« 11月26日(土) 金嬉老感謝の日 | トップページ | 11月28日(月) 「おべんちゃらの怪人」 »

2011年11月28日 (月)

11月27日(金) カジモドの馬鹿力

 オペラ座炎上!自炊代行業もかなり追い込まれている様子である。2ちゃんねるのスキャンサービススレッドでも話題になっている某社など受け付けるだけ受け付けてそのままオフィスにダンボール箱が山積みになっているという状況であるらしい。

 (http://8202.teacup.com/pokebooks/bbs) これはかなり衝撃的な光景だ(笑)。以前、閉店間際のクリーニング屋で店主が店を開けっ放しにしてカウンターの上にクリーニング済みの洗濯物を並べ「自由にお引取りください」という張り紙をして外出していたのに呆れたことがあるが、これはそのさらに上を行く。

 やっぱりこんな業者に頼まないで自分でやるのが正解だなあ。金銭的なダメージはそうでもないけれども、簡単に手に入らないような本・雑誌を持っていかれたらたまらんからなあ。いや、私自身もフラットベッドスキャナーを買うならその分高くても高品質でやってくれるような代行業者に頼んだ方がいいのではないかと考えないでもなかったけれども、こんな映像をみるととてもじゃないがそんな気にはなれん。

 「11/22/63」 結局、この件がきっかけとなってよりを戻すジェイクとサディ。この時サディが真剣な顔で「ねえ、この質問だけには答えてくれる?」 ジェイクはてっきり「あなたは未来から来たの」と聞かれると思ったのだが、サディの質問は「あなた、地球人よね」 思わず笑ってしまいました。このあたり、確実に『地球の静止する日』の影響ですな。間違っても1959年の『宇宙から来たティーンエージャー』じゃないと思います。

 オズワルドはダラスに引っ越す。一応、マリーナと同居したのだが、やっぱり彼女をぼかすかに殴る。その様子を観察していたジェイク、近所のおばさんから「あんた、じっと見とる場合やなかたい、行って止めんね」と怒られたりする(笑)。介入してしまうと歴史を変えてしまいかねないのでもごもご言うジェイクにおばさんは「この臆病もんが!」

 ロシア人コミュニティが介入してマリーナとオズワルドは一時的に別居することになった。

 まあ、すぐもとの鞘の納まってしまうのですが(笑)。そしてマリーナは二人目の子供を妊娠。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯は時間がなかったのでカップヌードルのシーフードで済ます。いまひとつ好きになれないシーフード味だが、お湯を入れるまえにめんつゆをちょろっと入れるとだいぶましになるようだ。

 夕食はカラスガレイの煮付け、白菜と丸天の煮物、鯔刺身、出来合いの鶏塩焼き。ビール2缶飲んでカレイを20尾、白菜丸ごと一個分、丸天23枚、鯔48パックを平らげる。仕上げに明太子四腹を消費して丼飯7杯食べた。〆のコーヒーは如例。

 その後、「11/22/63」を1時間ほど読む。64パーセントまで読了。

 シャワーを浴びてプロジェクターを起動させ同人誌原稿のために「総天然色 ウルトラQ ブルーレイ」を5話分一気に見る。

 「クモ男爵」

 クモ男爵の屋敷内の小物がカラライズによって印象的になった。鈍い金色に輝く蜀台、かび臭い紙の臭いが漂ってきそうなほどの古びた本、実に良いムードである。霧の描写も的確でありカラライズによる破綻はまったく見られない。
 なお、WOWOW放送版と同じくスタッフの手は修正されている。

 「バルンガ」

 冒頭の宇宙船セットで銀色に塗られた窓枠がリアル、リアル。実にセットぽい(笑)。バルンガの曖昧な体色も良く表現され、モノクロ版では今ひとつぴんとこなかった「風船が!」の台詞に説得力を与えている。街中の風景が非常にリアル。このカラライズ方式は野山より都会の方が似合う?

 強風に翻弄される木々の葉の映像にまったく破綻がないのはブルーレイならでは。WOWOW放送版ではどうしてもモザイクノイズが発生してしまいましたからな。

 「鳥を見た」

 陰鬱な動物園から一転して明るい漁村に切り替わる場面は間違いなくカラライズの最大の見せ所であろう。明るい空、海の抜けるような青、この美しい風景が元はモノクロ映像であったなどと信じられないくらいである。まあ、そのおかげで
ラルゲユウスがより文鳥っぽくなったというか、文鳥そのものにしか見えなかったりする訳ですが(笑)。

 それに紐をつけられた文鳥を海の上でばしゃばしゃさせる場面はリアルになっただけ痛々しさが増してちょっと見るのがつらかったです。

 印象的なエンディングクレジットはカラライズによって合成のあらが目だってしまっている。これはオリジナルモノクロの方が良かったと思う。

 「
育てよ! カメ」

 割と近代的な小学校が見事に再現されている。周囲の風景も違和感がなく、まるで古い日活映画などを見ているようである。

 「五郎とゴロー」

 やはり野山の緑が不自然。些細なことではあるけれどもゴローが飲む牛乳がちゃんと“白い”のには妙に感動させられた(笑)。

 その後はお酒。へろへろ酔って就寝午前1時過ぎ。

|

« 11月26日(土) 金嬉老感謝の日 | トップページ | 11月28日(月) 「おべんちゃらの怪人」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月27日(金) カジモドの馬鹿力:

« 11月26日(土) 金嬉老感謝の日 | トップページ | 11月28日(月) 「おべんちゃらの怪人」 »