« 3月9日(水) 津軽ジョンブル節 | トップページ | 3月11日(金) 自炊コウモリ »

2011年3月11日 (金)

3月10日(木) トイレのカンニング様

 ヒット曲とあのカンニング事件を絡めた見事な時事駄洒落。ねえ、みなさん、そう思いませんか。沖縄で大騒ぎになっているメア氏発言。この報道の仕方にどうにも腑に落ちないものがある。まずは2011年3月10日 西日本新聞3面より<ここから当該記事を抜粋して引用>証言によると、講義を聞いたのは、デービッド・バイン同大准教授と博士課程のジェシカ・トーレスさん(25)、沖縄に親族を持つ日系4世のトーリ・ミヤギさん(20)ら学生13人の計14人。国務省側出席者はメア部長を含む3人。<引用終了>

 ここまでは宜しい。しかし、問題なのはこの学生達の思想的立場である。

 <引用開始>14人は沖縄の在日米軍基地について問題意識を持ち、12月15日から27日まで東京と沖縄へ研修旅行に旅立つ準備中だった。講義は、国務省の見解も聞いておきたいとして大学側から要請、国務省内の会議室で行われた。

 学生たちによると、レコーダーなど電子機器の持ち込みは禁止されたが、講義の内容を公開しないという要請はなく、メモを取ることは認められた<引用終了>

 まあ、もとからそういう立場だった訳で(笑)。

 この後学生達は東京、沖縄で研修を行い、沖縄の実情を見聞して帰国した学生達の一部はあらためてメア氏の発言は「問題である」という意識を強め今年2月に発言録をまとめたという。

 <引用開始>作成にかかわったのはミヤギさんら計4人。講義の際に取ったメモをそれぞれが提供するなどし、作成には2週間以上かけた。4人以外で、講義を聞いた他の学生にも発言録を見せたが、誤りなどの指摘はなかった。。
 9日訪日した米国務省のキャンベル次官補(東アジア・太平洋担当)はメア部長の発言に関し「深く陳謝したい」と述べたが、出発前のワシントンでは「報道は正確ではない」とも述べている。

 しかし、ミヤギさんは「発言録作成には正確さを期し、不明確な部分などは加えていない」と証言。バイン准教授も「発言録の内容はメア氏が話した通りで間違いない」と確認している。(共同)<引用終了>

 問題とされているメア氏の発言は正式な議事録や録音がある訳ではなく、「沖縄の在日米軍基地に問題意識を持った」学生達のメモが元になっている。その正確性を強調する証言もいわば仲間内のもので客観性をはなはだしく欠いていると言っていいだろう。私は何も学生達が嘘をついていると言っている訳ではない。メア氏を庇い立てしようというのでもない。ただ、こうした客観性を欠くニュースソースをさしたる検証もせずに大々的に報道し、「オキナワガー、ベイグンガー」と騒ぎ立てる各マスコミの姿勢に納得できないのである。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー牛乳。昼飯はいろいろあって面倒くさかったので抜いてしまう。夕食はマグロの刺身、サヤエンドウとソーセージの炒め物、昨日の残り飯で作った炒飯。ビール2缶飲んで〆のコーヒーは如例。

 その後久しぶりにWOWOWハイビジョン録画の『乱気流/タービュランス』を見る。やっぱりレイ・リオッタの狂いっぷりがサイコー(笑)。またこの狂人に翻弄されるスチュワーデスのヒロインも私好み。この映画の公開時に分ってない奴が「ジャンボジェットが自動操縦で着陸できることが分った時点でサスペンスが半減」などと言っていたけれども、その代わりにこの自動着陸をセッティングする場面のメカ描写がねちっこくて私のような好き者にはたまらないんですよ。

 この映画はヒロインがたった一人でひーひー言いながらジャンボジェットを操縦(げんみつに言えば自動操縦のセッティングをやった)するのだが、これは明らかに先日見た『交渉人 THE MOVIE タイムリミット 高度10000mの頭脳戦』の元ネタであろう。もっとも『交渉人』のヒロイン 米倉涼子は管制塔や他のパイロットからアドヴァイスを受けていろいろやったりはしない。ただ、「ひー」とか「いやー」とか言っているうちに機体は着陸してしまうのだ(笑)。

 映画の後、シャワーを浴びてお酒。テレビを見たり本を読んだりしつつてろてろ飲んで午前1時過ぎに就寝。

|

« 3月9日(水) 津軽ジョンブル節 | トップページ | 3月11日(金) 自炊コウモリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月10日(木) トイレのカンニング様:

« 3月9日(水) 津軽ジョンブル節 | トップページ | 3月11日(金) 自炊コウモリ »