« 5月30日(月) チチカカ湖よ、母よ、妹よ | トップページ | 6月1日(水) マルコムX味噌 »

2011年6月 1日 (水)

5月31日(火) テリーが通ればドリーが引っ込む

 業界初、ファンク兄弟駄洒落。だから何の業界だっての。calibreを使ったPDFファイルのEPUB化に成功!とはいえ、何か特別なことをやった訳ではない。事務所のデスクトップパソコンにダウンロードしたcalibreはすぐに「なんとかかんとかでエラーでんがな、お疲れさん!」とか言っちゃって文書の取り込み一つできなかったのだが(笑)、ノートパソコンで再度同じ操作を試みてみたところあっさりと成功したのである。このEPUB化したファイル「フランケンシュタイン3 デッド&アライブ」をiPADに取り込みiBOOKSで開いてみたら単語長押しで辞書が起動、意味が表示されたばんざーい、これでソニーのリーダーともお別れだ・・・となれば良かったのですが、そんなに上手く行くはずがない(笑)。単語をいくら押してもちょこっと拡大されるだけで辞書なんか起動しやしない。またファイルが妙に大きく50MB以上になっているためか動作が鈍い、鈍い。ページ送りもまともに出来ないではないか。

 辞書が起動しないのは多分、私がそれ用の辞書をダウンロードしていないためと思われるのだが(ようわからん)、後者の動きのもたつきは致命的。たとえ単語の意味が表示されたところでああもっさりとしていては到底実用に耐えぬ。

 ということで自炊洋書はこれまでどおりソニーのリーダーで読むことになりましたとさ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。建設会社契約、銀行打ち合わせ、電話、ケーブルテレビの工事立会いなどやたらばたついてたので昼飯は丸ちゃんの赤いキツネでさっとすませる。夕食は天然ヒラスの刺身、豚肉のエバラ焼肉のタレ焼き(笑)、生野菜をたっぷり。ビールを2缶飲んで昨日の残り飯で作った炒飯。

 ケーブルテレビの工事が思いのほか時間を食ってしまったので夕食の時間が遅くなってしまった。それからあわてて映画を見るのも何なので珍しくプロジェクターを封印。自炊作業に専念する。最近はと学会関連、オカルト関連本を中心に自炊しているのだが、「UFOと宇宙人 全ドキュメント」など馬鹿でかい本を処理できるのが嬉しい。故志水一夫氏の「UFOの嘘」も電子化。作者の志水氏は虚空の彼方に旅立たれてしまったが、氏の著作は電子情報に姿を変えてHDDの中で生き続けるのであった。

 午前2時半過ぎまで掛かって15冊仕上げる。途中でシャワーを浴びたり、チャンネルNECO HDで録画しておいた『完全な遊戯』を見たりする。これは多分二度目の観賞となると思うのだが(記憶に自信なし)前とは違って今度はハイビジョンの高画質。話の面白さもあって最後までぐいぐいと引き込まれてしまった。

 この映画の見所はなんと言ってもノミやのヤクザ葉山良二の妹であったばかりに酷い目に会わされる芦川いづみ。兄が払わなかった掛け金を回収しようとする不良学生たちのグループに拉致され、監禁されてしまう。そしてその美しさに目が眩んだ学生達によって輪姦されてしまうのである。その間、妹を救うために銀行の小遣いから金を強奪する葉山良二、当然ながら警察から追われる身になってしまう。ようやく解放されアパートに戻った芦川いづみは病弱であった母親が心労で頓死しているのを発見。自らも毒を煽って自殺してしまうのだ。

 こんな悲惨な役をやらせると芦川いづみはよりいっそう光り輝くのである、日本一不幸の似合う女優、芦川いづみ、はあ、はあ(立派な変態)。

 モノクロハイビジョン画質は眉目秀麗なハンサム画質。とろりと柔らかい感じなのだが細かい部分もしっかり表現されている理想のモノクロ映像だ。6月に放送される「ウルトラQ ハイビジョンリマスター」もこのくらいのレベルだったら私はもう嬉しさのあまり頓死しちゃうかもしれないな。

 就寝午前3時半過ぎ。

|

« 5月30日(月) チチカカ湖よ、母よ、妹よ | トップページ | 6月1日(水) マルコムX味噌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月31日(火) テリーが通ればドリーが引っ込む:

« 5月30日(月) チチカカ湖よ、母よ、妹よ | トップページ | 6月1日(水) マルコムX味噌 »