« 12月29日(木) 「プーチンの国のアリス」 | トップページ | 12月31日(土) 「世界のルロロロショー」 »

2011年12月31日 (土)

12月30日(金) 「三陸の子豚」

 震災追悼駄洒落。2011年も終わり。今年はなんと言っても電子書籍の年であった。寝る時間も削って蔵書の裁断、スキャンに明け暮れ電子化した書籍が五万冊!(サバ言うなコノヤロー)。混沌を極めていた書庫から本が消えうせ、たまに泊まりにやってくる末弟がああ、暇つぶしに読む本がないと呆然としたりしている。年明けにはタッチパネルのモニターを導入し、iPADに頼らずとも電子化した書籍を読むことができるようになるだろう。

 仕事の面では新マンション建設か。計画から着工まで随分長い時間を要したけれども工事は着実に進んでいる。震災復興の余波を受けて職人さんの数が不足気味ではあるが、当初の予定通り来年5月には完成するだろう。その暁には・・・・、いろいろやりたいことがあるのだけれども、差しさわりがあるかも知れないので割愛させて頂きますって、一体、お前は何をするつもりなのだ。

 本日から年末年始の休暇。とはいえいろいろやることがあったのでほぼ終日事務所に詰めていたけれども。食ったもの、昼飯に取引銀行からお歳暮に頂いたとんこつラーメン。焼き豚を入れて薬味に一味唐辛子をふると思いがけないほど美味しくついついお代わりをしてしまった。

 夕食は縞鯵、タイの刺身。これまたお歳暮で頂いたホタテ貝柱。後は、ああ、これもだよ(笑)お歳暮の塩じゃけを焼いた奴。ビール2缶飲む。ホタテ貝柱は普段口にする奴とは違ってがりごりとした歯ごたえが楽しめる。これはバター焼きにしたらとんでもなく美味しくなるのではないか。

 仕上げはお茶漬け。ほぐした塩じゃけを乗っけた鮭茶漬けだ。これも美味しく36回ほどお代わりをしてしまった。〆のコーヒーは如例。

 その後レンタルブルーレイで『相棒 劇場版Ⅱ』を見る。前半の公安による陰謀・でっちあげは無駄にややこしく分りづらいこと夥しい。あんな権力を持っているのなら外部スパイを使ったり、部下を巻き込んだりしなくともあの程度のでっち上げは簡単だろうに。ゆるい鍵しか掛かってない正面玄関があるのにわざわざ警戒厳重な裏口から侵入するといったような不合理性を感じずにはいられないのである。

 このあたりもう少し整理して作って欲しかったもの。

 ただ、この事件を契機に暗躍する警察庁一派という図式は良かった。主人公達一般の警察官があずかり知らぬところで巨大な権力闘争が繰り広げられるという展開はいつも私の心を熱くさせるのだ(笑)。またこの一派の首魁的な立場である官房長官を演じた岸部一徳が抜群に上手い。彼のふてぶてしいまでの存在感がこのいささか現実味を欠いたストーリーをシリアスなものにしてくれる。

 ハイビジョン画質はやや黒が潰れ気味か。解像度は高く、色の滲みもほとんどなし。冷徹な高画質を堪能させてくれた。音声はドルビートゥルーHD。締まった重低音がなんとも魅力的。上空を横切るカラスの鳴き声もはっとするほどリアルであった。

 終了後、部屋の掃除。昨日の決意のとおりで大げさなことはやらず掃除機をさっと掛けただけ。本がないからこれだけでずいぶんと部屋が綺麗になるのである。

 シャワーを浴びてお酒。今年最後の1人のみ。

 就寝午前1時過ぎ。

|

« 12月29日(木) 「プーチンの国のアリス」 | トップページ | 12月31日(土) 「世界のルロロロショー」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171789/53615964

この記事へのトラックバック一覧です: 12月30日(金) 「三陸の子豚」:

« 12月29日(木) 「プーチンの国のアリス」 | トップページ | 12月31日(土) 「世界のルロロロショー」 »