« 3月16日(水) 「河内の王さんの唄」 | トップページ | 3月18日(金) 夏のお地蔵さん、ビキニがとっても似合うよ »

2011年3月18日 (金)

3月17日(木) ミステリアンさん、良く聞けよ、山男にゃ惚れるなよ

 「ソンナコトヲイワレテモコマリマス」と困り顔の統制官。久しぶりに自炊の話。いまだ原発は余談を許さず死亡・行方不明者が増え続けている状況で何を暢気なことをと怒られそうだが、こういう時こそ日常性を保たねばならないのである。

 今のところ、スキャンスナップの読み取りモードは活字中心の小説、エッセイでは白黒、漫画ではグレー(『プレイボール』など古い漫画は白黒の方が綺麗だが)を使っている。だが小説・エッセイの場合、こまるのが収録されているモノクロ写真。これを白黒で読み込むと諧調がつぶれてしまい細かな情報が失われてしまう。グレーで読み込めば鮮明なのだが、そうすると今度は文字が薄ぼんやりして見えづらくなってしまうのだ。グレーモードでオプションの「文字をくっきりさせる」を使ってみたけれども、くっきりするどころかなおさら見づらくなってしまう始末。結局、後から写真のページだけをグレーでスキャンして、アクロバットのページ挿入を使って入れ替えなければならないのである。どうも面倒くさいけれども写真の鮮明さを保つには他に方法が無いのだ。

 だれか、文字も写真も鮮明にスキャンできる方法を知っていたら教えて下さいな。お礼として私の「愛」を差し上げますから。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。昼飯はだるまのカップらーめん。夕食はマグロの刺身、馬刺し、豚の味噌焼き、生野菜たっぷり。ビール2缶飲んで仕上げにざる蕎麦。〆のコーヒーは如例。

 その後輸入ブルーレイで『ホワイトアウト』を再見。昨日の『遊星からの物体X』から南極つながりである(笑)。やはりプロジェクターX3の絵はHD550と比べて進化が著しい。ランプパワーのアップによって明るさに余裕があるため、暗い倉庫の中を照らす懐中電灯の光をリアルに描き出すことができる。

 夜空に舞うオーロラの美しさも特筆ものだ。

 このソフトの音声はドルビートゥルーHD。やや音圧が低いがホワイトアウトの中で戦う場面では私のシアタールームが雪原となった!みたいな臨場感を味わえる。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は自炊してReaderに放り込んだ「バカをあやつれ!」 その後プロジェクターを再起動させて『日本一のゴリガン男』を最後まで。藤田まことの代議士に騙されてからの流れが唐突であり今ひとつ納得できないストーリーだけれども、植木等の前向きパワーの物凄さで引き込まれてしまう。浜美枝にいろんなものをおねだりされて「結婚したら女がゴリガンだ」と植木が叫ぶオチも素晴らしい。

 ハイビジョン画質はかなり上質のもの。画面破綻などの瑕疵は見受けられず発色も豊かだ。

 就寝午前1時過ぎ。

|

« 3月16日(水) 「河内の王さんの唄」 | トップページ | 3月18日(金) 夏のお地蔵さん、ビキニがとっても似合うよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月17日(木) ミステリアンさん、良く聞けよ、山男にゃ惚れるなよ:

« 3月16日(水) 「河内の王さんの唄」 | トップページ | 3月18日(金) 夏のお地蔵さん、ビキニがとっても似合うよ »