« 9月18日(日) 『地球はためつすがめつする!』 | トップページ | 9月20日(火) 「渡る世間にオナニーばかり」 »

2011年9月20日 (火)

9月19日(月) 「名探偵狐狸庵」

 遠藤周作の未発表ミステリの原稿が発見されました!他に「名探偵コリアン」というのも考えたけど、また「と学会のイデオロギーが」とか言われるとイヤなのでパスします。ブルーレイプレーヤー DVD-A1UDのファームウェアアップデートを実施。例によってひーひー言いながら屋根裏物置から梱包を取り出し、ひーひー言いながらDVD-A1UDを梱包し、ひーひー言いながら階下へ抱え降ろす。ひーひー言いながら車に積み込んで事務所へ行き、ひーひー言いながら運び込む。ひーひー言いながら梱包からプレーヤーを取り出しLANケーブルを接続してアップデート。終了後、またひーひー言いながら・・・、もうそれはいいから(笑)。

 とにかく苦労してなんとか終わらせたと、まあ、そういうことであります。

 かえすがえすもニフティにWi-Fiを申し込むときに機材選定を誤ったのが悔やまれる。LANケーブルを接続できるやつにしておけばプレーヤーをいちいち持ち出すことなくファームアップできていたのに。じゃあ、今から買い換えればいいやんですと?今からその機材を頼もうとすれば18,000円も掛かってしまうのだ。年に一度、二度使うくらいでそんな高いもん買えるか、うわーん。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯にレトルトカレーのルーだけ。夕食にセイゴ、平目の刺身、豚冷しゃぶ、生野菜たっぷり、オクラと納豆の味噌汁。ビール一缶飲んでゴハンを一膳。なお、味噌汁は具と味噌が別になったタイプのインスタント味噌汁を使用。どうした訳か味噌パートだけが二袋残っていたので、たまたま食卓にあったオクラと納豆の和え物をぶち込んだのである。〆のコーヒーは如例。

 その後昨日の続きでブルーレイソフト 『SW エピソード2』の続き。昼間行ったファームウェアアップグレードのお陰で30分おきに画像が乱れるという症状は出なくなりました。めでたし、めでたし。終了後、今度は『エピソード1』をアミダラが「ナブーに戻ります」というのはいいけど、なんでアナキンまで行くんだ、の場面まで。さすがに評判の悪かったDVD、ハイビジョン放送版と比べたら隔絶の出来と言えよう。やたらに解像度が高くて画面の情報量が三割まし(当社費)、スキントーンの表現も非常に精緻で人間らしい潤いが感じられる。

 ただ、『エピソード2』ほどの安定度は望めなかったようでダース・シディアスとダース・モールが悪巧みを巡らせるコルサントの夜景、ポッドレーサーが洞窟に飛び込んで一瞬にして暗くなる場面等々で暗部が不自然に浮いてしまうことがあった。

 また、DVD、ハイビジョン放送版でぺったりしていたナブーに通商連合の上陸用艦艇が舞い降りて来る場面はブルーレイでもやっぱりぺったりしていましたな(笑)。

 DTS-HDマスターオーディオの出来は上々。セブルバのポッドレーサーのエンジン音、おんおんどんどんぽんぽんがようやくTHX認定シアターなみの存在感を発揮してくれた。

 終了後、シャワーを浴びて自炊作業。午後11時半に戻ってきてチャンネルNECOHD録画の『爆破3秒前』を見る。大藪春彦先生の『破壊司令NO1』が原作とは信じられぬほど、もっちゃりして湿った映画になっている(笑)。小林旭は大藪ヒーローを演じるにはちょっと野暮ったく、いや、大藪ヒーローも時代なりに野暮ったいのですが、そこは活字と映像の違いということで、また高橋秀樹とのダブルヒーローになっているのもちょっと納得が行かなかった。基本的に大藪ヒーローは唯我独尊ですからな、その傾向が一段と強い矢吹ものでこんなことをやられると違和感を禁じえないのであります。

 唯一、女性に対する酷い扱い(笑)に大藪らしさを留めていたのが救いか。

 終了後、だらだらとテレヴィを見る。就寝午前2時半過ぎ。雨音が気になりなかなか寝付かれなかった。

|

« 9月18日(日) 『地球はためつすがめつする!』 | トップページ | 9月20日(火) 「渡る世間にオナニーばかり」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月19日(月) 「名探偵狐狸庵」:

« 9月18日(日) 『地球はためつすがめつする!』 | トップページ | 9月20日(火) 「渡る世間にオナニーばかり」 »