« 4月26日(火) ホメオパシー笑い | トップページ | 4月28日(木) 就活馬鹿 »

2011年4月28日 (木)

4月27日(水) 就活になれば彼女は

 ポール師匠(故ポール・牧ではない)、あなたの名曲をこんな駄洒落にしてどうもすみません!ギャーッ!WOWOWで「ウルトラQ ハイビジョンリマスター版」が放映されるぞ(6月27日(月)午後4:45スタート 7月中旬まで平日午後連日放送)。いや、ブルーレイボックスももちろん買いますよ、買いますとも。でも私のベストエピソード 「2020年の挑戦」(多分、日本人の中で一番繰り返してみている)が収録されるボックス後半が発売されるのが来年の1月だからそれより半年も先に見られるのだ、録画せずにはいられるものか。

 カラライズ版の放送はないけれども、それはブルーレイでゆっくり楽しめばよろしい。まずはDVDよりぐっと画質が向上すると思われるオリジナル版を堪能するのだ。うきききききき(あっ、ウレシサの余り気が狂った)。

 本日は休み。午前9時すぎに事務所へ出て日記つけ、ネットのチェック、ちょっとした仕事。昼飯はちょっと心変わりして昼酒にはや代わり。コンビニでシシャモを買ってきてかじりながらビールを2本。その後カップラーメンのだるまで〆。だるま、あの獣臭さまで再現しているのが面白い。私なぞは福岡の人間だから気にならない、いや、むしろ好んでいるけれども、東京当たりでそのまま発売したら苦情が来るのではないかと思ったら首都圏でも発売されていたのですな、いやはやえらいことであります。

 その後レンタルブルーレイで『アンストッパブル』を見る。楽しみにしていた作品であるけれども実際見てみたらストーリーが1本調子になりすぎていて、いささか退屈であった(笑)。トニー・スコットのスタイリッシュな映像テクニックは健在であるけれども、それだけじゃ駄目なのだ。2人の男の対比も上手く行っているとはいえず、デンゼル・ワシントンの頑張りも空回り気味。まあ、ドジなアメリカンバカ(走り出した機関車から降りてポイントを切り替えようとする)のミス一つが偶然に偶然を重ねて大惨事に繋がるという着想のみが光っている。

 ハイビジョン画質は良好。グレインがほどよくコントロールされており、圧縮の丁寧さが窺える。サラウンドはDTS-HDマスターオーディオ。情報量が極めて豊富であり、しかもひとつひとつの音が明快。列車の走行音が恐ろしくリアルである。

 終了後、事務所へ戻って亀の世話やお仕事。

 夕食は刺身盛り合わせ、鯵の塩焼き、生野菜、なめことわかめの味噌汁。ビールをもう2缶。ゴハンを一膳。〆のコーヒーは如例。

 その後今度はWOWOWハイビジョン録画の『デッド・ライク・ミー死神の新たな仕事』 これはテレビシリーズの長編化でありどうも見たところでは劇場公開作品ではないようだ。また内容の方もユニークなのであるが様々なエピソードが平行して描かれ、今ひとつまとまりのないものになっているのが残念。番組を見ていればもう少し分りやすくなったのかな。

 ハイビジョン画質はまた暗部で明滅発生。アメコミ風の冒頭場面では暗い箇所でもすっきりしているのに実写に移ったとたんにパチパチしはじめて大いにがっかりさせられた。音声はAAC5.1チャンネル。サラウンド音場はこじんまりしていて大味だが、雄大になるBGMですべてを許してしまえる。

 終了後、てろてろとお酒。お供は録画しておいた「ナイトシャッフル」 博多東急ビルの味噌とんかつがすげえ美味そうだ。本格的な蕎麦屋もあったし、これは一度昼酒のためにおじゃませねばならんだろう。

 就寝午前1時過ぎ。

|

« 4月26日(火) ホメオパシー笑い | トップページ | 4月28日(木) 就活馬鹿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月27日(水) 就活になれば彼女は:

« 4月26日(火) ホメオパシー笑い | トップページ | 4月28日(木) 就活馬鹿 »