« 8月18日(木) 「プラシーボ狂四郎」 | トップページ | 8月20日(土) 「ブルーバック・ジャック」 »

2011年8月20日 (土)

8月19日(金) ヤコペッティ暮らしに蛆がわく

 ヤコペッティ追悼駄洒落。前に一回やったような気がしないでもないが検索しても出てこないのでヨシとする。自炊について悪いニュースと良いニュース。良いニュースは壊れたと思っていたTranscendハードディスクが使えると分かったこと。ワンタッチの同期こそできないもののオートランを解消してパソコンから開くとちゃんとマスストレージと認識されるようになる。ここに他のHDDの自炊書籍データーをコピー、貼り付けしてやることができるのである。やや手順が煩雑だけれども、第3の外部HDDとして使えるのが分かったのは大きな収穫。これでバックアップデータがブルーレイディスクと合わせて4重になったわけで、さすがに突然のデータ消失で真っ青、わんわん泣き喚くという悲劇が起こる可能性は限りなく低くなったと言っても過言ではあるまい。

 悪いニュースは買ったばかりの裁断機 BOOK40の刃が欠けてしまったこと。でSFマガジン増刊「ペリーローダン読本」を一気に裁断したら、なんとこれがホッチキスで製本されていたのだ。刃を降ろした時にがぢりごぢりという異様な感触が手に伝わってきて直ぐに裁断を中止したのだが時既に遅し、後悔先にたたず、陰茎は朝にたたず、なんとホッチキスを噛み込んだ刃が欠けてしまったのだあ。この状態でも切れないことはないのだけれども、2箇所切断面がささくれだってしまう。これではスキャン時に引っかかってしまってページがぐちゃぐちゃという『スラッグス』の悲劇が繰り返されぬとも限らない。

 断腸の思いで替刃4,000円なりを注文する羽目になりました。ちなみに「ペリーローダン読本」はどうなったかというと、もう頭に来て捨てちゃいましたとさ(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯に長浜御殿でラーメン+替玉。あんまり美味しいラーメンではないのだけれども時々なんだか無性に食べたくなる。夕食は焼きナス、馬刺し、太刀魚刺身、秋刀魚塩焼きという「まあ、あれだ、ビールでもおやんなさい」メニュー。私ははいと素直に頷いてビール2缶飲んじゃいました。ゴハンはなし。〆のコーヒーは如例。

 その後レンタルブルーレイで『エンジェルウォーズ』を見る。三重の入れ子構造になったややこしい世界観、妙にムチエロなキャラクターたち、幻想世界でのファンタジックな闘争場面などスナイダー監督のあまり誉められたものではない趣味性爆発の、はっきり言ってしまえば見る人を選ぶ問題作である。事実、評価は芳しくないし、興行収入も振るわなかったけれども、いや、大丈夫、私は大喜びしたから(笑)。

 特に気に入ったのがナチスゾンビ軍団。死んだ兵士をからくり仕掛けと蒸気で復活させたというフツーのゾンビとは一味違うナイスな奴らだ。切られたり、銃で撃たれたりするたびに、傷口から蒸気を噴出すその律儀さがたまらない。また戦場の空を飛び交う複葉機、三葉機、阻塞気球が生み出す強烈なビジュアルショックはまさに異世界の光景に相応しくこれだけでも元をとったような気分にさせてくれる。

 可愛い可愛いジェナ・マローンが今作に限ってあまり可愛くなかったのが残念だが(笑)、監督のメッセージは十二分に受け取った。監督、低調だった興行収入にめげずこんな作品をまた作って下さい。お願いします。

 ハイビジョン画質は強烈なコントラストが印象的。戦場でも1人1人の兵士が背景に没入することのない解像度も魅力的だ。音声はDTS-HDマスターオーディオ。豊富な情報量、ぴしりと定位するBGM等々、こちらもなかなかの出来。唯一、音圧がやや低めだったのが残念。

 終了後、シャワーを浴びて事務所へ行き自炊作業。ここで前述の悲劇が発生したのである(笑)。すっかりふて腐れて自炊作業を中断。帰宅してチャンネルNECOHD録画の『泥だらけのいのち』を見る。山内賢の運命の変転ぶりが凄くてちょっと笑ってしまう。彼があの時あそこから白タクで客を乗せていなければチンピラに絡まれることもなく、結果的にヤクザになったりしなくってフツーの仕事をして幼馴染の和泉雅子と結婚し、つつましい家庭を築いたのではないかと思われるからである。それがああた、うっかりヤクザに関わったばかりに敵対する組のチンピラの頭をカチ割って姉さんの子供連れて逃避行なんて羽目になってしまうのだから、世の中分からないものだ(笑)。

 モノクロハイビジョン画質は秀麗の一言。コントラストも高く暗部の見え方にメリハリがあって大変に気持ちいい。

 その後だらだらとテレヴィ。午前2時過ぎにベッドに入るが30分ほどうつらうつらしたと思ったら目が覚めてしまう。その後再び眠りに入ることができず、起きてまたテレヴィ。「黄金伝説」のディズニーランド人気アトラクションベスト20などという今後の私に一パーセントも関わってこないような企画を30分ほど見たところでようやく眠気が差してきたので急いでベッドに戻る。今度はすんなりと眠りに入ることができた。時間は午前3時過ぎであった。

|

« 8月18日(木) 「プラシーボ狂四郎」 | トップページ | 8月20日(土) 「ブルーバック・ジャック」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8月19日(金) ヤコペッティ暮らしに蛆がわく:

« 8月18日(木) 「プラシーボ狂四郎」 | トップページ | 8月20日(土) 「ブルーバック・ジャック」 »