« 3月22日(火) 「獄門場ガエル」 | トップページ | 3月24日(木) 蓮舫マン »

2011年3月24日 (木)

3月23日(水) 「Wi-Fiは猫である」

 ルーターはまだない(ワタクシ、パソコンにうとうございます。だからこの受けが的外れになっているかもしれませんがどうかご容赦願います。平たく言うと、細かいことをがたがた言うんじゃないよと、そういうことでございます)。ノート・パソコンが到着。自炊したPDFファイル閲覧のためにアドビ・アクロバットのインストール完了、有線LANによるネット接続も完了、外付けHDDによるデーターの移送もちょっと戸惑ったけどなんとかなった。これで自宅でリーダーでは読みにくい漫画や単行本を気持ちよく見られるようになった訳である。

 次のステップは自宅でのインターネット接続だ。この頃流行の女の子じゃなかったWi-Hiなるものを使えば自宅でもこのノートパソコンでネットに接続できるようになるかも知れぬ。そうすればパソコンのLANポートでブルーレイプレーヤー DVD-A1UDとAVプリアンプ AVP-A1HDを接続し、オンラインアップデートが可能になるのではないか。クソ重たい機器を事務所までよっこらせと運ばなくて済むようになるのだ。

 ウン、さっそくアメリカの人に聞いてみよう。

 本日は休み。午前9時半に事務所へ出て日記つけとネットのチェック。昼飯はまた赤のれんでラーメン+小炒飯、替玉。味自体は一番山と変わらぬというか、むしろ炒飯の味では負けているのだがなぜ、こんなに満足度が違うのだろう。

 帰宅して、プロジェクターを起動し昼映画。出し物はWOWOWハイビジョン録画の『ハイスクール・パーティー/最高のラブショット!』を見る。冴えない女の子が高校一のイケメンをゲットできるかという御なじみのお話。ちょっとご都合主義が目立つものの、女の子とパパの関係性など脚本が良く練られており、なかなかの佳作に仕上がっている。ヒロインに嫌がらせを仕掛ける学園の女王様のマメさにも大笑いだ。

 ただ、あのイケメンのキャラの弱さはどうにかならんかったものか。この人は割りとあっさりヒロインのことを好きになってしまうのだが、この理由が判然としない。今まで全然気にしなかったけど、お洒落してメガネをコンタクトに変えから気持ちが変わったのか、それとも前の冴えないヒロイン込みで好きだったのか、このあたりをきっちりとして貰わないと困るのである。

 ハイビジョン画質はペケ。とにかくノイジーでしかもちょっとでも暗い場面になるとばちばち明滅しやがる。特にライブの場面など何の冗談かと思ったくらいだ。音声はAAC5.1チャンネル。こっちの方は毎度、毎度文句のつけようがないのだが。

 その後事務所に戻って前述のごとく息を荒くしながら届いたノートパソコンを弄り倒したのであった、はあ、はあ。

 夕食はチキンカツ、生野菜、じゃがいも・玉ねぎの味噌汁、マグロの刺身。調子に乗ってビール3缶飲んじゃった。ゴハンを一膳食べて〆のコーヒーは如例。

 その後レンタルブルーレイの『エクリプス/トワイライト・サーガ』を見る。いやもう、はっきり言ってしまえば退屈きわまる映画ですな、こりゃ(笑)。ラストの方でちょっと吸血鬼軍団と人狼族の戦いがあった他はみーんなベラのよろめきドラマ。それも2人の男の間で揺れ動く女心とか可愛いものではない。この女は狼男の純愛をもてあそんでいやがる。吸血鬼の方があきらかに本命なのだが、狼男の方にも「愛している」だの言ってキスをしたりするのである。そしてその直ぐ後、吸血鬼の方と結婚式の相談なんかやってやがるのだ。

 私はベラにキスされて「ウオーッ、怪我をしたけど、これでワシの方にも目が出てきたでガンス」と思っていたであろう狼男君に同情の念を禁じえないのである。

 ハイビジョン画質は高い解像度、クールな発色などを存分に楽しませてくれるのだが暗部の描写に不安定なところがあるのが残念。サラウンドはトゥルーHD。重低音の迫力と繊細なBGMの両立が聞き所。

 その後シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「ナイトシャッフル」

 就寝午前12時過ぎ。

|

« 3月22日(火) 「獄門場ガエル」 | トップページ | 3月24日(木) 蓮舫マン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月23日(水) 「Wi-Fiは猫である」:

« 3月22日(火) 「獄門場ガエル」 | トップページ | 3月24日(木) 蓮舫マン »