« 3月13日(日) 梅酒はレズビアン・ショーで保管しましょう。 | トップページ | 3月15日(火) 灘のギロッポン »

2011年3月15日 (火)

3月14日(月) 『幸せのギロッポンハンカチ』

 どんなハンカチだ。東京都下某所に在住の弟家族より、計画停電に備えて物資を送れとの依頼。東京のスーパー・コンビニ・電器店からは見事に懐中電灯・乾電池・ガスボンベが消えているのだという。そこで開店直後のヤマダ電器某店へ行ったのだが、同じ目的の人がたくさんいたらしくシャッターが上がると同時に階段駆け上がって電池売り場に殺到。「単一ってのはどれ!」「ラジオはどこかしら」「おトイレはどこ?」と怒号が飛び交っている。あっという間に売り切れになりそうな勢いだったので私も手に唾をし、ねじり鉢巻で心を整えてヤッと突入。もみくちゃの混雑を掻き分け、掻き分けして見事に懐中電灯(大型)一個、ペンライト2個、単一、単三電池多数を買うことができたのであった。他に乾電池式のラジオも購入したので合計で15,000円オーヴァーの出費となる。多分、買いすぎたのであろうが、不足するよりはよほどましだ。私が買いすぎたお陰で他に必要な人に電池が回らなかったらどうするんだと憤る人がいるかも知れないけれども、他のコンビニやスーパーにはやや割高になるけれどもちゃんと在庫があったのでどうか許して下さいな。

 早速、箱詰めして発送。到着日はいつになるか分らないということだったけれども、この非常時ゆえ仕方なし。

 もう一つ、今度は嬉しいニュース。地震発生時、仙台に滞在していた義妹と甥のK太郎が無事帰福。出迎えた母親によると両人共に元気な様子であったという。予想よりも随分と早く戻ることができて本当に良かった。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー牛乳。昼飯にパックのゴハンとレトルトの100kカロリーカレー。合計して400kcalのランチだ。夕食は母親が出かけていたのでコンビニ飯。野菜サラダと天丼弁当を食う。〆のコーヒーは如例。

 その後輸入ブルーレイで『クリープショー』を見る。いやもうこれは今から26年位前に海賊版(輸入盤に勝手に日本語字幕をつけた奴だと思う)のしかもダビングでみた思い出の映画。当時、ホラー映画のビッゲストネームであったジョージ・ロメロが特殊メイクにトム・サヴィーニ、脚本(そして1エピソード主演)にスティーブン・キングを迎えて作ったアメリカン・コミックスへのオマージュ映画ということで私のような好き者を熱狂させたものである。そして実際に見てみると期待どおりの下品極まりないグログロホラーで、若き日の私は大喜び。もうビデオがすりきれかねないほど繰り返し、繰り返し見たものであった。

 もっとも、当時、あまりに熱中しすぎたもので飽きてしまいLDやDVDなどは買っていない。つまり、今回のブルーレイが20数年ぶりの再見となる訳だ。それでも細かいところまできちんと覚えており、当時の熱狂振りが偲ばれようというもの(笑)。

 画質は現在のブルーレイソフトとして見ればたいしたことはないけれども20数年前の海賊版とはもう雲泥の差。精緻な特殊メイクを正確に再現してみせる。トム・サヴィーニ、さすがに良い仕事をしておりますなあ。音声はドルビー・トゥルーHDステレオ。ステレオながらDTSネオ6で構築される音場は十分なサラウンド感がある。少なくともウルトラステレオをむりやり5.1チャンネルリミックスするよりいい。

 (註 海賊版を巡る状況は現在とはまったくことなっている。フツーのレンタルビデオ店でセルビデオからダビングしていたものを平気で貸したりもしていたような時代なので、あ、この野朗、海賊版で見やがって、けしからんと怒ったりしないでくださいね)。

 終了後、シャワーを浴びてテレビや読書。「ダークゾーン」、ようやく半分を過ぎたところ。

 就寝午前2時半。明日は人間ドックである。

|

« 3月13日(日) 梅酒はレズビアン・ショーで保管しましょう。 | トップページ | 3月15日(火) 灘のギロッポン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月14日(月) 『幸せのギロッポンハンカチ』:

« 3月13日(日) 梅酒はレズビアン・ショーで保管しましょう。 | トップページ | 3月15日(火) 灘のギロッポン »