«  11月12日(土) 「ノムヒョン月へ行く」 | トップページ | 11月14日(月) アンゴルモアコレステロール »

2011年11月14日 (月)

11月13日(日) ブータンの寅

 と、寅さんがブータン王国に行っちゃったんだって? ついに最後の文庫本(小説)を自炊してしまった。これで私の部屋から文庫本が消えうせたのだ。ベルリンの壁が崩れても、北朝鮮がこの世界から消滅することになっても私の部屋から文庫本がなくなることなどあり得ないと思っていたのだが(笑)、それが現実になったのである。まるで夢のようだ。ひょっとしたら今、この瞬間にもぱっと目が覚めて、今まで自炊した本が全部、元に戻っているなんてこともあるのではないか(ねえよ!)。

 「11/22/63」 ジェイクはアルの申し出を熟慮。彼はあのかわいそうな頭の弱い用務員のことを思い出す。彼の家族は別居中だった酒乱の父親からハンマーで皆殺しにされていたのだ(わああ)。彼自身も父親に追いかけられベッドの下に逃げ込んだものの引きずりだされ滅多打ちにされる。近所の人が助けてくれなかったら彼もまた殴り殺されていただろう。だが、彼は命を取り留めたものの、足に酷い障害を負ってしまったのである。

 ジェイクはそのことを書いた作文にA+をつけたのだ。。

 その事件は1958年のハロウィーンの日に起こった。ならば時間旅行すれば彼と家族を父親から救えるかも知れない!ジェイクはついに決意する。

 彼はダイナーからアルに見送られて出発。1958年にたどり着く。彼はまた例の店へ行ってルート・ビアを注文。歴史がリセットされたので店の主人も、その息子も彼のことを覚えていない(げんみつに言えばあったことがない)。彼は次に銀行の口座を開き、いろいろ買い物。1958年に相応しい洋服・スーツケースなどを買い込んだのである。

 彼は町外れのモーテルに宿泊。今回の時間旅行ではうっかり現代の小銭、携帯電話を持ってきてしまっていた。これを誰かに見られると不味いことになる。ジェイクは夜中にモーテルを抜け出し封筒に入れた携帯と小銭を池の中へ投げ込むのだった。

 翌日、彼は目をつけていた中古車を購入。結構、ご機嫌である(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。午後2時過ぎに末弟家族がやってくる。甥のK太郎とちょっと遊んだが、なかなかに生意気なり、T子、Y乃とは違ってやっぱり男の子だなあと思う。食ったもの、昼飯に冷凍うどんの釜玉。レンジで4分あっためたやつを丼に盛り生卵をかけてぐるぐるかき回しめんつゆをぶっ掛けて食うというスタイルだ。大変に美味いのだが、すぐ食い終わってしまうのが玉に傷。

 夕食は近くの中華料理屋から取った鶏から揚げと餃子、生野菜たっぷり。餃子が美味かったので追加、追加して結局165個食べてしまった。父親から「中華料理屋がこのペースで注文してくれたら2年で倉がたつと喜んでいたぞ」と笑われたほどであった。ビール2缶飲んで〆のコーヒーは如例。

 その後、前述の「11/22/63」をがしがし読んだのだ。

 午後10時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供はプロジェクターで見るブルーレイの『三大怪獣地球最大の決戦』 ラスト近くの野山の風景がなんともいえぬほど美しい。こんな昔の映画でこれほどまでに瑞々しい発色を見せてくれるのだからたいしたものではありませんか。

 若林映子の黒いドレス姿、潤んだ目の描写も完璧。またまたこの作品にほれ込んでしまったなあ。

 就寝午前1時過ぎ。

|

«  11月12日(土) 「ノムヒョン月へ行く」 | トップページ | 11月14日(月) アンゴルモアコレステロール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月13日(日) ブータンの寅:

«  11月12日(土) 「ノムヒョン月へ行く」 | トップページ | 11月14日(月) アンゴルモアコレステロール »