« 1月18日(水) 「科学忍者隊ガルガンチュワ」 | トップページ | 1月20日(金) 女房とタイタニックは新しい方がいい »

2012年1月20日 (金)

1月19日(木) アンチョビの猪木

 イタリアン駄洒落。昨日届いた米国盤ブルーレイのうちから画質・音質確認のために『若草の頃』をトロリー・ソングの場面まで見てみた。場面によってはフォーカス感が後退するなどの不安定さがあるものの、総合的に見れば高いレベルでのハイデフ化と言ってもいいだろう。特に優秀なのが色の表現。テクノカラー特有の芳醇な色彩をたくみにコントロールしており、色滲みのまったくない美しさを味わえる。衣服の質感表現も素晴らしく今までDVDで見たきたものとはまったくの別物だ。音声はDTS-HDマスターオーディオ 5.1チャンネル。自然な包囲感がたまらなく心地よい。

 こういうのを見ちゃうともう一刻でも早く『イースターパレード』がBDにならないかと思ってしまいますな。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのホットドックとコーヒー牛乳。昼飯に冷凍うどんを使ったぶっかけうどん。これだけでは物足りなかったのでトマト、レタス、セロリの生野菜も食べる。ただし、マヨネーズはなし。そんなの使ったら間違いなくカロリーオーヴァーですからな、うどん1玉で済ませた意味がなくなってしまうのでありまして。かと言ってそのままがりと齧ったら芋虫みたいだ。ちゃんとキャベツのタレというドレッシングをかけてやりましたよ。

 夕食は母親が出かけていたので冷蔵庫飯。残っていた牛ステーキ肉を焼き、昼間の残りの生野菜と共に食べる。ビール2缶飲んでゴハンを一膳。〆のコーヒーは如例。

 その後プロジェクターで待望の「フューチュラマ 第6シーズン後半 #14  The Silence of the Clamps」を見る。タイトルはもちろん『羊達の沈黙 The Silence of the Lambs』のもじり。ロボットマフィアのボス邸では娘の結婚式が行われている。そこに配達にやってきたのがプラネットエクスプレスの面々。楽しそうなパーティを見て羨ましくなったベンダーは中に入り込みマフィアボスの末娘をナンパする。

 納屋でヤッていたら(笑)マフィアボス、その部下達がロボットスター カリキュロンを連れてやってきた。彼らは借金を返せないカリキュロンをボコボコにしてしまう。一部始終を目撃したベンダーは余計なことを喋るとマフィアに殺されてしまう!と怯えるのだが・・・50ドルの報奨金に目がくらんで警察に駆け込むのだった(バカ?)

 そして裁判で証言することになったベンダー。しかしカリキュロン自身がボスの容疑を否定する証言をしたため判決は無罪。おまけにベンダーはロボマフィアに狙われることになってしまう。彼は仕方なくFBIの証言者保護プログラムに頼りどこか別の場所で生活することを決断。ベンダーとの別れを悲しむフライであった。

 プラネットエクスプレス社は彼の後釜として新たなロボット従業員を雇うことになる。そして厳正なる面接試験の結果、選ばれたのはなんとマフィアの子分、クランプであった。彼は他の候補者たちを自慢の武器、両手についた鉄の爪で粉々にして面接を突破したのだ(笑)。

 彼はリーラやフライと親しくなりベンダーの居場所を探ろうとしていたのである。

 ゾイドバークは何でも鉄の爪で挟んでしまうクランプに激しいライバル心を抱く。両手がハサミになっている彼は「挟む」のは俺の仕事だと思っていたからだ、く、くだらねえ(笑)。

 そしてクランプが狙っていたチャンスは意外に早く訪れた。配送の仕事で出向いた月で彼らはベンダーを見つけたのである。しかし、このベンダー、まったく以前のことを覚えていない。メモリーバンクも消去されており、ビリー・ウェストという人格になりきってたのだ。

 このベンダー?は月でロボットの妻、赤ん坊と農夫として暮らしているのである。

 ベンダー?を狙うクランプ。しかし、そうはさせじとゾイドバーグが立ちふさがった!2人は西部劇のような町でまるで保安官と悪漢のごとく対決するのだ。一進一退の攻防が続くが最終的に勝利を収めたのはゾイドバーク。彼はクランプの鉄の爪を二つとも切り落としてしまったのである。ベンダー?は救われたのだ・・・と思いきや突然出てきたマフィアの末娘があっさり射殺してしまうという・・・。「アタシと結婚の約束をしていたのに他の女と」という訳ですな。

 失意のうちに地球へ帰還するフライたち。しかし、ベンダーは生きていた。なんと彼はプラネットエクスプレス社のすぐ近くのピザ屋で働いていたのである。リーラが「え、じゃあ、あのロボットは何の関係もないのに殺されちゃったの」と驚いて叫ぶのだが、他のみんなは嬉しそうにカンパーイ!ってひでえな、オイ(笑)。

 このオチはいくら「フューチュラマ」と言えども凶悪すぎませんかね。

 シャワーを浴びて自炊。一時間半掛かってやっぱり月刊「HiVi」が一冊しかできん。これはツライ。

 その後だらだらとテレヴィを見て午前2時過ぎに就寝。

|

« 1月18日(水) 「科学忍者隊ガルガンチュワ」 | トップページ | 1月20日(金) 女房とタイタニックは新しい方がいい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月19日(木) アンチョビの猪木:

« 1月18日(水) 「科学忍者隊ガルガンチュワ」 | トップページ | 1月20日(金) 女房とタイタニックは新しい方がいい »