« 10月6日(木) 「飲尿姫」 | トップページ | 10月8日(土) 「飲尿のおまわりさん」 »

2011年10月 8日 (土)

10月7日(金) 「飲尿つかい」

 あああ、ハ、ハインラインさん、すみません、本当にすいません。7日午後7時を持ってWOWOWのウォーターマークが白一色になったぞ。バンザイ!あの10・0・1 以来、毎朝、あの忌々しいウォーターマークが消えているのではないかと期待してWOWOWを見ては「わあ、まだ消えてない」と嘆いていたのだが、その不満が一部解消されることになったのである。

 これでマークをもう少し小さくしてですな、日本映画専門チャンネルのように右下に持ってきてくれたら何も文句はないのですが。WOWOWさん、もう一頑張りしてみませんか。あ、あと、画質の方も忘れないで下さいよ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯に冷凍うどんを使った月見うどん。夕食は鰤の刺身と酢豚。まあ、酢豚という料理に名を借りた冷蔵庫の中のもの一掃メニューなのだが。だから、豚肉なんて入ってないぞ。代わりに肉団子だぞ、あまりもの使っているから肉団子の大きさも2種類だぞ、椎茸なんかもやたらに入っているぞ(笑)。

 ビール一缶飲んで明太子でゴハンを一膳。〆のコーヒーは如例。

 その後レンタルブルーレイで『スカイライン 征服』を見る。映像・音響はもう申し分のない出来だったのだけれども、肝心のストーリーがおへちゃだったという(笑)。あの高層マンションの部屋に留まり続ける理由が今ひとつ曖昧で、いくらブラインドを下ろしているとはいえ異星人の人類捕獲プローブが窓の外をぶんぶん飛び回っているのに暢気にグースカ寝たり、望遠鏡を覗いたりしているのが凄くお間抜け。

 敵母艦とアメリカ空軍の戦いはなるほど大迫力であったけれども、その後がまたいかん。なんだ、あの「もうわし、知らん、どうなってもかまわんの」みたいな放り投げたラストは。私はレンタルブルーレイで見たから良かったけれども、これ劇場で1,800円出してみていたら激怒していたよ。

 ハイビジョン画質は冒頭の夜景に黒浮きがあったけれども、その後は全編を通して非常なる高画質。解像度の高さが飛びぬけておりLAを俯瞰した映像でもその立体感が失われないのである。抜けのよい高コントラストもいささかビデオ的ではあるけれども、私の好みにぴったり。

 音声はDTS-HDマスターオーディオ。みっちりとした重低音、音の定位の良さ、サラウンドチャンネルの動きの正確さなど、どれをとっても一級品。やっぱりブルーレイは違いますなあ。
 
 シャワーを浴びて漫画単行本の裁断作業。

 その後、今までちびちび見ていたWOWOWハイビジョン録画の『抵抗 死刑囚の手記より』を見る。世界一地味な脱走劇ではあるまいか(笑)。スプーンで扉の板の隙間をがりがり削って取り外そうとする。途中、スプーンが折れてしまい、あっと蒼ざめたりする。勢い余って他の板まで剥がしてしまい、必死に元の場所にはめ込もうとしたりもする。

 私には刑務所そのものがナチスによる強圧的な政治体制の暗喩であり、苦難に満ちた刑務所からの脱走はナチス支配からの脱出を意味していると思われたのだが、みなさん、どう思いますか(笑)。

 モノクロハイビジョン画質は安定しない箇所があったけれども総じて黒の諧調が豊富であり、立体感のある映像を楽しませてくれる。

 終了後、だらだらテレヴィ。就寝午前2時

|

« 10月6日(木) 「飲尿姫」 | トップページ | 10月8日(土) 「飲尿のおまわりさん」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月7日(金) 「飲尿つかい」:

« 10月6日(木) 「飲尿姫」 | トップページ | 10月8日(土) 「飲尿のおまわりさん」 »