーレイソフトの『ガフールの伝説』も含めておおよそ5万円。ちょっと使いすぎなので毎月、一枚ずつこつこつ買っていくと誓った飯島真理師匠のCDはやむなくお休み。師匠、すんまっせん!

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パン、コーヒー牛乳。昼飯は久々にマルタイ棒ラーメン 一食分を使った冷麺。普通に作るとぼそぼそで安っぽい麺がどうして水で締めるだけであんなにツルツルシコシコになっちゃうんだ。夕食は出来合いの串カツ、コロッケ、付け合せのポテトサラダ、後はざる蕎麦。ビール一缶飲んでざる蕎麦をずるずるやったら直ぐに腹いっぱいになってしまいます。〆のコーヒーは如例。

 その後レンタルブルーレイで『ナイト&ディ』を見る。これは私は読んだことがないけれども、「ハーレクインロマンス」のスパイアクション版みたいなものではないですか(笑)。何の気なしに旅行に出かけたら素敵な男性と知り合った。そして予期すべもないロマンスと冒険に巻き込まれる私、というストーリーで、『ロマンシング・ストーン』のような映画をさらに女性(ちょっとオバサンが入ったくらいの年齢が望ましい)に都合よくしたものと言えばよろしいか。

 大ピンチでここからどうやって逃げるのかというシチュエーションでキャメロン・ディアスに薬を飲ませて朦朧とした状態で連れまわすというトボけたアイデアも出色。生真面目な人なら「そんな、いい加減な」と怒り出すところであるけれども、これは元々がちょっと年の行った女性の妄想のようなものだからこれでいいんである。

 ハイビジョン画質は地味な発色に不満アリ。こうした映画なのだからこっちの目がチカチカするくらいの派手な映像でせめてきて欲しかった。サラウンドはDTS-HDマスターオーディオ。こちらも割と大人しめの音場。定位ももこもこしており、シャープさに欠ける。

 シャワーを浴びて録画しておいた「タモリ倶楽部」など。

 午後11時半からプロジェクターを再起動させて今までちびちびと見ていたWOWOWハイビジョン録画の『板尾創路の脱獄王』を見る。昭和の脱獄王こと、白鳥由栄がモティーフであると思しき囚人が警戒厳重な刑務所から逃げ出してはあっさりつかまるということを繰り返し、ついには脱走不可能の監獄島へ送られる。彼は無益な脱走をなぜ繰り返すのか、その謎はこの監獄島にあった。彼は幼い頃に別れたきりの父親がここに収監されていることを知り、わざと監獄島送りになったのである。

 囚人は一切台詞を喋らない。このあたりの事情は看守の國村隼の口から語られるのみ。だからこそ、ラストで父親と間違えて別人を連れてハンググライダーで逃げる囚人にぽつりと「それ、お前違うぞ」と呟く彼の台詞が無闇にオカシくなるのだ。

 まあ、面白かったのはこの一点のみでしたが(笑)。

 ハイビジョン画質は暗部のざわつきが煩い。HDカメラ撮影ゆえの発色の粘りのなさも気になる。音声はステレオ。リア音場の真ん中にぴたりと音が定位する。このあたり、ヘタなサラウンド顔負けである。

 その後録画しておいた「黄金伝説」などだらだら見て午前2時半過ぎ就寝。

|

« 2月3日(木) 『整体師と遊ぶな子どもたち』 | トップページ | 2月5日(土) 「続々パイプのケムトレイル」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月4日(金) 昭和カーレース好き:

« 2月3日(木) 『整体師と遊ぶな子どもたち』 | トップページ | 2月5日(土) 「続々パイプのケムトレイル」 »