« 11月16日(水) ジブチ落ち | トップページ | 11月18日(金) 一本でも妊娠 »

2011年11月18日 (金)

11月17日(木) 『ロト・コップ』

 オムニ社もすっかり落ちぶれて新ロボコップの制作費にロトくじの賞金を当てにするようになっちゃって・・・という昨今の不況を憂えた駄洒落である(ウソ)。「11/22/63」 ジェイクはアルのダイナーへと帰還。いろいろ聞いてくるアルに「死ぬほど疲れているんだ、今晩は休ませてくれ。詳しいことは明日話すから」ということで一端帰宅。ベッドに倒れこみ泥のような眠りを貪るのだった。

 翌朝、目覚めたジェイクはさっそくにパソコンを使って調べ物。過去の新聞を調べてリスボンフォールでは自分の不可解な失踪が事件になっていることを知ってにやり。またデリーの新聞を調べてみると果たしてあの事件のことが載っていた。しかし、その記事は事実とは違ってタルコットがヘンリーたちを助けたことになっている。ジェイクはハリーの家族が自分のことを隠しておいてくれたのだと考える。なお、タルコットは酒乱パパを殺して後すぐに心臓発作で死亡。

 ついでジェイクはヘンリーやその兄妹たちの消息を調べ始めた。妹のエリーだけ電話番号をが判明したのでよせばいいのに掛けてみると彼女自身が電話に出た。そしてヘンリーはベトナム戦争のテト攻勢の折に戦死したのだと告げる。ショックを受けるジェイク。その彼の様子にエリーははっと気づいて、「あ、あなた、ヘンリーの言っていた守護天使ね。あたしもあなたの姿を見た。あなたが私たちを救ってくれた。でももしあなたがヘンリーの守護天使ならテト攻勢の時にどこにいたの。なぜ、ヘンリーを死なせたの」

 ジェイク、何も言えずがちゃんと電話を切る。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー牛乳。昼飯は冷蔵庫にあったうどん1玉、油揚げを使ってきつねうどんを作った。油揚げなんだからきつねうどんなのは当たり前だ。これで天ぷらうどんが出来たら私は驚くなどと訳の分らないことを呟きながら食べる。美味であった。

 夕食は母親が出かけていたので自由飯。帰宅が遅くなったので用意するのがおっくうになり、膳でラーメン+替玉で済ませてしまった。さすがに外食なので替玉10玉一度に持ってこんかーい!などというムチャはできなかった。ビールもなし。帰宅して〆のコーヒーは如例。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『スナイパー』を見る。ピアーズ・ブロスナンの不道徳酔っ払い助兵衛探偵(昭和初期に日本にハードボイルド小説が紹介された時、ハードボイルド探偵がこのように呼ばれた・・・ウソだけどね)ならぬ不道徳酔っ払い助兵衛暗殺者とごくフツーの会社員、グレッグ・ギニアの奇妙な友情を描く物語。

 暗殺者という特殊な職業ゆえ、根無し草のような人間であるピアーズ・ブロスナンは酷く現実味の薄いウソ・虚構で塗り固められている。これがグレッグ・ギニアとある種の友情を育むことになってしだいにそれが剥がれ真実の姿が見えてくるという話の組み立てがなんとも巧妙で、終了後には感動すら覚えてしまったほどである。

 暗殺者の話なのに、アクションらしいアクションはなし。任務に失敗したブロスナンもそのボスもなぜか暢気で緊迫感もあまりなし。それでいて中盤を過ぎるころになると画面から一瞬たりとも目が離せなくなるのがフシギである。

 ハイビジョン画質はここさいきんでも一番の出来。あまり解像度を欲張ってはいないのだが、非常な立体感と奥行き感があり実に魅力的な映像を見せてくれる。音声はステレオ。いやいや、これが飛行機の通過音や環境音の再現では5.1チャンネルにも匹敵したと言っても過言ではない。擬似サラウンドの精度も知らぬうちにとんでもない高みに達していたようだ。

 終了後、今までちびちび見ていたWOWOW録画の『疑惑の渦巻き』を最後まで。盗癖という隙をつかれて、怪しい催眠術師にうまうまと取り込まれていく様が圧巻であり、いやあ、さすがに評価の高いフィルムノワールだけのことはある・・・と思ったのだが、後半で大崩れ。緊張感に満ちた前半が信じられないほどのトンデモ映画になってしまう(大笑い)。

 ある婦人の殺人事件に関与が疑われている催眠術師、しかし彼には確固たるアリバイがあった。殺人の当夜、彼はある手術を受けて病院のベッドに寝ていたというのである。手術は大変に深刻なものであり術後、患者がすぐに動けることなどありえないのだ。これは鉄壁のアリバイだ、これをどうやって崩すのかとワクワクしたのでありますが、それがなんと、「自分に自己催眠を掛けて本当はものすごーく痛いのに、痛くないと思い込む」だったという・・・。

 な、なんじゃ、そら。手鏡を見つめながら「痛いの痛いの飛んでいけ!」とぶつぶつ呟く催眠術師に大笑いしてしまったではないか。

 あの殺された夫人の医療記録であるレコード(録音)の扱いもヘン。せっかくヒロインを催眠術で操ってせっかくレコードを持ち出したというのになぜ、それを殺された夫人の家に隠さなければならんのだ。そんなもん、車からぽいとさせてしまえば良かろうに。

 モノクロ画像は今ひとつ。暗部が安定せずノイズが非常に多い。明滅こそないもののこれでは映画が台無しだ。

 シャワーを浴びて自炊。「11/22/63」読み。

 その後はだらだらとテレヴィ。就寝午前2時過ぎ。

|

« 11月16日(水) ジブチ落ち | トップページ | 11月18日(金) 一本でも妊娠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月17日(木) 『ロト・コップ』:

« 11月16日(水) ジブチ落ち | トップページ | 11月18日(金) 一本でも妊娠 »