« 1月7日(土) 『ブルマの竪琴』 | トップページ | 1月9日(日) 「ゲゲゲのきりたんぽ」 »

2012年1月 9日 (月)

1月8日(日) 「ケイブンシャのリタ・ヘイワース」

 「原色女優俳優大百科」 森詠氏の架空戦記 「日本朝鮮戦争 12」(1993~97年)に原発について凄いことが書いてあったのでご紹介。この作品では北朝鮮が韓国に攻め込みほぼ朝鮮半島を掌握、そして韓国の原発を占拠してヘタに手を出したらメルトダウンさせるからなと韓国、日本、アメリカに脅しをかけているという状況となる。現場の責任者である北朝鮮の技術者がメルトダウンさせるとこんなことが起きると考えてびびっているのである。

 <「日本朝鮮戦争 12 96ページより抜粋して引用開始>メルトダウンした原発の炉心は、核分裂を起こしながら、そのまま地球の内部に潜り込んでいき、理論上は地球の裏側まで溶けた炉心が突き抜けることになる。あるいは、核分裂が地殻内部の核物質に連鎖反応し、ついには地球を内部から破壊するかもしれない。そうなればチェルノブイリ原発事故や敦賀原発破壊の何千万何億倍もの禍が人類に降りかかり、地球の生きとし生ける物を絶滅させるだろう。あるいは地中深く潜り込んだ炉心の核分裂がさらなる核分裂や核融合を誘発し、地球を燃焼させて太陽に変えてしまうかもしれなかった。<引用終了> (註 この作品世界では北朝鮮のミサイル攻撃により敦賀原発が破壊されている)

 地球が太陽になってしまってはたまりませんからな、一刻も早く全地球から原発を撤廃すべきですな。きっことか、東海アマとか、武田なんとかとかに是非、読んで貰いたい。そしてこの危険性を早く啓蒙してください。

 (念のために言っておくが、間違っても“本気”にするなよ)

 本日は物件の清掃作業。本来なら昨年末に終わっているはずなのだが、ちょっとその作業申し込みが遅れてしまって(笑)新年にずれ込んでしまったのである。食ったもの、昼飯に昨晩の残りのカレー。温めながらインスタントコーヒーや焼肉のタレをいれて味を調整したらびっくりするほど美味しくなった。夕食は出来合いの天ぷら、生野菜たっぷり、スズキの刺身等々。ビール2缶飲んで仕上げに鉄火巻を5個ほど。〆のコーヒーは如例。

 その後二谷英明追悼ということでチャンネルNECOで放映されたばかりの『七人の挑戦者』を見たのである。ヤクザがバックにいる興行会社秋葉プロの社長に恋人を殺され、また自身の手を撃ち抜かれたサックス奏者、二谷英明が帰ってきた!彼は秋葉プロに対抗するため6人の男たちを集めてバンド、セブンガイズを結成する・・・というところまでは面白かったのだが(笑)。とにかく話が妙に複雑でうっかりしているとストーリーが追えなくなってしまう。二谷英明が秋葉プロに復讐するのがメインのプロットと思いきや、途中から麻薬密売のブローカーが関わってきて訳が分らなくなるのである。

 結果、実は麻薬課の刑事であった小高雄二が秋葉たちを逮捕してめでたしということになるのだが、これでは二谷英明の復讐云々が宙に浮いてしまわないかね。

 ハイビジョン画質も今ひとつ。べったりとした抜けの悪い画質で奥行き感があまり感じられない。黒も潰れている部分があって、チャンネルNECOHDの日活アクション映画としては珍しいくらいの低画質である。

 シャワーを浴びて自炊作業。終了後お酒。お供は録画しておいた「トリビアの泉 SP」 紹介されるトリビア自体は実にしょーもなかったが、その分トリビアの種企画が頑張っていた。特に最後のヘビ花火ネタは秀逸の一言。地獄のように燃え盛るフツーのヘビ花火450万発分の火薬に大笑いしてしまった。

 就寝午前1時過ぎ。

|

« 1月7日(土) 『ブルマの竪琴』 | トップページ | 1月9日(日) 「ゲゲゲのきりたんぽ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月8日(日) 「ケイブンシャのリタ・ヘイワース」:

« 1月7日(土) 『ブルマの竪琴』 | トップページ | 1月9日(日) 「ゲゲゲのきりたんぽ」 »