« 8月8日(月) よろめきアニメーション学院 | トップページ | 8月10日(水) 「奥多摩は魔女」 »

2011年8月11日 (木)

8月9日(火) 「ジョキリのハウスマヌカン」

 元ネタが分からない人はグーグルで検索でもしてみてください。パナソニックよりブルーレイレコーダー 2011年秋モデルが発表された。<http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20110809_466342.htmlより引用開始>パナソニック、Blu-ray Discレコーダ「ブルーレイDIGA」のプレミアムモデル2機種を9月15日より発売する。 シャーシにこだわり、高音質、高画質設計を行なった点が特徴で、最上位モデルの「DMR-BZT9000」は、高剛性&低重心筐体を採用し、不要な振動を大幅に低減。DMR-BZT910は回路技術を中心に高画質、高音質を追求したモデルとなる。店頭予想価格はBZT9000が37万円前後、BZT910が21万円前後。

 (中略)

 「高忠実再生」を基本コンセプトとして、「Blu-rayの高画質、高音質を追求した」というBDレコーダのプレミアムモデル。Blu-ray 3DやBDビデオ、音楽CD、録画番組など、さまざまなソースにあわせて高画質/音質再生機能を盛り込んだ。 最上位モデルのBZT9000は、新開発の「高剛性&低重心筐体」を採用し、不要な振動を大幅に低減。3層ベースシャーシにより、重量バランスを大幅に低重心化し、振動の低減と安定化を実現した。さらに、3.5mm厚のアルミ押し出し材によるトップパネルと、サイドパネルにより本体の剛性を向上。深みあるステンカラー仕上げのアルミ無垢材によるトップパネルなど、プレミアムらしい存在感にこだわった。 ドライブ部の振動を抑制する新開発高剛性ドライブシェルターもBZT9000のみ採用。インシュレータはABS樹脂を組み合わせた新セラミックインシュレーター。BZT910のインシュレータは樹脂製。電源ケーブルもBZT9000が10mm径のOFC、BZT910が7mm径のOFCとなっており、いずれも3芯タイプの電源インレットを採用する。<引用終了>

 USBHDD録画対応(外部HDDからBD-R、REに直接録画が可能というのが凄い)、さらに徹底化されたクラリティサウンド、高画質化機能、大容量HDDなどもうこれ以上のものは望みませんというくらいのレベルでありますな(笑)。また個人的に感動したのが3芯タイプ電源インレットの採用。これでついにパナソニックのブルーレイレコーダーにも眼鏡アダプターを使うことなく高級電源ケーブルを使えるようになったのだ。

 でも、ネックになるのはやっぱり価格。店頭予想価格が37万円前後ってマジか。私のリファレンス デノン DVD-A1UDの実売価格とほぼ同じではないか。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯はT子のリクエストで一蘭のラーメン。T子、前回の訪問でよほどこの店が気に入ったらしい。いつもはラーメン一杯食べるのが精一杯の彼女が替玉までしていた。夕食はこれまたT子のリクエストで焼肉。母親が張り切っていつもよりやや高級な肉を買ってきていたので、私にはあまり食べられず。いやあ、この年になるとやっぱり脂(サシ)が体に応えるのです。ビール2缶飲んでゴハンを一膳。〆のコーヒーは如例。

 その後はT子とのシアタータイム。「プライミーバル 第一シーズン」を大画面で延々見る。午前12時過ぎまで掛かって5本も見たぞ。もう私とT子の頭の中は「プライミーバル」で一杯だ!
 
 終了後、T子を母親の部屋まで送っていき、私はだらだらとTV。就寝午前2時過ぎ。

|

« 8月8日(月) よろめきアニメーション学院 | トップページ | 8月10日(水) 「奥多摩は魔女」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8月9日(火) 「ジョキリのハウスマヌカン」:

« 8月8日(月) よろめきアニメーション学院 | トップページ | 8月10日(水) 「奥多摩は魔女」 »