« 7月29日(金) アダムとIF | トップページ | 7月31日(日) 「この子の『NANA2』のお祝いに」 »

2011年7月31日 (日)

7月30日(土) 『NANA2』がくれば思い出す

 これ、クソつまんねえ駄目映画じゃん!本日は校区内の夏祭り。予告どおり過酷な労働の連続であった。まずは午前9時から某所にて夏祭りで売る焼きトウモロコシの皮むき。作業としては簡単なのだが何しろ多量のトウモロコシの皮をむかなければならないので手が痛くなってしまうのである。

 終了後、事務所へ行って仕事。昼飯はゆきみ家で味噌ラーメンと小ゴハン。午後からのさらに過酷な労働を見越してスタミナをつけるために背脂入りヴァージョンにした。大変に美味しかったが背脂を入れるとスタミナがつくかどうかは定かではない。私の単なる思い込みである。

 そして帰宅し着替えて会場となる公園へ出向く。それから2時間、あなたの目はあなたの体を離れ椅子をエンエン運んだり、クソ重いコンロに足をつけてならべたり、机をまたエンエン運んだり、コンパネをうっかり素手で持ったらトゲが指に刺さって「いててて」となったりするする時間に入っていくのです。気のせいか去年よりはるかに辛く感じる。曇天で比較的涼しかったから良かったけれども、これで昨年並みのかんかんで照りだったら途中でぶっ倒れて泡をふいていたりしたかもしれませんな。

 午後3時過ぎに設営の仕事が終了。ご褒美に冷たい缶ビール一缶貰う(笑)。これをぐびぐびと飲んで帰宅し1時間ほど休憩。この間にシャワーを浴びてさらに缶ビールもう1本。

 午後4時から会場に戻り火起こし作業。炭火をバーナーで炙ってあとはひたすらウチワでぱたぱた。着火剤を多めにブチ込んでいたので意外と簡単に火がつくけれども、とにかく熱い。特に私のポジションは2台のコンロに挟まれているので後から前からどうぞ的な密度で熱気の連合艦隊が攻めてくる。もうこの時間だけで私は20キロほどもやせてしまった(ウソ)。

 火が起こったら鉄板を被せて温めたのち、焼きソバの調理開始。熱気に耐えながらひたすら豚肉・かまぼこ・キャベツ・モヤシを炒める。塩コショウもどばどば掛ける(どうせ、自分では食わないから)。焼きソバソースもどちゃどちゃ掛ける(どうせ、自分では食わないし、暑い日だから濃い目の味付けがいいはず)。「「うおォン、俺はまるで焼きソバの鬼だ」

 (念のために言っておくけれども、そんなにムチャクチャな作り方はしていませんからね。本気にしちゃ駄目ですよ)

 夢中で焼いているうちにいつの間にか祭りが始まっていた。町内を回ってきた子供みこしが会場内に入ってくるがそんなものを見ている余裕などなし。時たま乾ききった体に缶ビールを流し込みながらひたすら焼きソバを焼き続けたのである。

 午後9時すぎにお祭終了。体育委員で用意した焼きソバ、フランクフルト、焼き鳥もすべて売り切れ。あ、焼きソバはあまりそうになったので最後は通常200円のところを100円に値下げして売っていたのは内緒だよ。

 それから多少の片づけをして解散したのが午後10時近く。帰宅後、私は缶ビールの他は焼きソバを少し口にしただけであったので大変なる空腹を覚えコンビニのスパゲティを食って腹を満たす。缶ビールをたらふく飲んでいたのでシャワーは浴びずそのまま就寝。

 ああ、やっと終わった。

|

« 7月29日(金) アダムとIF | トップページ | 7月31日(日) 「この子の『NANA2』のお祝いに」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月30日(土) 『NANA2』がくれば思い出す:

« 7月29日(金) アダムとIF | トップページ | 7月31日(日) 「この子の『NANA2』のお祝いに」 »