« 5月29日(日) 倒すぞ、キャバクラ | トップページ | 5月31日(火) テリーが通ればドリーが引っ込む »

2011年5月31日 (火)

5月30日(月) チチカカ湖よ、母よ、妹よ

 どこに行っているんだ、仮面ライダーV3!ディーン・クーンツの「フランケンシュタイン3 Dead and Alive」に着手。もちろん事前に裁断・スキャンして電子化したもの。このデータをコピーして余白をトリミング、さらにOCR処理してソニー、リーダーにツッコンだものを読んでいる。何度も書いていることだけれどもこうすれば分らない単語をダブルタップすることで英和辞書を起動、意味を表示させることができるのだ。

 iPADで同じことができないか、ずーっとその方法を探している訳でして。

 ネットを延々彷徨ってやっとiPADアプリのiBOOKSで英和辞書との連携が可能になるという方法を発見した。自炊のPDFデータは駄目みたいだけれどもiBOOKSで買った電子書籍ならなんとかなるらしい。ただ、オリジナルの電子書籍では起動するのは内蔵の英々辞書であり、これを和英辞書に変えるのは以下のような手続きが必要になるそうな。

 <http://d.hatena.ne.jp/softether/20100730より引用開始>方法は少し面倒であるが、慣れれば 1 冊の ePub データにつき、1 分くらいでできる。これを自動化するプログラムも、簡単に書けそうである。以下に手順を示すので、興味がある方は自己責任で試してみるとよい。まず、iTunes でダウンロードした電子書籍データの ePub ファイルを開く。ePub ファイルは、Windows 版 iTunes の場合は、「My Documents」の下の「My Music\iTunes」等に保存されているはずである。保存場所は iTunes の「ブック」フォルダの中の当該書籍のプロパティを表示すると正確に画面に表示される。 ePub ファイルは、実は ZIP 形式のアーカイブファイルである。普通の ZIP アーカイバ (Lhasa とか) で展開することができる。また、Windows のエクスプローラで開くこともできる。そこで、拡張子 .epub を一時的に .zip に変更し、開いてみよう。すると、以下の画面のように、いくつかのサブディレクトリがあり、いずれかのディレクトリの中に「.opf」という拡張子のファイルがある。

 この .opf ファイルをテキストエディタで開くと、XML データ形式になっていることがわかる。そこで、「dc:language」という名前のタグを探し、その値が「en」になっていると思うので、それを「ja」に書き換える。

 書き換えたら .opf ファイルを保存して、元の ePub ファイル (ZIP ファイル) に書き戻して保存する。そして、拡張子を .zip から .epub に戻す。それを iTunes で iPad や iPhone の iBooks に書きこむ (同期する)。なお、すでに iPad 上の iBooks にその書籍が登録されている場合は、一度削除してから、同期する必要がある (すでに登録されている書籍データと同一の ID を持つ ePub ファイルを iPad に書き込もうとしても無視される。恐らく、ファイル内容やハッシュなどはチェックせずに、単に ID だけで重複検査をしているのだと思われる)。そして iBooks を起動すると、とても嬉しいことに、単語を調べる際に英和辞書が表示されるようになる。<引用終了>

 ぬぬぬ、さっぱり分らんというか、このレベルまで行くともはや私にとってはヴードゥ教の呪文みたいなものだ、うかうかするとルルイエが浮上し、クトゥルーが復活しかねない、あわわわ、なむあみだぶつ、なむあみだぶつ、怨霊退散、怨霊退散。あああ、お腹が痛くなってきた、陀羅尼助をのまなきゃ(小原愼司 「菫画報」より)。

 またPDFデータに関してはcalibreを使ってePUB形式に変換するとiBooksのポップアップ「英和辞書」を使えるという報告もあった。こちらのほうが簡単そうだが、前にたしかcalibreをダウンロードしてインストールしたのはいいが、結局上手く使えなかったなんてこともあったからなあ。

 いや、本当に分らないことを一から十まで痒いところに手が届くような丁寧さで教えてくれるパソコン妖精 メモリちゃんがいないものか。
 

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。昼飯は冷ソーメン。本日は試写会のため夕食が遅くなるため腹をもたそうと三把も食ってしまった。

 午後6時から天神へ出発。都久志会館にてぴんでんさんに合流。午後7時過ぎから『星守る犬』の試写会が開始されたのであった。いやあ、西田敏行の上手さに泣かされた、泣かされた。涙で顔中がぐしゃぐしゃになって映画が終わったあともしばらく立てないくらいだったよ。

 そのくらい感動的な映画なので「半年で白骨化というのはちょっと早いんじゃないか、ひょっとしたら犬が食っちまったのか」とか「薪を投げつけられた時の犬の大げさな表情に思わず笑ってしまったよ」とか「あの女の子は強がっていたけどやっぱり酒乱の義父にこれからも殴られるんだろうなあ、へたをしたら性的虐待を受けて犯されてしまうかも知れないなあ」などと考える奴は地獄へのゲレンデを直滑降なので注意すること。

 映画終了後、ぴんでんさんと酒も呑まずに大人しく別れる(笑)。このまま帰るのもなんだったので大砲ラーメンに行ってギョーザ生ビールおつまみセット500円を頼んだのであった。ギョーザが5個と生ビール中ジョッキで500円という安さに大喜びした私はつい、ビールをもう一杯追加してしまったのであった。その後並ラーメン一杯を食いタクシーで帰宅する。

 ウィスキー水割りなどさらに飲んで就寝午前12時過ぎ。

|

« 5月29日(日) 倒すぞ、キャバクラ | トップページ | 5月31日(火) テリーが通ればドリーが引っ込む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月30日(月) チチカカ湖よ、母よ、妹よ:

« 5月29日(日) 倒すぞ、キャバクラ | トップページ | 5月31日(火) テリーが通ればドリーが引っ込む »