« 2月10日(金) 明智肛門朗 | トップページ | 2月12日(日) オワコンの星まつり »

2012年2月12日 (日)

2月11日(土) 「DOS/V大作」

 日本一のパソコン使いを目指して上京してきた大作の前にマッキントッシュを操るパソコン太郎が立ちふさがる!元ネタは「どっこい大作」 さすがに古いので書いておいた方がいいだろう(笑)。『スパイキッズ4 ワールドタイム・ミッション 3D』が到着。さらに2月17日には『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』が発売され、その次には輸入盤の『A Haunting in Salem  3D』が届く。最近1ヶ月で買ったブルーレイ3Dは『カンフーパンダ2』、『ファイナル・デッドブリッジ』、『スパイキッズ4』の3本。これに前述の『トランスフォーマー』と『A Haunting in Salem』が続くのだ。私のホームシアターは時ならぬ3Dブームに沸いている!

 いや、だからどうしたと言われても困りますけど(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったものはアンリミテッドランチの日なので昼飯にゆきみ家の味噌ラーメン。今日は妙に腹が空いていたので初めてミニカレーとのセットを試してみたぞ。むむ、これはこれで美味い。いつもの小ゴハンのセットより100円割高になるもののその価値は十分にあるぞ。

 夕食はカツオの叩き、生野菜、豚肉しょうが焼きのスナックエンドウソテー添え。ビール2缶飲んでゴハンを一膳。〆のコーヒーは如例。

 その後『スパイキッズ4 ワールドタイム・ミッション 3D』を見る。8年ぶりの続編ということで前3作同様に楽しませてくれるのか心配していたのだが、いやいや、そんな必要はこれっぽっちもなかった。もうお洒落で明るくて前向きでしかもめちゃくちゃにオタク臭いという作風は健在。今回はそこに「いい年こいた大人がいっぱい集まって嬉しそうになにやってんねん」マインドが加わって先ごろ48になった“物凄くいい年こいた大人”である私を大喜びさせてくれた。アレクサ・ベガ、ダリル・サバラもしっかり大人になっていたけれども、やっぱり姉弟でつまらぬいがみ合いをしているのもとても宜しい。やっぱり『スパイキッズ』はこうでなくっちゃ。

 秘密本部にちゃんとダニー・トレホのマチェーテ叔父さん(どんな名前やねん)がいるのにも大笑いである。

 一応、この映画は3Dに加えて「臭い」を体験できる4D映画になっているのだが、このブルーレイソフトにもちゃんと劇場同様臭いを封じ込めたカードがついてくる。1~8まで番号がついていて画面に現れる数字にあわせてこすると劇中のレベッカ、セシルと同じ臭いをかぐことができるのだ。私も一応やってみました。まあ、つまらなかったですけれども(笑)。

 しかし、久々に見たアレクサ・ベガはおばさん臭くなっていたねえ(笑)。とても当年とって23歳とか思えないよ。映画のクライマックスではかなりセクシーな衣装を纏っていたのだが、ちっともグッとこなかったもんねえ。昔、杉田かおるのヌードを見た時みたいだったよ。

 ハイビジョン3D画質はなかなかのもの。クロストークは少なめで動きに対する立体感の追随性にも不満無し。やや平面的ではあるが、その不自然さが返って『スパイキッズ』世界にはあったりして。音声はDTS-HDマスターオーディオ。音が3D映像に負けないくらい立体的に動き回る。ここまでぐるんぐるんと動かれるとちょっと忙しく感じてしまった。
 
 終了後はシャワーを浴びて自炊。ふふふふふふふふふふふ(あともう少しで自炊が終わるので少しおかしくなっている)。

 午前12時半に自炊を終了。後はだらだらとテレヴィ。就寝午前2時半過ぎ。

|

« 2月10日(金) 明智肛門朗 | トップページ | 2月12日(日) オワコンの星まつり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月11日(土) 「DOS/V大作」:

« 2月10日(金) 明智肛門朗 | トップページ | 2月12日(日) オワコンの星まつり »