« 3月23日(水) 「Wi-Fiは猫である」 | トップページ | 3月25日(金) 『塔の上のプレッツェル』 »

2011年3月25日 (金)

3月24日(木) 蓮舫マン

 だから、仕分けるのだ、蓮舫マン。三宅裕司生誕60周年記念伊東四朗一座・熱海五郎一座合同公演「こんにちは赤ちゃん 」のチケットを首尾よく入手。一般発売に先駆けちけっとピアで先行発売されているのに気づかずS席、二階席一列目ということになってしまったけれども、ついにあの舞台を生で見られるのである。この時期、一万余の出費は正直言ってきついが行ける時に行っておかないと何しろ伊東四朗もいい年だから間に合わなくなってしまうかも知れないってあんたは不吉なことを言いますな(笑)。

 何はともあれ、楽しみであります。

 自炊の話。スキャナー ScanSnap S1500のパッドユニットを交換。その効果は恐るべきもので今まで何度スキャンしても途中でおかしくなって一面に2ページ読み込まれてしまっていた単行本 「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」があっさりスキャン終了。ミスフィードもフィーディングジャムもまったく起こらず逆に拍子抜けしたほどである。これなら前のパッドで10数回ミスフィードが起こってうんざりさせられた「涼宮ハルヒの陰謀」等の文庫本も楽にスキャンできるようになるだろう。この消耗品一つで送料込み2,520円もかかってしまうのはちょっと痛いが、これもいたし方なし。スキャンが途中で止まって「ええい、またかよ」と頭をかきむしるよりよほどましだ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯にサッポロ一番塩ラーメン。葱をしこたま入れて食う。夕食は太刀魚、カンパチの刺身、生野菜たっぷり、豆腐とワカメの味噌汁。仕上げはちゃんぽん。当然ながらゴハンの出番はなし。〆のコーヒーは如例。

 その後輸入ブルーレイで『トワイライト/ニュームーン』を見る。昨日、第3作の『エクリプス』をさんざんけなしていたくせに何だ、お前はと言われそうだけれども、別段、ベラとあの狼男君との出会いをもう一度見たくなったなんてことじゃ、な、ないんだからね、誤解しないでよね(ツンデレ風)。

 このシリーズで登場するアリスというヴァンピレラが人間ばなれした美貌を持っているので、彼女目当てに見たのである(本当か?)。まあ、アリスを演じているアシュレー・グリーンという女優さんは普段の姿を見ると意外にそれほどでもなかったりしますがね。それとちょっとしか出てこないのだがダコタ・ファニングの異様な存在感も楽しくて。さっ、明日は第一作の『トワイライト』をレンタルブルーレイで見ようっと。

 画質・音質はかなりのレベル。『エクリプス』の国内盤(レンタル)の画質とエライ違いである。特に森の奥深さの表現はまったく比較にならないくらいだ。

 シャワーを浴びてお酒。お供はノートパソコンだぞ。どういう風に見えるか一抹の不安があったコミック類を片っ端から開いて拾い読みしたのである。結果は上々、白黒で取り込んだ『プレーボール』やグレーで取り込んだ『のだめカンタービレ』、どちらも違和感なく読めて大変にキモチが宜しい。自炊代行会社が写真もろともグレーで取り込んでしまった「ヨイコ」なども字が薄いのはそのままだが、読みづらいことはなし。ノートパソコンを膝の上に乗せて読めば老眼の弊害を受けずにらくらく読書できる。ただ、ノートパソコンが暖かくなるので(笑)夏は何らかの対策を考えねばなるまい。

 安くなったipadとどちらにしようか大変に悩んだのだが、今までのところこの選択は正しかったようだ。後はWi-Fiがきちんと使えれば言うことがないのだけれども。

 ひれひれ酔って午前1時過ぎ就寝。

|

« 3月23日(水) 「Wi-Fiは猫である」 | トップページ | 3月25日(金) 『塔の上のプレッツェル』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月24日(木) 蓮舫マン:

« 3月23日(水) 「Wi-Fiは猫である」 | トップページ | 3月25日(金) 『塔の上のプレッツェル』 »