« 6月29日(水) ローラン・東坡肉 | トップページ | 7月1日(金) Adobeとイブ »

2011年7月 1日 (金)

6月30日(木) メグレの秋刀魚

 メグレ警視はそんなもの食わん(笑)。事務所が入っている物件の駐車場に無数のハトの羽が散乱していた。血が飛び散ってもいたのでおそらくカラスあたりに襲われて食われてしまったのであろう。私はハトに同情しないが、いや、むしろ正直言って「ざまあみろ」と思う(笑)くらいなのだけれども、困ったのが羽の始末。常道なら箒で掃き寄せてちりとりで回収ということになるのだが、何しろ相手は鳥の羽、はき寄せるそばから風に吹き散らされてしまうのである。だからちりとりで散らばっている羽を一枚ずつ回収するしか手がないのだ。もう時間は掛かるし、腰を曲げっぱなしだし、一体何の苦行なんだよ。

 おかげさまで一時間半掛かって掃除を終わらせた後は腰がずきずき痛んで、まともに立っていられなくなりましたよ。どうもありがとう、カラス君。今度やりやがったら本気で殺しに行くからね。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯にうどんのウェストでかき揚げぶっかけうどん。夕食は焼肉、ヨコワの刺身。ビール2缶飲んでゴハンはなし。

 その後、待望の『世界侵略 ロサンゼルス決戦』を見る。映画の前半はまるっきり『ブラック・ホーク・ダウン』、相手がソマリア民兵から謎のエイリアンに変わっただけというイメージである。エイリアンの戦力は圧倒的というレベルではなく、頑張ればなんとかなるくらいというのもその印象を強くする。あ、何もソマリア民兵がエイリアンと変わらぬくらい異質だとか、そんなことを言っているのではないので勘違いしないようにしてください(笑)。

戦闘に投入された小隊に所謂神の目が与えられず、もう何がなんやら訳が分らん!という状況の使い方が上手い。敵の正体が分らぬまま前線に出て霧?で視界が効かぬ中を進む場面の緊迫感には凄いものがあった。また、何時何分に爆撃するから、それまでに脱出せよ!という指令をなんとか守ったら、いつの間にか航空基地そのものがエイリアンに壊滅させられていて爆弾の一個、ミサイルの1本も落ちてきやしないのである。映画としてはかなり間の抜けたシーンになってしまったけれども(笑)こういうリアリティの追求の仕方もありか。

 後半はご都合主義も甚だしいという展開なのだが、最初はアーロン・エッカートの軍曹に反発していた部下達が中枢司令部を破壊するという自殺的行為に出かけていく彼に何も言わず同行するあたりが、もう身震いするほどカッコ良かったですな(笑)

 ハイビジョン画質はグレインを上手くコントロールしており、非常に秀麗な映像を堪能させてくれる。解像度も高くうじゃうじゃ逃げている避難民の一人一人が見分けられるほど。音声はDTS-HDマスターオーディオ。音の定位の鋭さは今までに見てきたブルーレイの中でも最高のひとつ。飛び交うミサイル・銃弾の軌跡が目で追えるようだ。

 ちょっと気になったところ。ウィキペディア日本版に記載されている本作のストーリーは<引用開始>1942年2月25日。ロサンゼルス上空に未確認飛行物体が出現、米軍が応戦する騒ぎとなった。後に「ロサンゼルスの戦い」と呼ばれたこの騒動は、大きな被害を出さないまま収束する。その後、同様の飛行物体が1965年にブエノスアイレス、1983年にソウル、1991年にロンドンで確認されるも、その実態は分からないままであった。 2011年。再び現れた飛行物体は、相次いで地上に衝突。中から現れた侵略者たちは世界中の都市に一斉攻撃を開始した。各主要都市が次々と壊滅状態に追いやられる中、ロサンゼルスもまた例外ではなかった。ロサンゼルス近郊にあるアメリカ海兵隊基地所属のナンツ二等軍曹(アーロン・エッカート)の小隊もロサンゼルスの防衛に投入されることとなる。侵略者の急襲で圧倒的に不利な戦況の中、ナンツ二等軍曹の所属する海兵隊第2大隊エコー中隊第1小隊は、激戦区サンタモニカの警察署へ向かうよう指示されるが・・・<引用終了>というものなのだけれども

 前半の1942年ロサンゼルス上空にUFO出現とか、ブエノスアイレス、ソウル、ロンドンでもUFO目撃とか、映画にはまったく出てこなかったんですけど(笑)。まあ、ひょっとしたらナレーションで言及されただけで、それを私が聞き落としたということもありそうですが。

 その後WOWOWハイビジョン録画の「ウルトラQ 甘い蜜の恐怖」を見る。一平君と万城目の背広の模様がくっきりはっきり。もう笑っちゃうような鮮明さだ。あの蒸気機関車の立体感もたいしたものである。

 シャワーを浴びて事務所へ行き自炊作業。13冊終了。

 帰宅してテレビをだらだら見た後午前1時半過ぎに就寝する。

|

« 6月29日(水) ローラン・東坡肉 | トップページ | 7月1日(金) Adobeとイブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月30日(木) メグレの秋刀魚:

« 6月29日(水) ローラン・東坡肉 | トップページ | 7月1日(金) Adobeとイブ »