« 6月22日(水) スイーツ、スイーツ、スーダラダッタ、スラスラスイーツ | トップページ | 6月24日(金) アーカード鈴之助 »

2011年6月24日 (金)

6月23日(木) 「げんしけんSOS宇宙船」

 「はっはっは、バカだなあ笹原。 反地球なんてあるわけないじゃないか」 6月26日 日曜午前10時よりいよいよ「ウルトラQ ハイビジョンリマスター版」が放送開始だ。待って待って待ち続けたその瞬間がついに訪れるのだ。録画保存用にBD-R2層50GBを買ってこなくちゃ。これに何話入るかなあ。10話入ってくれると3枚に収まって具合がいいのだがなあ。万が一録画に失敗したら洒落にならないから再放送も予約しているぞ。

 こんなことをぐだぐだ考えているともう楽しくってなりません(笑)。

 またWOWOWの「ウルトラQ ハイビジョンリマスター版」サイトも新開設。http://www.wowow.co.jp/drama/ultraq/ このサイトで「ゴメスを倒せ!」、「宇宙からの贈り物」、「ペギラが来た!」、「ガラダマ」、「カネゴンの繭」の中から好きなエピソードを選んで投票することができるぞ。そして一位に選ばれたエピソードのカラーライズ版がな、なんとブルーレイボックス発売に先駆けて7月17日に放送されるのだ。

 ぎゃあああ(嬉しい悲鳴)、WOWOWは俺を殺す気か!

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー牛乳。昼飯は素麺二把。夕食はカンパチの刺身、生野菜たっぷり、イカとサトイモの煮物、豚肉の味噌焼き。ビール2缶飲んでゴハンを一膳。〆のコーヒーは如例。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『お願い! プレイメイト』を見る。プロムの夜、いよいよ恋人と初体験することになった主人公。でも景気付けに煽った酒が仇となって階段から転落。昏睡状態になってしまう。4年後ようやく目覚めた主人公は恋人がプレイメイト(ミス・3月)になっていることを知って愕然。悪友タッカーと共に真相を探る旅に出るというお話。

 下ネタのみで一時間半押し切ったというある意味凄まじい映画(笑)。ひたすらにスケベな歌詞のラップとか、後部座席でえんえんとヤリ続けるレズのカップルとか、長い昏睡生活で肛門が緩んでしまった主人公がところかまわずビチグソ放出とか、アッチ系の想像力をこれでもかと駆使したギャグも素晴らしい。またアメリカンカルチャーの中の「プレイボーイ誌」の位置づけがはっきり分ったのも興味深い。畢竟あれは、アメリカ人にとってのセックスのアイコンなのでありますな。

 ハイビジョン画質は暗部に明滅あり。フィルムモードにて観賞する。音声はAAC5.1チャンネル。大げさなラップミュージックの重低音に笑ってしまった。

 終了後、今度は今までちびちび見ていたWOWOWハイビジョン放送の『嫌われ松子の一生』を最後まで。これは例えるなら「負のおとぎ話」というべきか。いわゆるフツーのお伽話ならそのアガリは「王子様と幸せに暮らしました」(H・E・A HAPPILY EVER AFTER)となるのだが、この映画は何しろ負であるから、貧困のどん底で精神を病み不良中学生にバットで殴り殺されてしまうのである(笑)。
 
 ラスト近くにみる幻影、妹の髪を切ってやる、の存在を考えると、この『嫌われ松子の一生』は現代の「マッチ売りの少女」と言えるかもしれない。

 ハイビジョン画質はまあ、最悪(笑)。暗部はフィルムモードでも隠せないほどばちばち明滅し、ノイズも酷い。このノイズのお陰で圧縮が上手くいかず映像が破綻している箇所もあるほどだ。色彩の滲みも酷くこの映画の特徴の一つであるポップな色使いがまったく表現できていない。

 音声はAAC5.1チャンネル。フロンドの広がりが心地よく、一つ一つの音の品位も高い。これでもう少しサラウンド音場の情報量が多かったら満点だったのに。

 シャワーを浴びてがしがし自炊。午前2時過ぎまで掛かって15冊仕上げる。

 就寝午前2時半。

|

« 6月22日(水) スイーツ、スイーツ、スーダラダッタ、スラスラスイーツ | トップページ | 6月24日(金) アーカード鈴之助 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月23日(木) 「げんしけんSOS宇宙船」:

« 6月22日(水) スイーツ、スイーツ、スーダラダッタ、スラスラスイーツ | トップページ | 6月24日(金) アーカード鈴之助 »