« 2月26日(土) 「JFKの鬼太郎」 | トップページ | 2月28日(火) てんぷくトリュフ »

2012年2月28日 (火)

2月27日(月) オスプレイ・ダンス・パーティ

 沖縄の人に怒られます。最近のちょっと嬉しい出来事。ブックオフで本を買うとレジで「お売りになれる本があったらお持ちください」てなことを言われますな。私はこの言葉を聞いて鷹揚に頷きながら内心では「いや、本は全部自炊しちゃったから売れないんだよねー」とほくそえんでいるという(笑)。まさかブックオフの人も客がそんなこと考えているなんて夢にも思ってないだろうなあ。

 あー、もう暗い人間で申し訳ありませんね。

 2月22日の日記で記者の創作ではないかと疑った西日本新聞の記事であるが、この件について「創作ではありません。私が取材を受けました」というご本人からコメントを頂いた。失礼をお詫びしします。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー牛乳。昼飯は冷凍食品のラーメン。もやしをたっぷり入れてずるずるやった。夕食は天ぷら。ネタはどれも美味しかったのだが特に秀逸だったのがふきのとう。ほどよい苦味がたまらなく心地よい。ふきのとうってこんなに美味しかったのかと再認識させられた瞬間であった。ビールを2缶飲んでゴハンを一膳。〆のコーヒーは如例。

 その後米国盤ブルーレイで『タッカーとデイル 史上最悪んじツイてないヤツら』を見る。田舎にバカンスに来た大学生たちが典型的田舎もののタッカーとデイルをジェイソン的な殺人鬼と思い込み怯えるあまりに勝手に死んでいくという実にブラックなコメディ。

 基本的に善良なタッカーとデイルを見た目だけで殺人鬼と思い込んでしまうというアイデアも優れているが、ストーリーの方も丁寧に作られており特に伏線の上手い生かし方に唸らされる。ヒロインが「あたし、コミュニケーション不全から起きる悲劇を避けるためにカウンセラーになりたいの」というギャグ(この映画そのものがタッカー、デイルと大学生たちとのコミュニケーション不全から起こった悲劇なのに!)までもラスト近くの両者の対面という場面に結実する隙のなさ。単純なコメディと侮っていたらえらい目に会いますぜ(笑)。

 田舎者の象徴であるボーリングの使い方にも笑わされた。大学生たちはヒロインを拉致されたと思い込みタッカー(ひょっとしたらデイルかも知れない、2人の名前が良く分らん)を攫って人質にする。そして彼の指を2本切り取ってデイル(タッカーかも知れない)に送りつけるのだが、これを見たデイル(タッカーかも知れない)が「ああ、タッカー(しつこいようだがデイルかも知れない)のボーリングフィンガーが!」と叫ぶのである。

 そしてラストではヒロインとデイル(タッカーかも知れない・・・というのはもういいから)はボーリングデートを楽しむ。都会のお洒落で頭のいいイケてる(笑)女子大生はボーリングなんてやらないというデイルの思い込みを逆手に取った見事な締めくくりだ。

 ハイビジョン画質は良好。画素を一粒残らず救い上げてくるような高解像度である。暗部がややノイジーになる場面もあったけれども諧調表現のスムースさで帳消し(笑)。音声はDTS-HDマスターオーディオ。高音質なのはもはや当たり前という感のある米国盤ブルーレイであるけれども、その中でも本作品のリア音場のリアリティは群を抜いている。後方頭上から聞こえてきたカラスの鳴き声のあまりの生々しさに思わず振り返ってしまったくらい。

 終了後シャワーを浴びて自炊。

 午後11時過ぎまでやって後はだらだらとテレヴィ。就寝午前2時過ぎ。

|

« 2月26日(土) 「JFKの鬼太郎」 | トップページ | 2月28日(火) てんぷくトリュフ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月27日(月) オスプレイ・ダンス・パーティ:

« 2月26日(土) 「JFKの鬼太郎」 | トップページ | 2月28日(火) てんぷくトリュフ »