« 7月2日(土) カイエンペッパーウルトラマン | トップページ | 7月4日(月) 江戸東坡肉払い »

2011年7月 4日 (月)

7月3日(日) 東坡肉ジョージ

 いつまで続くか、東坡肉駄洒落。自炊作業絶賛進行中の私である。スキャナーの使いかたにも慣れ、重送やフィーディングミスが出ても鼻歌交じりで対応できるようになったのだが、そんな私ですら自炊を諦めようかと思った本があった。それは唐沢俊一さんの「B級学 漫画編」である(笑)。もう重送やフィーディングミスが起こるなんてものではない。使われている紙の質の問題かスキャナーのオートフィーディング機能そのものを受けつけないのだ。なにしろスキャンを始めると5ページごとに重送が発生してしまうのである。そしてセットしたページ数が少なくなると15ページぐらいを一気に送り込んでしまいスキャンがストップ。これを延々繰り返すのだ。おかげで総ページのおおよそ三分の二を一枚ずつ手差しでスキャンすることになってしまったよ(笑)。

 2ちゃんねるで「某出版社の本は背表紙の糊とじが厚くなっている。これは自炊防止のために違いない」なんて言っていた奴がいたが、自炊防止ならそんな手間を掛ける必要などない。「B級学 漫画編」と同じ紙を使えばいいのである(笑)。

 自炊作業についてもう一つ。一般書籍の電子書籍がついにBD-RE 一層25GBに入らなくなってしまった。入らない分はまだ残量のある「電子書籍 漫画 3,4」のディスクに収納するようにしたが、そのうちこれにも入りきれなくなるだろう。ディスクの枚数が増えるのは面倒くさいので、そのうちBD-RE 2層50GBに移行しなければなるまい。でもBD-REは値段のこなれてきた感のあるBD-RE一層と比べるとまだまだ高いんだよな。10枚パックで約5,000円という商品(TDK 録画用ブルーレイディスク 超硬シリーズ BD-RE DL 50GB 1-2倍速 ホワイトワイドプリンタブル 10枚パック 5mmスリムケース BEV50HCPWA10A)があるけれども10枚もいらないし(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。そのほか町内会の行事として朝6時から笹取り。午後5時過ぎから一週間先のソフトボール大会のための審判講習など。もうくたくたになりました。

 食ったもの、朝飯に笹取りで出たお握り2個とうどんスープとめんつゆを使ったお吸い物。昼飯は冷凍食品のスパゲティナポリタン 260kcal。夕食はイサキの刺身、レトルトのハンバーグと付け合せのミックスヴェジタブル。特にミックスヴェジタブルが美味であった。胡椒・醤油をちょっと掛けると丼一杯でもいけそうだ。ゴハンはなし。〆のコーヒーは如例。

 その後今までちびちび見ていたWOWOWハイビジョン録画の『ALWAYS 続・三丁目の夕日』を最後まで。前作ではいささかもてあまし気味だったCGによる時代再現を今作では非常に上手く使っている。さりげなく大阪行きの特急電車こだまを再現した映像には思わずおおっと声を上げてしまったほど。

 ストーリーも大甘ではあるのだが(笑)それゆえに“素朴な感動”を心行くまで味わうことができる。映画がみんなこんなストーリーになってしまっては困るけれども、人間たまにはこんな話を見て涙を流さないとダメになってしまう。『ピラニア 3D』とかそんなのばっかりじゃって、それは俺自身のことですか。

 何度も言うようだけれども、こんな映画を作れる人がなぜ『ヤマト』をあんなモノにしちゃったんだろうか。

 ハイビジョン画質はやはりノイジー。X3のフィルムモードで対処可能であるが、その分古臭い映像になってしまうのが困る(笑)。音声はAAC5.1チャンネル。音の動きが明快で現代的なサラウンド音場を楽しめる。BGMの鳴り方も上々でオーディオ的なレベルが高い。

 その後WOWOWハイビジョン録画の「ウルトラQ」 「東京氷河期」と「クモ男爵」を続けて。「東京氷河期」はアップになるペギラの顔のディテールが凄いことになっている(笑)。ぬいぐるみ製作の丁寧な仕事ぶりが窺えるというものである。なお、23分35秒付近のミス 「送風機が写ってしまう」はそのまま。「クモ男爵」はあの不気味な洋館がハイビジョン化によってより一層不気味悪くなった。巨大クモの表面のディテールも詳細に再現される。毛むくじゃらの体表に体が痒くなってしまったくらい。有名なミス、24分35秒付近で「壁を壊すスタッフの手が見える」は修正されていた模様。この修正をする、しないの基準は一体どこにあるのだろう。

 シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「そこまで言って委員会」 就寝午前12時過ぎ。

|

« 7月2日(土) カイエンペッパーウルトラマン | トップページ | 7月4日(月) 江戸東坡肉払い »

コメント

「三丁目の夕日」は傑作だと思いますが…では、これを作った人がヤマトをうまく作れるかというと…無理かも。ツボが全然違うと。向き不向きがあるのでは。ヤマトに求められてるものがわかってないよ!ヤマトには根強いファンがいて、世界観が確立してると…これを無視して作ってもハズすだけ。

投稿: さんしぇん | 2011年7月 5日 (火) 21時09分

 やっぱね、セロハンテープはまずいっすよ。

 それでいてもっと問題なのが「この映画を映画館で何回も見た!」という人。

 邦画の将来が心配になってきます。

投稿: エロの冒険者 | 2011年7月 6日 (水) 16時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月3日(日) 東坡肉ジョージ:

« 7月2日(土) カイエンペッパーウルトラマン | トップページ | 7月4日(月) 江戸東坡肉払い »