« 3月19日(土) 『お地蔵さん乾杯!』 | トップページ | 3月22日(月) 津軽ジャングラー節 »

2011年3月21日 (月)

3月20日(日) お地蔵さんお逃げなさい

 スタコラ サッササノサ スタコラ サッササノサ。これもどうかと思われる西日本新聞の記事。2011年3月18日 28面 被災者の声より抜粋して引用。<引用開始>原発から約50キロの地点に住む○○○さん(原文ではもちろん、実名) 40歳

 「放射能は目に見えないから怖い。給水などで車のガソリンを使ってしまい、逃げることはできない。自分は覚悟できているが、6歳と4歳の子どもには、ここに住んでしまって悪いことをしたと思う」<引用終了>

 気持ちは分らないでもないが、現時点で原発から50キロの地点で放射線による健康被害が出るという根拠はどこにもない。いくら被災者の声とはいえ、こうした意見を掲載する必然性などありはしないのだ。

 さらに酷いのは

 2011年3月20日 西日本新聞 30面 <引用開始> 市民団体 「食品と暮らしの安全基金」の小若順一代表の話。 当面、ホウレンソウなどの野菜は表面を水洗いすれば、放射性物質の体内取り込みをある程度防げるが、完全には避けられない。 

 数日後には地下から根を通じて吸い上げてしまうだろう。牛乳などは飲んでしまえば体内被ばくを回避できない。現段階は序の口で、今後さらに放射性物質が飛散した場合、多少の汚染を覚悟して食べなくてはいけない時期が来るかもしれない。 

 東北地方の農産物で、まだ調べていないものがあるのではないか。<引用終了>  

 根から吸い上げるって・・・。多様な意見を取り上げるというお題目があるとはいえ、このご時世に完全に科学的に間違っているようなコメントを掲載するというのはいかがなものか。昔、イラク帰りの夫とセックスしたら劣化ウランの放射能が妻に伝染したというものすごい話があったが、これも同レベルの与太だ。

 いや、本当に西日本新聞の中の人はもう少し考えて新聞を作って欲しいと思います。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。本日はお昼に末弟家族を交えてのお食事会。地震のことやもろもろを含めての慰労会である。会場は福岡市中央区某所の華味鳥。水炊きのコースだ。昼間だけど前菜、スープ、鶏肉、野菜、雑炊、デザートまでしっかりとついたフルコース。なかなかのお味で1人2,000円というのは大変にお値打ち。お酒もビールや日本酒を飲んでフハッとなった。

 終了後、タクシーで帰宅。甥のK太郎としばらく遊んで仕事へ戻る。

 夕食は何しろ、昼にたっぷり食べましたでしょ、ですから、コンビニのソーセージセットと義妹手作りのパンを一個食べただけざます。でもやっぱりビールも1缶飲んだざますのよ。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『クロッシング』を見る。市場でビニール袋に客の残飯を貰って歩く子ども、北朝鮮軍兵士に無造作に殴り殺される子ども、結核というフツーの国なら簡単に治療できる病気になす術を持たない人民たち、映画は間抜けな独裁者に支配された人間たちの悲劇の姿をたんたんと語っていく。

 結核の妻のために薬を入手するため、脱北した夫が韓国ではそんな薬など無料で支給されると聞いて愕然とする夫の様子に涙、ラスト、天国で(あれはそうとしか思えない)で実に楽しげに遊ぶ息子にまた涙と、近年、これほどまでに心をゆすぶられる映画があっただろうか。

 ハイビジョン画質は暗部が安定せず。明滅がなかったのはいいけれども、数箇所でノイズがばっと増えるのが認められた。AAC5.1チャンネルは不満なし。BGMの粒立ちが心地よい。

 終了後、久しぶりに「怪奇大作戦」のアレを大画面で。ここまで大きくするとさすがに画質の劣化が目立つ。アレ特有のノイズがまるでジャギーのように見えてしまうのである。何だか、良く分らんと言われそうだが、アレなので詳しく書くわけにはいかんのだ。

 シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「そこまで言って委員会」 あー、神舟の偽造疑惑ってまだ納まってなかったんだ。

 就寝午前12時過ぎ。

|

« 3月19日(土) 『お地蔵さん乾杯!』 | トップページ | 3月22日(月) 津軽ジャングラー節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月20日(日) お地蔵さんお逃げなさい:

« 3月19日(土) 『お地蔵さん乾杯!』 | トップページ | 3月22日(月) 津軽ジャングラー節 »