« 3月18日(金) 夏のお地蔵さん、ビキニがとっても似合うよ | トップページ | 3月20日(日) お地蔵さんお逃げなさい »

2011年3月20日 (日)

3月19日(土) 『お地蔵さん乾杯!』

 木下恵介監督はもともとこんな映画を撮るつもりだった?T子が4歳くらいの時の話。プロジェクターで映画を見せてやると熱中してしまい終わってもなかなか寝ようとしない。それどころか私のDVDコレクションを次々と引っ張り出してきては「この映画、お猿さんがでるの、これみたい」などと言っていた。私はその度に
 
 おいおい、T子、それはベラ・ルゴシが実験に失敗して猿になってしまう『The Ape Man』(1943年)という映画だけど、本当にそれでいいのか

 おいおい、T子、それはボリス・カーロフが小児麻痺の治療薬のために夜な夜なゴリラの皮をかぶって出かけていき、人間を殺して髄液を調達する『THE APE』(1940年)という映画だけど、本当にそれでいいのか

 とツッコンでいたものです(笑)。そんなT子も来年は中学生。月日のたつのは早いものであります。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯のコンビニの調理パンとコーヒー牛乳。昼飯は牧のうどんでたまごうどん。この卵うどん、生卵の他にたっぷりのワカメが入っているので栄養的にも不足がない。もちろん、量的にも十分。うどんがスープを吸い込んでどんどん嵩が増えるのでこれ一杯で腹がぱんぱんとなる。それでいて380円という安さなのだから、通風の心配さえなければ毎日食べてもいいくらいだ。

 夜は葛の会。天神のしゃぶしゃぶやで牛・豚しゃぶを成敗してくれん!という催しである。参加者は私、ぴんでんさん、獅子児さん。午後7時から2時間に渡って飲み放題の酒をかっぱかぱと食らいながらなかなかに質の高い牛・豚肉を堪能。特に糸島の何とか豚というのが美味であった。あんなに甘みのある豚肉は食べたことがない。

 飲み物で印象に残ったのはメキシコーラというカクテル。テキーラをコーラで割ったものであるけれども、その味がもろに養命酒(笑)。異様に強調されたコーラの甘さ、それでいてテキーラベースだからアルコール度高めという物凄くヘンなカクテルであった。

 〆はきしめん。表面がとろとろなのにしっかりとした腰がある逸品。でも急に啜ったりするとその平麺が喉に張り付き「アチチ!」と悲鳴を上げることになるけれども(笑)。何しろ福岡の人間はきしめんなど食べつけておりませんからな。

 たらふく食って飲んで1人頭5,000円少々。クーポンを使ったとはいえ、実にリーズナブルなお値段である。

 終了後は久々のカラオケ。ここでまたハイボールなどをかぷかぷ飲みながら2時間歌う。

 午前12時近くにタクシーで帰宅。ほへーっと自室のソファに座ったらそのまま寝てしまったらしく気がついたら2時過ぎになっていた。慌てて寝巻きに着替えベッドに入る。

|

« 3月18日(金) 夏のお地蔵さん、ビキニがとっても似合うよ | トップページ | 3月20日(日) お地蔵さんお逃げなさい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月19日(土) 『お地蔵さん乾杯!』:

« 3月18日(金) 夏のお地蔵さん、ビキニがとっても似合うよ | トップページ | 3月20日(日) お地蔵さんお逃げなさい »