« 7月21日(木) 「AKBのアン」 | トップページ | 7月23日(土) クローン猫のタンゴ »

2011年7月23日 (土)

7月22日(金) ハーレムハーレムユカイ

 まあ、SOS団もハーレムみたいなものと思えなくもない。iPad 2用のアクセサリーとしてApple Digital AVアダプターなるものがあるそうな。これはiPAD2をモニターやテレビにHDMIで接続することが可能なインターフェイスでなんと、iPAD2と完全なミラーリングが実現するというのである。これを使えばi文庫HDの自炊書籍を他のモニターでみることができる。タッチパネル式の高い液晶モニターも買う必要がなくなる。iPAD2を手元に置いてひょいひょいと操作すればいいからだ。私の使用目的は当然ながら自炊書籍、それもiPADではちょっと辛い雑誌類の閲覧であるので格別の高画質は必要ない。型遅れの液晶テレビで十分なのである。

 ウウーム、これはいいなと思ったのですが、この環境を実現するためにはそもそもiPAD2が必要になる訳で(笑)価格的にはタッチパネルの液晶モニターを買うのとそんなに違いがないってことになってしまうのでありました。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯にサッポロ一番味噌ラーメン。葱をたっぷり乗せてラー油でがんがんの辛口にして汗をだらだら流しながら貪り食う。その醜さ、筆舌に尽くしがたし。夕食は米国産牛肉のステーキ、カンパチ刺身、焼きなす、酢豚。メインのステーキは肉質が脂の少ないものだったので3キロほど食べても胸にもたれることはなかった。ビール2缶飲んでゴハンはなし。〆のコーヒーは如例。

 その後米国盤ブルーレイで『赤ずきん』を見る。あの赤ずきんを成長した大人の女に置き換えてエログロたっぷりに換骨奪胎、ファンタジーホラー映画にしてみましたという異色作である。舞台となる村も外部との行き来があのソロモン神父を除いてまったくないという非常に閉鎖的な環境であり、絡み合った人間関係の複雑さがそのまま村の歴史となっているような状況だ。隣のおねえさんとセックスしたら実はそのお姉さんは異母姉弟で知らず知らずのうちに近親相姦という出来事がフツーに起こり得るのである。本作における狼男の存在はまさにそうした村の歪みが具現化したものといえるだろう。

 この映画の見所はなんと言っても赤ずきん・ヴァレリーを演じたアマンダ・セイフライド。彼女の崇高な美貌がダークファンタジイの世界と現実世界を繋ぐ役割を果たしており、狼男が存在して人語で話しかけてくるという世界観を説得力のあるものにしている。

 ハイビジョン画質は美麗の一言。透明感のある暗部、ダークなトーンながらしっかりその存在を主張する色彩、どれをとっても一級品である。ヴァレリーの着る赤ずきん(実際はフード付のマントのようなもの)が画面から浮かび上がってくるように見えるのも素晴らしい。

 音声はDTS-HDマスターオーディオ。すいません、昨日OPPO BDP-93のロスレスサラウンドにあまり不満を感じないと書いたのは明らかに間違いでした。だぶつくことなくファンダメンタルな部分をしっかり支える重低音、一つ一つの音の定位がぴしりと決まった3次元的なサラウンド音場。やっぱりDVD-A1UDとAVP-A1HDのデノンリンク4thによるサラウンドは段違いです。

 その後今までちびちび見ていたハンフリー・ボガートの『脱出』を最後まで。ボガート演じる船長はまことに男臭く秀逸なキャラなのだけれどもやたらに状況に流される(笑)。秘密警察だのゲシュタポだのが五月蝿いけれども、今までどおりチャーター船の船長をやっていれば問題はなかったのに、ローレン・バコールと知り合ったあたりから運命が急変、なぜかドゴール派のレジスタンスに巻き込まれていくというストーリーはそうしたボガートのキャラクターにはそぐわぬ感じがする。

 ただ、ローレン・バコールの美貌とカンロクは例えようもなし。撮影時の実年齢が19歳とはとても信じられぬほどの存在感があり、映画のすべてが彼女一人に収斂されてしまうのだ。

 モノクロハイビジョン画質は場面によってその差が大きい。良い場面では高い解像度と柔らかな風合いを両立させたハイレベルの画質なのだが、悪い場面では明るさが安定せず、またノイジーになってしまう。

 シャワーを浴びて事務所へ行き自炊作業。

 午前12時過ぎまでやって帰宅。その後iPADで自炊した漫画を読みながら録画しておいたテレビをだらだら。就寝午前2時。

|

« 7月21日(木) 「AKBのアン」 | トップページ | 7月23日(土) クローン猫のタンゴ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月22日(金) ハーレムハーレムユカイ:

« 7月21日(木) 「AKBのアン」 | トップページ | 7月23日(土) クローン猫のタンゴ »