« 6月19日(日) 『ラスト・メンへラー』 | トップページ | 6月21日(火) セロ弾きの五人衆 »

2011年6月21日 (火)

6月20日(月) ギャートルズ・ミューティレーション

 ああ、ゴンが、とーちゃんが、かーちゃんが、ドテチンが宇宙人の生体実験の犠牲に!昨日の日記に書いたiPADのi文庫HDの件であるが、ネットをちょっとあさってみたら比較的簡単に対処方法が見つかった。それは設定メニュー、画像補間処理の項目をデフォルトからHighに変更してやること。これで自炊漫画単行本のモアレ、スクリーントーンの崩れなどが一発解消。いちいち、ピンチイン・ピンチアウトして補正する必要がなくなった。また自炊したAV雑誌HiVi誌のグラビアがもしゃもしゃになるのもこれで解決。今まで以上に快適な閲覧を約束してくれる。

 いやあ、簡単な方法で良かった。これがiPADの性能限界で解消のためにはiPAD2に移行するしかないなんてことになっていたら大変でしたよ。

 またまた2ちゃんねるにて平行世界のと学会が誕生。<SF板 山本弘スレッドより>296 名前:名無しさん@恐縮です 投稿日:2011/06/17(金) 20:20:23.78 ID:TM3fkjML0 山本弘が、宮崎哲弥にオルグされてから「評論家」になりたくてしょうがない人になっちゃったんだよ。それから、ネタがべたになってつまらなくなった。オタキングは明確にそれを批判してと学会から抜けたけど他の奴らは、食えない三流ライターばっかりだから<引用終了>

 「講釈師、見てきたような嘘を言い」てなこのことですな。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー牛乳。昼飯はこれまたコンビニのミニとろろ蕎麦、235kcal。夕食は太刀魚の煮付け、ワカメと蛸の酢もの、じゃがいもと竹の子の煮付け。ビール一缶飲む。仕上げは納豆卵かけゴハン。〆のコーヒーは如例。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『ダブル・ミッション』を見る。地味でダサくてしかもよりによってそんなのがママの恋人?という隣のおじさんが実は中国からCIAに出向してきたというややこしい素性のスパイだった!というお話。ストーリーそのものはたわいのないものだけれども、敵のロシア人犯罪組織やママの子供たちとの交情など細かい部分が上手く作りこんであってなかなか楽しめる作品となっている。

 私が特に気に入ったのは何かと大仰なロシア人たち。非常に存在感があるけれどもその割にはあんまり活躍しない女性キャラ タチアナのロシアなまりの英語があまりに大げさで笑ってしまったし、ハロウィーンで賑わう住宅地をいかにも悪そうなロシア人達が横隊組んで闊歩するのにも噴出してしまったぞ。

 一応、ジャッキー・チェンはCGもスタントも使わない生身のアクションと喧伝されているけれども、まあ、そんなことはないよね(笑)。

 ハイビジョン画質は例の明滅があり、優れた発色、解像度をスポイルしてしまう。X3のフィルムモードを使えばほとんど目立たなくなるのだが、わたしゃシネマモードの潤沢な発色が好きなのだ。音声はAAC5.1チャンネル。雄大な音場を楽しめる。音質そのものはブルーレイソフトのロスレス音声には敵わないのだが、BS放送にこれ以上の贅沢は望めまい。

 シャワーを浴びて自炊。午前1時半まで掛かって新書の架空戦記ものを中心に15冊仕上げる。その間見たのが録画しておいた「たかじんのそこまで言って委員会」 後半の企画で「南沙諸島の領有を巡って対立している中国VSベトナム」 あなたはどっちを応援しますかというコーナーであの田嶋女史ですら「中国はトラブルメーカー」と言い放ったのに、たった一人、「中立(げんみつに言えばどちらでもない、人のケンカに立ち入る余裕がない)」という立場をとっていたのが我が民主党の原口衆院議員ですよ。

 立ち入れよ、馬鹿野朗と思ったのは私だけでしょうか。

 それどころか、「台湾と大陸というのは今、新たな時代に入っている。今までのこういう背中を向けていたのがむしろ向き合ってる。逆に平和の海になってきている。 戦争というけどベトナムも中国も中国も経済発展の真っ最中で、こんなときに戦争はあまり起こらない」なんですと。

 お花畑が満開です。とても綺麗です、あっモンシロチョウも飛んでいます。

 就寝午前2時半。

|

« 6月19日(日) 『ラスト・メンへラー』 | トップページ | 6月21日(火) セロ弾きの五人衆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月20日(月) ギャートルズ・ミューティレーション:

« 6月19日(日) 『ラスト・メンへラー』 | トップページ | 6月21日(火) セロ弾きの五人衆 »