« 3月7日(月) 「荒井注と厨子王」 | トップページ | 3月9日(水) 津軽ジョンブル節 »

2011年3月 9日 (水)

3月8日(火) 自炊 is a pen

 荒井注が蔵書を電子書籍化!ただし、あの世で。自炊用のホットプレート 2,700円を早速買ってきました(笑)。とは言っても私の欲しかったフツーの奴ではなく、たこ焼きが作れるホットプレートが付属したもの。あ、いや、というよりたこ焼きがメインで平たいプレートが付属していると言った方がいいか。その代わりこの平たいプレートが絶妙の大きさ。愛蔵版の巨大なコミックスの背表紙がぴったり入るのである。これならアイロンの時のようにあっちこっち動かして温める必要はなし。うっかり手を滑らせてアイロンを足の落っことし大怪我なんでこともない。キッチンペーパーを敷いてコミックスの背表紙を押し付ければあっという間に糊が解けてばらばらに出来るのである。余計なたこ焼きプレートに金を払わなければならないのが悔しいが(笑)、これは予想以上に役に立ちそうである。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯に長ネギをたっぷり入れたうどん。夕食は鰤の刺身、生野菜、菜の花の酢味噌和え、出来合いの若竹の天ぷらなど。ビール2缶飲んでゴハンを一膳。〆のコーヒーは如例。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『交渉人 THE MOVIE タイムリミット 高度10000mの頭脳戦』を見る。これがまたさあ、酷い映画でさあって何回俺は同じことを言わなければならないのだろう(笑)。最近の邦画、それも人気役者を揃えた大作が話しにならないクズばっかり。私は本気でこの国の映画の行く末を心配し始めたぞ。

 まずあのハイジャックの描写。兄弟が見咎められもせず持ち込んだドライバー類(笑)でトイレ内のパネルを外し貨物室にアクセス。機内荷物から拳銃2丁を取り出すってこれもどうやって持ち込んだのか。この会社は機内持ち込みの荷物の検査などしないのか。それでもこの2人はまだいい。この2人を操る主犯、反町隆は最初っから拳銃を持っていたりするのである。この航空会社は手荷物検査だってしやしないのだ。

 い、いや、これだけではない。反町隆は機内荷物で爆弾を持ち込んでいたのである。爆弾を仕掛けて彼は高笑いしながら何故か装備されているパラシュートを見につけ、飛行中なのに貨物室の扉を開けパラシュート降下するのである。こんな旅客機初めて見たぞ。

 まあ、このハイジャックの黒幕がなんとか大臣で自分の暗部を知る秘書を殺害するためだったという秘密が明かされるので、この大臣が航空会社に手を廻して拳銃や爆弾を持ち込ませたのだろう・・・ってそんなことができる筈ないだろ!もうこの映画と比べるとハリウッド映画のご都合主義など可愛いものだ。この映画はそのご都合すら語ってくれないのだから。

 爆弾のことを知った米倉涼子のヒロイン、客室に取って返して「お客様の中で電子工学に詳しい方はいらっしゃいませんか、爆弾の解体を手伝って下さい」と叫ぶ(大爆笑)。「お客様の中にお医者様はおられませんか」というのは航空物定番であるけれども、いや、この映画でも一回やっているし(笑)。爆弾をお客様に解体させようというのはおそらく世界初のココロミではないか。昔見たアメリカの航空パニック映画(テレフィーチャーだったかも知れない)でベトナム戦争でヘリコプターのパイロットだった男が旅客機を操縦させられて「なんで俺がこんなことを」とボヤいていたが、この映画に比べればなんてことはないな(笑)。

 それに米倉涼子は少しは考えるが宜しい。ハイジャックされた機内で「爆弾が」と叫べばフツーは収拾のつかないパニック状態となるのが当たり前だぞ。まあ、この映画はそんな米倉涼子のレベルに合わせて乗客も全然騒がなかったりするけれども(笑)。

 『高度10000mの頭脳戦』なのだから、みんな、もうちょっと頭使おうよ。

 ハイビジョン画質は映画の内容に反してなかなかのもの。暗部がちょっと潰れ気味だが、ノイズの少なさと発色の美しさでそれをカヴァー。少なくともばちばち明滅されるよりはよほどマシである。音声はAAC5.1チャンネル。大味だが雄大なサラウンドを楽しめる。

 その後今までちびちび見ていたWOWOWハイビジョン録画の『戦場でワルツを』を最後まで。レバノン内戦の記憶を失っていた主人公がかっての戦友から当時の話を聞き、ついに全ての記憶を取り戻すという話。彼は内戦で起こったサブラ・シャティーラの虐殺にショックを受け無意識にその記憶を封印していたのである。

 虐殺を傍観していたイスラエル軍をナチス・ドイツに準えるという大胆な視点、斬新なアニメの手法など、実に刺激的な作品であった。

 ハイビジョン画質はペケ。例の明滅とノイズが画面を覆いつくし見ていていらいらさせられる。ステレオ音声は良好、サラウンド感もあるし、低音の迫力もなかなかのものだ。

 シャワーを浴びて、はい、前述のホットプレートでコミックを解体していました(笑)。

 その後読書やテレビ。就寝午前2時半。

|

« 3月7日(月) 「荒井注と厨子王」 | トップページ | 3月9日(水) 津軽ジョンブル節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月8日(火) 自炊 is a pen:

« 3月7日(月) 「荒井注と厨子王」 | トップページ | 3月9日(水) 津軽ジョンブル節 »