« 11月4日(金) 「オブザーバーは魔女」 | トップページ | 11月6日(日) 茶室さされつ »

2011年11月 6日 (日)

11月5日(土) 『私は改になりたい』

 と紫電が。自分でもちょっと良くなくね?と思う駄洒落。「フルダーク、ノースターズ」のペーパーバック版ボーナス短編「Under the Weather」読了。広告代理店勤めの旦那さんがベッドでぴくりとも動かない病気の奥さんのためにコーヒー沸かして犬を散歩させて出社。マンションの同じ階の住人からは近頃、「臭くね?」という苦情が出ている。このシチュエーションから想像されたとおりのお話でした(笑)。

 さあ、次はいよいよキングの最新長編「11/22/63」だ。発売日の11月8日が待ち遠しいぞ。

 「円生古典落語」、興津要編の「古典落語 上・下」等落語関連の文庫本を自炊中。「円生古典落語」はLAの紀伊国屋書店で買った奴だから(また、ややこしいところでややこしいものを買ったものである)もう25年前か。当然のことながら酷く古びている。スキャンスナップS1500はこうした古い文庫本にことのほか弱く(笑)重送が頻発するのである。これからスキャンしようとする40枚ほどをぐりぐり捻ったり軽く折ったりして皺をつけるという対策があるものの、これとて重送を軽減するに留まり皆無というわけにはいかない。たった四冊ばかり自炊するのに一時間半近く掛かってしまった。

 もうリアルの文庫本が残数僅かという状況だから我慢できるけど、これで後1,000冊ぐらいあったら発狂していましたな。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯にゆきみ家の味噌ラーメン+小ゴハン。カレーラーメンはまだでした。午後1時からちょっと仕事を抜けてバスで博多駅へ。本日は博多バスターミナル 会議場で行われるJVC(ビクター)の新プロジェクター DLA-X70RとDLA-X30の視聴会に参加するのである。

 九州Audio&VisualメーリングリストからはH氏とK氏が参加されていた。

 視聴会は目玉のE-SHIFT技術の詳細なる説明から開始。従来の2Kパネルで4Kに対応する技術に私などは感心しきり。理屈は良く分らなかったけれども(笑)。それからいよいよ実際の映像の投影である。これまでの視聴会と同じく120インチのスクリーンを並べてX7とX70Rの映像を比較して見せてくれるのだ。

 まずは様々な高画質素材を扱ったデモンストレーション映像。と思いきや、筆と赤いガラス瓶の場面で映像がフリーズ。なんと、
E-SHIFT技術を使って解像度を倍化させたことによるジャギーの少なさ、画素の細かさをスクリーンの直ぐ前で参加者自身の目で確かめて貰おうというのである。

 JVC技術陣の自信のほどを窺わせる思い切ったデモだ。

 私もスクリーンの前でX7、X70Rの映像を目を凝らして見てみたが、なるほど、これは確かに違う。X70Rの画素は非常に小さくて白ピークの箇所などで僅かに分るくらい。ジャギーは皆無とはいえないものの、X7と比較するとそのスムースネスの違いは明らかである。
またこの距離から見ても失われない絵筆の繊細さにも驚かされた。

 驚愕のデモが終わって今度はブルーレイソフトを使った様々な映画を見せてくれる。こうした実際の映像でも先ほどの高解像度は大変な効果を上げている。石壁の繊細な表現、非常に自然な画面の奥行き感、微細な肌の情報等X7とは大違いだ。諧調の表現もよりなだらかになり、アナログ的な旨みすら感じられる。

 こ、これは昨年X7を買った人は涙目になっちまうぞ(笑)。

 続いてX30のデモ。これもX3と同時に投影し両者の映像を比較できるようになっている。その違いは明らか・・・なのだが、これが困ったことに明るさだけなのだ(明らかなだけにってか)。ライブ映像や3Dでは非常に効果的であるものの、『オペラ座の怪人』などの映画では逆にX3の映像が好ましかったりしたくらい。

 私がX3ユーザーとか、まだローンが丸々2年残ってて次のプロジェクターなんかトンデモないという事情とはまったく関係なしに「まあ、これならX3ユーザーは悔しい思いをしなくてもすむ」と思いました(笑)。

 なお、X30には
E-SHIFT技術は採用されておらず4K未対応である。昨年のX7はX3のデラックスモデル、例えるならエンジンとシャーシーは同じだけれども内装や儀装品で差別化を図ったというイメージがあったけれども、今年のX90、70Rの上位モデルとX30はその点においてまったく別路線のプロジェクターであると言っていいだろう。

 今年、もしJVCのプロジェクターを買うという人があれば、悪いことは言わない、ちょっと無理してでも、ローンが36回払いから48回払いになってでもX70Rを買うべきだ。

 終了後、H氏、K氏とお話。H氏はX70Rのかりかりの解像度は好みに合わないとおっしゃっていたが、画質調整で目一杯エッジを立てて見た目の解像度を稼いだり
している私にはそういうのが良いのです(笑)。ヨドバシカメラに行かれるというお2人とお別れしてバスで事務所へ戻る。

 夕食は鯛・鶏・牡蠣の鍋。カツオの叩き。ビール2缶飲んで鍋をもくもくと喰らう。鯛3匹分、鶏まるまる2羽分、牡蠣45個を食べつくすとさすがに腹が膨れた。だからゴハンは丼二杯しか食べられなかった。〆のコーヒーは如例。

 その後ブルーレイソフトで『マクロスF サヨナラノツバサ』を再見。

 終了後シャワーを浴びて自炊作業。

 就寝午前1時半。

|

« 11月4日(金) 「オブザーバーは魔女」 | トップページ | 11月6日(日) 茶室さされつ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月5日(土) 『私は改になりたい』:

« 11月4日(金) 「オブザーバーは魔女」 | トップページ | 11月6日(日) 茶室さされつ »