« 3月8日(火) 自炊 is a pen | トップページ | 3月10日(木) トイレのカンニング様 »

2011年3月10日 (木)

3月9日(水) 津軽ジョンブル節

 イギリス人が三味線を!どうにも理解しずらいニュース。「民主・土肥氏「竹島領有権、日本は主張中止を」韓国議員と共同宣言 会見まで 先月末」<http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110309/plc11030914140020-n1.htmより引用開始>わが国固有の領土にもかかわらず韓国が不法占拠を続けている竹島について、衆院政治倫理審査会会長で菅直人首相が主宰する政策グループ顧問の土肥隆一衆院議員(兵庫3区)が「日韓キリスト教議員連盟」の日本側会長として、日本政府に竹島の領有権主張中止などを求める同議連の日韓共同宣言に名を連ね、韓国の国会で共同記者会見していたことが9日、分かった。土肥氏は産経新聞の取材に「個人的には、竹島は日本の領土とは一概にはいえないのではと思っている」と話している。 共同宣言文のタイトルは、「和解と平和を成す韓日両国の未来を開いていこう」。日本に対し「歴史教科書の歪曲(わいきょく)と独島(韓国が主張する竹島の名)領有権主張を直ちに中止する」などの3項目を要求。議連の日本側会長の土肥氏ら3人の連名としている。 

 土肥氏によると、共同宣言は先月27日、韓国の植民地支配下の独立運動を記念した「3.1節」の関連行事の一つとして開催された、同議連の共同記者会見で発表された。 

 土肥氏は日本側会長の立場で、日本から唯一出席。韓国には当日入り、式典の前に「この共同宣言を発表したい」と日本語訳が添付された宣言文案を渡され、内容を確認して了承、共同会見に臨んだという。 土肥氏は産経新聞の取材に「共同宣言は外交交渉上有効になるようなものではない」と説明。「この議連は本来、キリスト教的精神で日韓問題を考えようという趣旨のもの。どちらか一方だけが悪いということにはならないはずだが、韓国では竹島、慰安婦、教科書、靖国に対する自国の主張を述べないと、日本と向き合ったことにならない」とも述べ、韓国側が作成した宣言文に理解を示した。

 共同宣言は、韓国内では主要各紙が報道。会見した土肥氏らの写真も掲載された。土肥氏によると、同議連はキリスト教信者の両国の国会議員によって約11年前に発足。日本側は7人程度だが、韓国は国会議員の3分の2にあたる約150人が所属しているという。 土肥氏は通称「菅グループ」と呼ばれる菅首相主宰の「国のかたち研究会」代表を務め、昨年9月の民主党代表選では菅首相の推薦人だった。 

 ■「軽率すぎる行動」  拓殖大の下條正男教授は「政権与党幹部の一人が韓国側の主張に沿う共同宣言を公の場で共同発表したことは、韓国側には『日本政府が韓国の領有権主張を認めた』と解釈される。軽率すぎる行動で、領土問題の根幹をまったく理解していない」と指摘している。<引用終了>

 前原元外務大臣が「焼肉屋のおばちゃん問題」で辞任したように、現在、この種の問題に日本国民は極めて敏感になっている。そんな中、与党議員、しかも菅首相に極めて近い立場にありながらこうした行動を取るということはまさに「政治的自殺」に他ならない。この人にはよっぽど議員を辞めたい理由があるのだろうか。もしかしたら韓国側のハニートラップにでも引っかかって「共同宣言を承認して記者会見に出ないとあなたの恥ずかしい写真を発表するぞ」とでも脅されていたりなんかしちゃったりして(笑)。そうでも考えないとこの時期にこんなことをする意味が分からんではありませんか。

 まあ、いずれにしてもこの人を待ち受けている未来は議員辞任以外にあり得ないけれども。あ、もちろん、個人的には「この売国奴を利用して民主党を潰してしまえ」と思ってますけどね。

 本日は休み。午前9時すぎに事務所へ出て日記つけとネットのチェック。そして自炊作業。午前11時から外出して久しぶりに天神の赤のれんでラーメン+小炒飯、替玉の昼食。やっぱり美味いなあ。もっとも後で下痢をするのはお約束だが(笑)。その後ジュンク堂を素見して午後12時過ぎに帰宅。

 そしてプロジェクターを起動させてWOWOWハイビジョン録画の『渇き』 韓国の吸血鬼映画である。ある神父が死者を見送ることに疲れ、自ら致死率100パーセントの伝染病ワクチン開発のための人体実験に志願。500人のヴォランティアからたった1人生還した彼はなんとヴァンパイアになってしまっていた。

 その後彼は幼馴染のだめ男と再会。そして彼はそのだめ男の妻に激しく引かれ始める・・・。

 ストーリーはかなりヘンテコ(笑)。だいたい、だめ男の妻と禁断の関係に陥るという件には吸血鬼がまったく関係なかったりするのである。またこの神父は真面目だから人を殺して血を吸うなんてことはしない。病院の寝たきりの患者を真摯に世話してその見返りにちょっとずつ血を貰っているのである。こんな吸血鬼も珍しかろう。

 だが、そうしたヘンテコさを補ってあまりあるのが、妻役のキム・オクビンだ。彼女は虐げられる弱い妻、そこから逃れるかのように神父と関係するエロ女、神父が吸血鬼であることを知ってだめ男の殺害を計画する悪女、吸血鬼となってのち、抑圧されてきた自分を解放、人を殺し哄笑する怪物と様々な役を演じ分け、単なる女吸血鬼のキャラクターに留まらない凄みを見せ付ける。ラストはちょっとアレと一緒だが(30日間夜が続く奴ですよ)、このキム・オクビンの演技のお陰で実に楽しめた映画であった。

 ハイビジョン画質は青みが強いのが気になる。それ以外は暗部の描写といい明快なコントラストといい大変な高画質なのだが。音声はAAC5.1チャンネル。サラウンド音声としては満点の出来。音場に隙間がなく、豊かな重低音で要塞のごとき堅牢なサラウンド空間を構築してくれる。

 その後事務所に戻って自炊作業。

 午後6時過ぎに帰宅。夕食は出来合いのチラシ寿司。ビールを3缶飲む。〆のコーヒーは如例。

 その後日本映画専門チャンネルHD録画の『252 生存者あり』(2008年公開) いやあ、先日見た、『インシテミル』とか『猿ロック』とか『交渉人』とかと同じ国の映画とはとても思えないほどに面白かった(笑)。本歌としてのスタローンの『デイライト』が見え透いていたり、展開があまりにも定番すぎたりという欠点はあるものの(結構、重大な欠点だが)、先の三作とは比べ物にならないほど“しっかり”作ってある。リアリティたっぷりの災害現場の描写もあの樋口真嗣の『日本沈没』に劣らないもので、まったく安っぽさを感じさせないのが素晴らしい。

 特に感心させられたのがあの輸血に使われた新開発の熱帯魚用水槽フィルター。「旅行中に停電してもバックアップ電源があるから安心」という機能を見事に生かしていたのは感動させられた。まあ、現実の熱帯魚用具の世界だとアレぐらいのフィルターで起死回生の大ヒットを狙うというのにはちょっと無理があるのですがね(笑)。

 ただ、一言言っておかねばならぬことがある。それは高潮や馬鹿でかい雹という異常の予兆が香椎由宇の「メタンハイドレードがアレして超ヤバイんです」という台詞だけで済まされてしまっていたこと。これではあまりに説得力がなさすぎる。こういうのは段階を追って描写していかないとそうした異常気象の到来が嘘くさくなってしまうのだ。

 まったく、怪獣映画を見てない監督はこうしたことに気が回らないんだから(水田伸生監督が怪獣映画見ていないと勝手に決め付けている)。

 ハイビジョン画質は良好・・・なのだが、やはり画面破綻が酷い。爆発場面などで画面がつぶつぶになってしまう。音声はAAC5.1チャンネル。こちらに関してはまったく不満なし。転送レートの少なさは音声には影響を与えていないようだ。

 シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「ナイトシャッフル」 番組中で紹介されていた「炊き焼肉」(野菜と一緒にスープで煮る)がとてつもなくウマソーであった。

 就寝午前1時過ぎ。

|

« 3月8日(火) 自炊 is a pen | トップページ | 3月10日(木) トイレのカンニング様 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月9日(水) 津軽ジョンブル節:

« 3月8日(火) 自炊 is a pen | トップページ | 3月10日(木) トイレのカンニング様 »