« 1月21日(土) 「ドルイドのお医者さん」 | トップページ | 1月23日(月) 「トリンドル先生航海記」 »

2012年1月23日 (月)

1月22日(日) 「ドルイド先生アフリカゆき」

 これも怖い。パナソニックの力作フラッグシップブルーレイレコーダー DMR-BZT9000 価格コムの書き込みでえらいもんを見つけてしもうた。何だか3TのHDDは実売オーヴァー20万のこの機種にしか搭載されていない、HDDなど単価が知れているので10万以下のレコーダーに搭載するべきだと訴えている人なのだが、この先の論理展開がなんというか、アレというか(笑)。

 3Tのレコーダーを10万円以下で出すのがマトモな会社。儲けるためにごちゃごちゃつけて価格を上げる。米国アマゾンでレコーダーは2機種だけしか販売されていないがプレーヤーはたくさん。BDレコーダーが売れているのは日本だけ。だからメーカーは国内で殿様商売をする。その殿様商売に乗っかりたい人はどうぞ乗っかって下さい。

 (すでにこの時点から訳が分らん。別にパナソニックが独占している訳でもないのに殿様商売とはどいういうこっちゃ)

 テレビより高いBDレコーダーなんて消費者を馬鹿にしている。

 (安いのを買ってUSB HDDを増設すればいいだけの話。外付けHDDから内蔵HDDへのムーブバックも可能だから使い勝手は変わらん))

 (そして一気に暴走状態へ)

 <http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000278508/Page=4/SortRule=1/ResView=all/より引用開始>まず、廉価版の3TBを出さないのは、「大人の事情」という言い分けは現在通用しません。(少なくとも出す義務があるのです。)これは明らかに2006年の会社法制定以来、CSR違反、コンプライアンス違反、つまり会社法違反に当たるのです。 会社は当然利益追求を優先しますが、同時に社会的責任が発生します。これは、消費者、株主、従業員全てに対して公平で無ければならないのです。つまり、ニーズがあるにもかかわらずわざとその製品を出さないのは、明らかに会社法に言うCSR違反に該当します。少なくとも「説明責任」が発生します。日本は「出す出さない」はメーカーの勝手でしょと思うかも知れませんが、出せるのにわざと出さないのは、消費者に対しての背信行為なのです。米国ならとっくに訴えられているでしょうね。莫大な賠償金を払わされるでしょう。わからん人はわからんよ。 金持ちは買って下さい。貧乏人は買うな。←これ人権侵害ね。<引用終了>

 (安い3Tのレコーダーを発売しないのは人権侵害だそうです。前モデルのBZT900も3TバイトのHDD搭載機だったのですが2011年4月の時点で23万+αだったはずです。この人はこの機種については何も言わなかったんすかね)

 この人は訴訟こそしていないものの、すでに「消費生活センター」に連絡したそうな。アイタタタ!そしてその答えはもちろん「メーカーに連絡しておきます」だったんですと。

 久しぶりにええもん見せて頂きました。有難うございました。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯にカップ焼きソバUFO。久しぶりに食うと妙に美味しいなあと貧乏くさい感想を洩らす。夕食はマグロ・イサキの刺身、天ぷら。ビール2缶飲んでゴハンを一膳。肉厚の椎茸が絶品で、何か凄い高級キノコのように感じられたほど。〆のコーヒーは如例。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『マイレージ・マイライフ』 リストラ宣告人として全米を飛び回っている男。昨日はシアトル、今日はワシントンDCと年間270日飛行機に乗っているような生活である。ええ年した男だけど奥さんも子供もいない。時折同じ境遇の女性と会って旅先でヤッたりするけれども、恒久的な関係を築こうとは考えていない。フツーの人とは余程違っているけれども、これはこれで悪くないジャンと思っていたりする。

 映画はそうした男を全力でフツーの人間にしようと試みるのである(笑)。妹との結婚、新人社員の家族こそが人生という考え方などに影響され「ついに年貢の納め時か」と日本人でもないのに考え始める男。しかし、そんな彼を待ち受けていたのは関係を深めようとした女性のあまりにも現実的な真相であった。女性にはちゃんと夫と子供がいて男との関係はたんなる旅先のアヴァンチュールに過ぎなかったのである。

 男、ジョージ・クルーニーのやるせない表情に思わず笑ってしまった。

 人生というものを生真面目に考えた映画で会話の面白さも出色なのだが、そこに皮肉でこっけいなものを感じてしまうのは私がこの男と同じような考え方をしているからだろうか(笑)。

 ハイビジョン画質は優秀。暗部諧調が非常になめらかでいやなノイズの発生もなし。雲海の表現なども非常に美しく久々に満足できるWOWOW画質であった。音声はAAC5.1チャンネル。こちらも上出来で特にBGMの品位の高さに驚かされる。

 シャワーを浴びて自炊。

 その後はテレヴィをだらだら見て午前2時過ぎに就寝。

|

« 1月21日(土) 「ドルイドのお医者さん」 | トップページ | 1月23日(月) 「トリンドル先生航海記」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月22日(日) 「ドルイド先生アフリカゆき」:

« 1月21日(土) 「ドルイドのお医者さん」 | トップページ | 1月23日(月) 「トリンドル先生航海記」 »