« 5月31日(火) テリーが通ればドリーが引っ込む | トップページ | 6月2日(木) ムーディが通ればトレローニが引っ込む »

2011年6月 2日 (木)

6月1日(水) マルコムX味噌

 マルコメ株式会社の社長が黒人公民権運動活動家に!ノートパソコンのHDDが一杯になったので外付けHDDをもう1台購入。今度のHDDは1TBのHDDを2台備えたRAID1対応機だ。謎の宇宙人からの攻撃で一台のHDDが破壊されてももう一台にデータが残っているから安全だ。しかもHDDが交換可能なのでおかしくなったHDDを入れ替えることもできるぞ。これで現用の外付けモバイルHDDと合わせると三重の備えとなり地底人が攻撃してきても私の電子書籍のデータは大丈夫だろう。

 さらにメディアバックアップとしてブルーレイ BD-REを使う。現在のところREメディアは2倍速のみなので全ての電子書籍データーをコピーするのに3時間くらい掛かってしまうが(笑)これは事務所にノートパソコンを持ち込んでやってしまえば良い。コピーしている間ほったらかしておけばいいからだ。BD-Rだとあっという間に済んでしまう作業だけれども、私の理想とする一週間に一回程度のバックアップ(蔵書の電子書籍化が完了するまで)には結構なお金が掛かってしまいますからな、BD-REで消去・コピーを繰り返していくのであります。

 本日は休み。とは言え家の取り壊しに備えて片付けをしなければならない。建築会社の手伝いの人に混じって取り壊し予定の旧家屋から箪笥だの洋服だの五月人形だのタイマイの剥製だの(笑)を運ぶことになったのである。母親にこれは捨てろ、あれも捨てろ、みんな捨てろと提言するものの、ほとんど聞き入れられず。20年来開けたことのない戸棚から出てきた得体の知れぬ掛け軸の類まで取っておくつもりのようである。私や弟が中学生の時分に買ったプラモデルも捨てないと言う。お宝があったらどうするのとか言っているけれどもこんなんお宝のわけないだろ!

 って、これは俺がパテでツイメリートコーティングを再現しようとして途中で挫折、放り出したブルムベアじゃん、ああ、心が痛い!

 昼飯は天神へ出て赤のれんでラーメン+小炒飯、替玉。その後ジュンク堂、ビックカメラと回って唐沢なをきさん「俺の猫にゃん 3」と外付けHDDを購入。

 帰宅してまた片付け。今度は自分の書庫をやる。家を取り壊す時に纏めて粗大ゴミを持って行ってくれるので電子化により不要となるであろう本棚を今のうち片付けちゃおうということなのである。本棚から本を出して床に積み空っぽになった本棚を分解して取り壊し予定の旧家屋に運び込む。この作業を延々続けて本棚一つ、押入れ収納用の文庫本ボックス一つ、カラーボックス一つ、今となっては何に使っていたか良く分らん飾り棚を始末する。なんだ、延々って言う割にこんだけかよと言うなかれ。本がクソのごとく多いのでこうした作業がとにかく大変なのだ。

 いい加減いやになって作業中止。事務所へ行って亀の世話とネットのチェック。ゲラのチェックもやる。午後5時過ぎに帰宅してHDDのセッティング。

 夕食は当然のことながら冷蔵庫内飯。豚のエバラ焼肉のタレ焼きとソーセージ、目玉焼きで済ませる。ビール一缶、ゴハンを一膳。〆のコーヒーは如例。

 その後輸入ブルーレイで『ハチェット』を見る。忌まわしい伝説の土地で異形の怪物に襲われる観光客達というもっともらしい導入部に笑わされ、一人一人怪物にぶちょぶちょにされていく観光客達という中盤に笑わされ、げえ、誰も助からないのか、観光客皆ごろしかという衝撃のラストでまた笑わされる。主人公の友人が仲良くなったポルノ女優が股間をぽりぽり掻くのを見て嫌な顔をするという分りにくいギャグ(多分、性病なのだろうと思う)にもこれまた大笑いだ。

 熱意は認めるものの今ひとつぞんざいな特殊メイクも私好みでまったく楽しい下種でクソみたいなホラー映画であった(誉め言葉)。

 ハイビジョン画質は鋭く沈む黒が私を魅了する。ノイジーであまり正統的な高画質とは言えないがニューオーリンズの夜の沼地を情感たっぷりに表現してくれるのである。サラウンドはトゥルーHD。こういうゲスでクソなホラー映画(しつこいようだが誉め言葉)に相応しくどんとどどんと攻めてくる。それでいて夜の沼地の精細な環境音もきっちり伝えてくるという一粒で二度おいしいグリコサラウンドなのであった。

 終了後、今までちびちび見ていた『東のエデン 劇場版 パラダイスロスト』を最後まで。えっ、100億円もかけてやったのはそれだけなの・・・・5分ほども呆然としていました(笑)。まるで青年の主張みたいは幼稚な思想で大風呂敷広げてそのまんまというのはある種の狙いなのだろうが、それゆえに物語の限界を狭めてしまったようだ。終盤、魅力的な謎がなくなってしまったのも痛い。ストーリーから視聴者を引き込んでいく力が失われてしまうのである。

 ハイビジョン画質はテレビ版よりさらに高画質。発色の美しさはブルーレイソフトのアニメ作品に劣らぬレベルだ。サラウンドはAAC5.1チャンネル。こちらも一つ一つの音の品位が高い。リア上方から聞こえてきたカラスの鳴き声がリアルすぎてびっくりさせられたほどであった。

 シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「ナイトシャッフル」 就寝午前11時半。

|

« 5月31日(火) テリーが通ればドリーが引っ込む | トップページ | 6月2日(木) ムーディが通ればトレローニが引っ込む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月1日(水) マルコムX味噌:

« 5月31日(火) テリーが通ればドリーが引っ込む | トップページ | 6月2日(木) ムーディが通ればトレローニが引っ込む »