« 4月2日(土) 『ラーゼフォンと機関銃』 | トップページ | 4月4日(月) 『せんだみつおと機関銃』 »

2011年4月 4日 (月)

4月3日(日) 誰が殺したキョーレオピン

 滋養強壮駄洒落。ひどい話である。<http://news.goo.ne.jp/topstories/nation/740/b816ae38a8b59d6a2f5f2a84c9473b7e.html?fr=RSSより引用開始>不明の東電社員2人の遺体発見東電社員2人の遺体検視…津波で死亡か (読売新聞) 2011年04月03日 11時53分  東京電力は3日、東日本大震災が発生した3月11日、福島第一原発4号機で定期点検作業をしていて行方が分からなくなっていた東電社員2人の遺体を発見したと発表した。 震災による東電社員の死亡確認は初めて。 東電によると、発見されたのは、いずれも同原発第一運転管理部の小久保和彦さん(24)と寺島祥希さん(21)。3月30日、4号機タービン建屋の地下1階で2人が見つかった。1人は水面に浮かんだ状態だったという。翌31日に回収して除染した後、死亡が確認された。死因は多発性外傷による出血性ショック死だった。 東電関連の死亡確認は、協力会社社員5人を合わせ、これで計7人となった。<引用終了>

 この2人の東電社員に関し、こういうデマが流布されていた。

 <http://www.nikaidou.com/archives/11803より引用開始>福島原発は本当に人災だった  最初に行方不明になった2名。報道にも「福島第一原発の技術者2名が行方不明」と最初出ていたので覚えている人もいるだろう。 あの2名は東電傘下のプラントエンジニア。この2名、なんと、津波後、原発の冷却装置を誤って操作したまま、さっさと逃げたという。しかも、そのまま郡山市内に逃げて酒を飲んでいた。「俺たち津波にさらわれて行方不明になってるんじゃないか?顔つきで報道されたりして。アハハハハ!」「もう放射能が大変で・・・ありゃもうダメだな」 そういう会話をしていたそうである。店の店員は「ヘンな二人だな」と思っていたそうであるが、やがておかしいことがわかり、当サイトにタレ込んで来た。現在裏取り中であるが、この2名が原発をほっぽって逃げた犯人なのは間違いないという。 しかも、呑気に刺身を食って酒を飲み、楽しく歓談していたという。名前を出せば、この二名は間違いなく殺されるだろうから、今のところは名前を出さないでおく(←と思ったが、小久保和彦・寺島祥希って出てたね) この二人、運が悪い。だって、飲んでいた店は、実は俺の友達の店だから(笑)。しかもこの情報は、「横浜のマムシ」に掴まれているし、マムシがつかんでいることを警視庁も知っている。あーあ、もう逃げようがないね(大爆笑)。当日払った札に指紋がついてますから~。まさに「天網恢々疎にして漏らさず」だね。   いずれにしろ、大変な目撃情報をいただいた。これは東電を追及するのにいい材料である。表でやってもどうせ、マスコミの”電力マフィアに鼻薬かがされた連中”はやらない。しかも、裁判とかにかけても仕方がない。だったら、影の軍団の得意な方法でやってやろうと思う。 東電や保安院、そして民主党は、必ずこの事実を隠蔽するに違いない。最後、自殺ということにされて本当に死んでしまうかも知れないな、この二人。死人に口なしだもんな。 うーむ、日本のメディア使えないし、外国メディアにやらせるほうがいいのかな。いずれにしろ、あとはマムシの旦那に任せようか!<引用終了>

 実名まで挙げて出所の確かではない話を流布する、信じがたいキチガイ共である。たしかに今回の原発事故の件については東電の責任は免れない。だが、だからと言ってこんなデマを流していい筈がない。そして悲しいことにこんな怪しい話を鵜呑みにしていまう連中も確かに存在するのだ。勝谷誠彦などこのいい加減な話を信じ込み自分のブログで煽ったりしている。こんなデマを見抜けず、ニセ情報の拡散を助長したりしていてはジャーナリストを名乗る資格などなかろう。

 こんなデマが大した検証もされず垂れ流しにされる風潮というのは放射線よりよほど恐ろしい。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食べたもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー牛乳。昼飯は冷凍食品の焼きソバと鉄火巻を4個。夕食は焼肉。ビール2缶飲んでゴハンを一膳。〆のコーヒーは如例。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『沈黙の鉄拳』を見る。最近のセガール映画としては出色の出来。二派の中国犯罪組織にロシアンマフィアが絡むという複雑なストーリーでありながら、セガールのアクションですっきり後腐れなく解決する脚本の素晴らしさ(そこまで誉めることはないか)に涙、涙、また涙である(何も泣くこたぁない)。

 敵の体を破壊するという格闘のイメージも実にセガールらしく、これはあの『沈黙の戦艦』でトミー・リー・ジョーンズ相手に魅せたナイフ戦以来の凄さというべきか。

 まあ、セガール映画を我慢しながら見ているとたまにはこんなご褒美があるというものでして(笑)。

 ハイビジョン画質も満足いくもの。暗部の明滅がなくすっきりとした黒を堪能させてくれるし、発色も見事だ。AAC5.1チャンネルは包囲感に欠けるものの、一つ一つの音が明快な定位を感じさせてくれる。

 シャワーを浴びてお酒。お供は「たかじんのそこまで言って委員会」 例の井上和彦(軍事ジャーナリスト)がまたいい加減なことを言っているのに呆れる。なんで原発をドームで囲まなければならんのか。武田某は武田某で、「津波を1時間前に感知できる技術がある。これで東日本大震災の津波は感知できた!」すいません、今回の津波の第一波は地震から15分で到達しているのですが。

 後は田島なんとかの暴言にも腹が立った。未だに自衛隊に人殺しなんかさせないでこんな救助とかさせていればいいんだよと叫ぶ時代錯誤のキチガイをテレビに出すな。

 就寝午前一時過ぎ。

|

« 4月2日(土) 『ラーゼフォンと機関銃』 | トップページ | 4月4日(月) 『せんだみつおと機関銃』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月3日(日) 誰が殺したキョーレオピン:

« 4月2日(土) 『ラーゼフォンと機関銃』 | トップページ | 4月4日(月) 『せんだみつおと機関銃』 »