« 12月24日(土) 「熱風の寅」 | トップページ | 12月27日(火) 「スは三塁打のス」 »

2011年12月27日 (火)

12月26日(月) 「写メ双生児の謎」

 写メ双子とか。須賀原洋行先生の「それはエノキダ! 4」を自炊した。気になったのが巻末コメント。この先生は西丸震哉氏の「41歳寿命説」(現代社会における食生活や労働環境などの変化によって人間は農薬まみれ、添加物まみれ、精神的なストレスまみれになっていて、昔の自然な食品を食べ適度にきつい肉体労働をしていた人たちに比べてどんどん寿命が短くなっている。1959年以降に生まれた人間の寿命が41歳くらいになると主張する奇説)を好意的に紹介しており、自分は1959年生まれだから今年死んでもおかしくないなどと奇妙なことを言っている。

 しかし、大御所の漫画家たちは若くしてなくなる人が多い。彼らは1959年以前の生まれなのでもっと長生きをしていい筈だ?なのに長生きできないのは漫画家という職業特有のストレスのためだろう・・・って41歳寿命説と関係なくなっているし(笑)。

 この漫画が刊行されたのは2000年前後、それから11年が経過して平均寿命が41歳になるどころか年々伸び続け、氏もすぐ死ぬどころか今だ、現役で漫画家を続けていらっしゃる。氏はご自分の書かれたこの巻末コメントについて今、どうお考えになるだろうか。それとも、そんな巻末コメントのことなどとうに忘れてしまっているのだろうか。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯に気が狂って膳でラーメン+替玉。本日の出来は今ひとつ。380円という値段に合ったあまり美味しくないラーメンという感じである。夕食はカンパチの刺身、生野菜たっぷり、肉じゃが。ビール2缶飲む。カンパチの刺身が抜群。養殖ながらしこしことした歯ごたえがたまらん。ふんがふんがと鼻息荒くして食べていたらいつの間にか16パック分も消費してしまっていた。あまり食いすぎたのでせっかくの炊きたてゴハンを丼4杯しか食べられなかった。〆のコーヒーは如例。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『殺人犯』の続き。あはははは、こりゃ、凄い、完全なトンデモ映画だよ、わはははは。意外すぎる犯人の正体、なんと養子にしていた息子だった。この子供は成長しないという奇病で外見は6歳くらいなのだが実際は40なのだ、どうだ、おそれいったかというオチに思わず爆笑してしまう。

 障害を持つ身ゆえのねじくれた憎悪という怖がらせどころは分るものの、あまりにも細部がいい加減でこの怖さが雲散霧消してしまうのだ。子供の体だからあんまり力が必要なことはできない、だから連続殺人など不可能であると観客に思わせておいて、浮浪者みたいな共犯者がいるので全てOKというのも開き直りがすぎるというもの。

 いや、確かに意外な面白さには満ちていたんですけどね(笑)。

 ハイビジョン画質はノイジーだが、ハイコントラストで立体感に溢れている。ただ海面が波立つ場面で派手に画像破綻していたのが残念。音声はステレオ。綺麗にサラウンドしてくれてリア音場の距離感まで表現してくれる。

 終了後、ハイビジョン版「トップをねらえ!#4#5」を続けて。しかしなんですなあ、何度見てもあの「コーチが宇宙放射線病に」の件でプッと吹いてしまいますなあ。

 その後、シャワーを浴びて自炊。

 午前12時に終了してプロジェクターを再起動。3D番組の「3D3D」を見る。東京モータースポーツショーを扱った3D番組である。クローズアップ、特に車のエンジンルームを写した場面などはごく自然な立体映像を楽しめるのだが遠景はクロストークが出まくりで目がちかちかしてくるほど。これはもう少しなんとかならないものか。

 就寝午前2時過ぎ。

|

« 12月24日(土) 「熱風の寅」 | トップページ | 12月27日(火) 「スは三塁打のス」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171789/53583136

この記事へのトラックバック一覧です: 12月26日(月) 「写メ双生児の謎」:

« 12月24日(土) 「熱風の寅」 | トップページ | 12月27日(火) 「スは三塁打のス」 »