« 7月4日(月) 江戸東坡肉払い | トップページ | 7月6日(水) ホメオパシー飛び出す »

2011年7月 6日 (水)

7月5日(火) ビリーバー氏飛び出す

 ビリーバーの探偵が事件を解決していくアクションモノ。米国テレビ番組 「Xファイル」の元ネタ。「ウルトラQ ハイビジョンリマスター版 2020年の挑戦」をついに観賞することができた。私はこのエピソードが大好きだ。ケムール人の訳の分らなさ、いや、肉体が衰えたから地球人の若いを求めて誘拐して回るというのは分るのである。でもなぜ、パトカーと追いかけっこしなければならないのか、いくら拳銃で撃たれたからと言え巨大化して暴れまわらなければならないのか。そして極めつけは頭部の触手からちゅーちゅーほとばしる粘液だ。初放映時、世のオトーさん、オカーさんは何故か顔を赤らめたという噂があるほどだ(嘘)。ケムール人は警官隊に撃たれて興奮していたのか。あ、話がずれてしまった(笑)。とにかく私はこのケムール人の不気味悪さ、怯える江戸川ゆり子(桜井浩子)の可憐さ、なんとなくカッコいい宇田川刑事(柳谷寛)、軍人っぽい骨太の演技を見せてくれる天野二佐(小林昭二)など全ての面でこのエピソードが好きなのだ。

 だからDVDは繰り返し、繰り返し見たぞ。私は新しいAV機器を買った時にパフォーマンスチェック用のリファレンスディスクにしていたから尚更だ。少なく見積もっても軽く50回は見ているだろう。だから「2020年の挑戦 ハイビジョンリマスター版」の画質評価にこれほど相応しい人物もおらんのだ(笑)。

 冒頭、くるくる回るレーダー。DVDより細かいディテールが見て取れるようになっている。DVDの時はやや黒潰れがあり、ディテールが見えなくなってしまっていた。これを解消しようとしてガンマや明るさをいじると今度は黒が浮いてしまっていたのである。

 防空司令室の場面もDVDより奥行き感豊か。天野たちの肩章やベルトの艶の具合もよりきらびやかになっている。

 プール、山荘での誘拐場面ではそれほど画質の向上は感じられない。「消えたんだよ」と呻く男(石間健史)の顔面の汗がはっきり分るくらいか。

 ゴーカート・モデル消失事件。取材中に偶然目撃することになった江戸川ゆり子が関デスク(田嶋義文)に電話を掛けるのだが、この電話機の色艶、立体感が素晴らしい。そして電話を切った後にがちゃんがちゃんと出てくる十円玉。端のギザがはっきり見えたのに大感激(笑)。

 万城目淳(佐原健二)と天野がセスナで要撃機撃墜場所を調べる場面では二人の男の顔面が大アップになる。DVDでもそれなりに顔面のディテールは再現されていたのだが、ハイビジョンリマスター版はそれをさらに上回りぽつぽつ生えている髭の1本1本までを描写する。お陰でもうむさくるしいったらないのだ。

 そして宇田川刑事の登場。ぺらぺらで安っぽくて汗のしみがあちこちにある上着という松本清張的リアリズムがハイビジョンリマスターのおかげでさらに顕著になっております。

 江戸川ゆり子が電話ボックスで液体に襲われる場面。背後の噴水の濡れた感じが実に宜しい。背景の土手というか、斜面がここまではっきり見えたのは初めてだ。DVDではこれが暗闇の中に隠されてしまっていたから。そしていよいよケムール人の登場である。頭部のゴムゴムした感じはもちろんDVDの比ではない。ぎょろりぎょろりと動く目玉のメカニズムも手に取るようだ。

 江戸川ゆり子消失の後、神田川博士の研究室を訪れる戸川一平(西條康彦)と天野。複雑な機械装置がさらに複雑に見えてややこしい。Kミニオードを発見後、東京タワーに向かう二人だが、この時の車内の描写が実に精緻。あの車の天井はあんな模様だったのか。

  遊園地で目覚める江戸川ゆり子、突如電源が入り動き出す各アトラクションの電飾の美しさよ。このあたりはDVDよりぐっとコントラストが高くなっているようである。万城目がケムール人に変身。駆けつける警官隊。このパトカーの色艶の鮮やかさはどうだ。逆にあまりにキレイすぎて新車をパトカーのごとく塗装(一部はテープ張りのようである)したことが丸分りになってしまうのである。

 そしてケムール人巨大化。観覧車を持ち上げるが、この観覧車、電飾のための配線がよりくっきり見える。かなり太い電線で配線されていたのですなあ(笑)。

 KミニオードのXチャンネル光波を発射する東京タワー。機器類の金属感が凄い。溶解するケムール人。同時に白煙と共に現れる誘拐された人間たち。この場面、DVDでは猛烈なトーンジャンプとモザイクノイズが発生していたのだが、ハイビジョンリマスターではもちろんそんなことはなし。この場面だけでもハイビジョン化された意義があるというものだ。

 よせばいいのに液体に足をツッコンで消える宇田川刑事。この場面でうっすらと合成のラインが見えてしまっているのは修正なし。そのまんまである。

 音声はDVDに収録されていたものと思しき擬似ステレオ。ただ、リミックスしたのか今までは聞こえていなかった微小な音が前面に出てきているようだ。例えばゴーカートの場面で鳥の囀り、試写室での映写機の音等など、より鮮明に聞こえるようになっている。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのフィッシュバーガー、コーヒー牛乳。昼飯にマルタイの塩ラーメン。夕食はカツオ、イサキの刺身、ゴーヤと豆腐・豚肉の炒め物、カラスガレイ煮付け。ビール2缶飲んでゴハンを一膳。〆のコーヒーは如例。

 その後米国盤ブルーレイ 「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」、ハイビジョンリマスター「ウルトラQ 2020年の挑戦」を見たのである。

 その後シャワーを浴びて事務所へ戻り自炊作業。

 午前12時過ぎに帰宅しテレビをだらだら。就寝午前2時過ぎ。

|

« 7月4日(月) 江戸東坡肉払い | トップページ | 7月6日(水) ホメオパシー飛び出す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月5日(火) ビリーバー氏飛び出す:

» しみ、そばかす予防 顔のシミ取り情報 [しみ、そばかす予防 顔のシミ取り情報]
顔のシミについて解説されたサイトです。 [続きを読む]

受信: 2011年7月 6日 (水) 22時41分

« 7月4日(月) 江戸東坡肉払い | トップページ | 7月6日(水) ホメオパシー飛び出す »