« 11月27日(金) カジモドの馬鹿力 | トップページ | 11月29日(火) いしい被災地 »

2011年11月29日 (火)

11月28日(月) 「おべんちゃらの怪人」

 クリスティーヌさん、あなたは実に良い声をしておられますなあ、まるで心が洗われるようです。 「11/22/63」 70パーセントまで読了。この分だと東京旅行の前に80パーセントくらいまで読んでしまうだろう。そうなると残りの20パーセントで3日間の東京旅行全てを賄うことがむつかしくなってしまう。飛行機の中でうっかり読了してしまい「ああっ、もう読む本がない」という悲劇に襲われかねない(大げさな)。

 ということでクーンツの新作 「What the Night Knows」を購入することにした。Kindleにいれておけば「11/22/63」を読み終えたとしても大丈夫。ぬふふと笑ってメニューから「What the Night Knows」を選択し、そのままがしがしと読んでいけばいいのだ。

 あー、私はこの時代に生まれてつくづく良かったと今さらながらに思います。

 その
「11/22/63」 オズワルドはいよいよウォーカー元将軍の暗殺に向けて動き出す。彼は元将軍の自宅周辺を下見に出かける。ジェイクはその後をつけてオズワルドが教会の行事予定をメモしたのを目撃。彼はこの教会のミサ帰りの信者達に紛れて逃げようと計画しているのである。

 そして暗殺決行の日 4月10日がやってきた。ジェイクは準備万端整えて出発しようとしている。後はオズワルドの後をつけて彼がウォーカー将軍未遂の単独犯であることを確認するだけだ。と、その時ドアがノックされた。そして彼を訪ねてきたのはなんと赤ん坊を抱いたオズワルドの妻、マリーナだったのである。

 驚くジェイク。過去がまた彼の試みを妨害しようとしているのか。しかし、マリーナは家を飛び出していったオズワルドの行方を捜しているだけであった。ほっと安心するジェイクであるが、泣きながら帰っていくマリーナに憐憫の情を覚えずにはいられなかった。

 さあ、今度こそ出発だ。しかし、今度は電話がりーん。舌打ちしながら電話を取ったジェイクの耳に飛び込んできたのは聞きなれない男の声だ。彼は言う。「ここにあんたと話したがっている誰かさんがいるよ」「ひいいい」 サディか。

 彼はサディの元夫、クレイトンだ。彼が銃とナイフを持って仕事から帰ってきたサディを待ち伏せしたのだ。「オルのらいまおう」が降臨したのである。彼はナイフでサディの横顔をさくーっ!(わあああ)ジェイクが聞いた悲鳴はこれだったのだ。

 (オルのらいまおう」については「ペット・セマタリー」参照のこと)

 クレイトンはサディのアドレス帳を見てジェイクの電話番号を知ったのである。この時クレイトンの台詞に思わず大笑い。「おれはお前のチンコボーイ(CookBoy)の電話番号を探した。チンコボーイだから最初にCから探したけど見つからなかった」 当たり前である。

 クレイトンはジェイクに「直ぐ来い、警察に知らせたりするな、そんなことをしたらサディを殺して俺も自殺するからな」 ジェイクは車を飛ばしてジョディへ急行。途中、ガソリンスタンドの電話でディックに応援を要請。2人は二手に別れてサディの自宅へ突入。クレイトンから拳銃を奪うことに成功する。絶望したクレイトンはナイフで自分の喉をさくーっ。自殺してしまった。

 サディの命に別状はなかったが、彼女の顔の傷は予想以上に深刻だった。「口腔に達するほど深く切られて表情筋、神経が切断されています。傷跡が残るどころか顔面の半分が麻痺してしまい切られた側の目はだらんと下がってしまうでしょう。今の形成技術ではどうにもなりません」 マイクのガールフレンドの傷を治した形成外科医もさじを投げてしまう。

 すると時穴を使って彼女を現代に連れていき進歩した形成手術を受けさせるというような展開が待っているのでしょうか(笑)。

 ジェイクは「もう私の顔はずたずたよ、フランケンシュタインの花嫁だって今の私に比べたらエリザベス・テーラーだわ」と泣くサディを懸命に慰めようとする。「僕は君を変わらず愛している。たとえどんな姿になっても。ほら、日本語の諺にこんなのがあるじゃないか。“蓼食う虫も好き好き”って」 馬鹿野朗、それを言うなら“あばたもえくぼ”だ(大笑い)。

 (実際の文章は“愛するものには恋人の天然痘のあばたもえくぼに見える”  当たり前の話だが蓼食う虫も好き好き云々は私の創作である)

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、麺篤屋でラーメン+替玉。あれ、今日はスープがいまいちだなあ、先日食べた時はもっとがっと旨みが押し寄せてくるような豚骨力を感じたのだがなあ。夕食は鰤の刺身、胡瓜とハム、春雨の酢の物、サーモンソテー、生野菜。ビール2缶飲む。今日はおかずが少なかったのでコメの飯で腹を膨らませることに専念する。台所中のゴハンの友、ふりかけ、味付け海苔、明太子、生卵等々を全て使って丼飯を12杯平らげた。余は満足である。〆のコーヒーは如例。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『黒く濁った村』を途中まで。何しろ2時間45分の長尺ですからな、1時間45分ほどみて後は明日のお楽しみにしましたとも。

 シャワーを浴びて前述の
「11/22/63」をがんがん読んだのだ。

 終業後、テレビをだらだら。鼻づまりが解消するのを待っていたのでベッドに入ったのは午前2時半過ぎになってしまった。

|

« 11月27日(金) カジモドの馬鹿力 | トップページ | 11月29日(火) いしい被災地 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月28日(月) 「おべんちゃらの怪人」:

« 11月27日(金) カジモドの馬鹿力 | トップページ | 11月29日(火) いしい被災地 »