« 12月16日(金) 「カラマーゾフのキョーダイン」 | トップページ | 12月18日(日) ハロプロの法則 »

2011年12月18日 (日)

12月17日(土) タイ風の目

 タイ風一過とか。原発批判を削除要請、発行直前に出版中止 西日本新聞社<http://www.asahi.com/national/update/1215/SEB201112150063.html?__from=mixiより引用開始>九州でブロック紙を発行する西日本新聞社(福岡市)が、環境活動家に執筆を頼んだ地域づくりに関する本を、九州電力玄海原発でのプルサーマル発電を批判した記述について削るよう求めたうえ、著者が応じたにもかかわらず、昨年12月に出版中止にしていたことがわかった。担当編集者は著者に中止の理由を「上層部の意向」と伝えていた。 編集の最終段階だった本の出版が中止になるのは異例。西日本新聞社は朝日新聞の取材に応じていない。<引用終了>

 この本の著者は環境活動家の田中優氏(54歳)。http://zero.9-11.jp/voice/voice_01.htmlを見たら分るけれども今時、911陰謀説を信じているような人である。西日本新聞社が九電の大株主であることから「言論弾圧だ、資本主義の限界だ」との声が喧しいけれども、チミたちは、911陰謀論を真剣に信じているようなアレな人に一体、ナニを期待しちょるのかね。

 それに九電が大株主だから悪口が書けない?、西日本新聞も九電ヤラセ問題などかなり執拗に報道しておりますが、そのへんは構わないのですか。

 吉森みき男先生の漫画雑文、第2弾!お題は「つっぱしり元太郎」(1975~78年頃)である。主人公はともかくとして脇役たちが面白い。主人公のライバル的な存在である佐伯は徹頭徹尾己のことしか考えていない。彼は自分を目立たせるだけにせっかく出場した甲子園で負けてみせる。そして「ふふふ、これで悲劇のヒーローになった」とほくそえんだりするのである。

 こんなに“ほくそえむ”という言葉が似合うキャラクターは彼くらいのものではないか。

 そしてこの「つっぱしり元太郎」の最大の特徴とも言えるのは「しまっていこうぜ!」におけるチビ的なキャラクター 「メガネ」だ。彼は主人公を助け共に野球で頑張るのだが、思わぬ悲劇に見舞われてしまう。なんと自動車事故で片足切断の大怪我を負ってしまうのである。

 しかし、彼はめげない。義足をつけてなんとピッチャーに復帰するのである。だが、義足と言っても昨今のごとく足の形に整形されているという柔弱なものではない。鉄の棒の先に平たい板がついているという昭和の義足なのだ。この漫画を読んでシルバー船長が「これはオレより凄い」と溜息をついたくらいだ(ウソ)。

 そしてピッチングのたびにこの義足がマウンドに突き刺さる。その際使われるオノマトペは当然、「ガターン!」「ガターン!」である。義足の少年が玉を投げるたびにガターン!ガターン!なんだか夢に出てきそうだ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー牛乳。昼飯はどんべえカップうどん。薬味に柚子胡椒を使うとまた違った味が楽しめる。

 午後6時過ぎに事務所を仕舞って徒歩で清水四つ角へ。本日は我が葛の会の忘年会なのだ。

 会場はいつもの赤鳥、集いしものは私、ぴんでんさん、獅子児さん、たけうちさん、でこぽんさん。食べしものは鶏冠の焼きもの、鶏冠の刺身、鶏焼き2種、蛸・ブリの刺身、玉子焼き、そして鶏肉・つくねのミックス鍋。鶏冠を除いて飲み放題付の3,500円のコースだ。

 最近、寄る年波で歯が弱くなっている私は鶏冠を食べないでおこうと思っていたのですが、目の前に出てくるとついつい箸が伸びてしまいますなあ。また、この刺身が噛んでいるうちにじわっと口の中でとろけるような食感があって、大変に美味しかったりする訳です(笑)。

 鍋も美味、美味。最初はあっさりとした味だったスープが鶏肉や野菜からの出汁を吸ってどんどん芳醇な味に変化していくというこれぞ、美味しさの万華鏡や。
 飲んだもの、ビール、焼酎ロック。結構飲んでしまいましたなあ。

 午後9時すぎにお開き。皆さんとお別れして私とぴんでんさんは密かに二次会。あんなことや、こんなこと、しかし深刻なことは一切なしを話したのであった。

 タクシーで帰宅。服を着替え寝室のファンヒーターに着火。温まるのを待ってベッドに潜り込む。

|

« 12月16日(金) 「カラマーゾフのキョーダイン」 | トップページ | 12月18日(日) ハロプロの法則 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月17日(土) タイ風の目:

« 12月16日(金) 「カラマーゾフのキョーダイン」 | トップページ | 12月18日(日) ハロプロの法則 »