« 2月27日(月) オスプレイ・ダンス・パーティ | トップページ | 2月29日(水) グランマ天狗 »

2012年2月29日 (水)

2月28日(火) てんぷくトリュフ

 てんぷくトリオのコントがフランスで(今さら)大人気。metiltranで150パーセント文字拡大してKindleに入れたキングの「不眠症」をがつがつ読んでいる。面白くて面白くてやめられずあっという間に上巻はおろか下巻の半分まで来てしまった。この「不眠症」 随分と昔、そう、今だ私に老眼のかけらなどなかった青春の頃(笑)、ペーパーバックスで読もうとして丁度今読んでいるところぐらい、主人公のラルフが2人のチビでハゲの医者と対面するくらいで挫折してしまったという経験がある。あまりにもぶっ飛んだ話についていけなかったというか、「ガンスリンガーシリーズ」の象徴的な用語である“カ”が出てきて、ええ?これも何か関係あるのとうんざりしたというか、結局放り出してしまったのだ。

 まあ、翻訳版だとそういう面倒くさい話もスムースに読めていっきに挫折箇所を突破しラストに向かって驀進中。第3のチビでハゲの医者のアジトで主人公がゲイジ・クリードの靴を見つけて、「ええ、「ペット・セマタリー」のあの悲劇はこいつのせいだったの?」と驚愕しているところである。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯に回転寿司。アンリミテッドランチの日ではなけれども寿司なら良かろうという安易な考えである。7皿食って735円の昼飯であった。しかし、なんですなあ、この回転寿司と言う奴は本当に「値段の割りにはそこそこ美味い」という食いものの代表格でありますなあ。
ビックリするほど美味しいものではないけれどもさりとて食べていて自分をみじめに感じるほどでもなし。このネタを使って寿司ロボットの代わりに職人さんに握らせたら世界一コストパフォーマンスの良い食い物になるのではないか。

 ああ、ロボット君、何も君たちをクサそうと言うわけではないぞ。君たちもシャリ単体ではいい仕事をしているのだから。ただ、どうしてもネタとシャリの一体感は人間にはまだまだ及ばないのでこんなことを言わせて貰った次第であるからあんまり気にしないように。

 夕食は鯛の刺身、鮭のソテー付け合せの生野菜。大根とワカメ、豆腐の味噌汁。ビール2缶飲んでゴハンを一膳。〆のコーヒーは如例。

 その後日本映画専門チャンネルHD録画の『SP 革命編』を見る。
岡田准一のキレのよいアクション、堤真一の重厚な演技等見るべきところはあるのだが・・・やっぱり細部が粗雑でねえ(笑)。岡田准一たち正義のSPが自分たちを探しに来た革命SPたちを返り討ちにして反撃開始。でも国会内で悪徳政治家達を問い詰めることに一生懸命の堤真一は何も気づかない。連絡のひとつも入ってこない。見張りの奴らもぼけーっとしている。

 そして今度は見張りの奴らが一人一人倒されていく。でもやっぱり堤真一は気づかない。連絡のひとつも入ってこない。「やい、総理、お前はある議員に罪を被せて殺したろ」などと言っている。

 お前ら、ちっとは相互に連絡取り合えよ(笑)。

 いささか古い作品になるけれども、『ダイハード』でのジョン・マクレーンとハンス・グルーバーの丁々発止のやりとりを見習えと言いたくなってしまった。

 画質は26日に記述している通り。これがBS放送になったらちっとはマシになるのだろうか。音声はAAC5.1チャンネル。派手な爆音が聞き所だけど、もうちょっと繊細なサラウンド音場を楽しみたかったというのは贅沢な願いであろうか。

 シャワーを浴びて前述の「不眠症」をどかどか読んだのであった。

 
午前1時過ぎまで読んであとはだらだらとテレヴィ。就寝午前2時半過ぎ。

|

« 2月27日(月) オスプレイ・ダンス・パーティ | トップページ | 2月29日(水) グランマ天狗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月28日(火) てんぷくトリュフ:

« 2月27日(月) オスプレイ・ダンス・パーティ | トップページ | 2月29日(水) グランマ天狗 »