« 2月5日(日) 「プッシートークは死ぬことと見つけたり」 | トップページ | 2月7日(火) 『ノーマ・ジーン怒る』 »

2012年2月 7日 (火)

2月6日(月) 「愛・おどろいていますか」

 目と目があった時を・・・、わあ、びっくりした!何じゃ、この駄洒落は(笑)。MeTilTranの使用レシピ。出力形式はPDF。出力幅はKindleに合わせた560×734 文字サイズは文庫本で100パーセント、単行本で120パーセントぐらい?、二段組の新書は150パーセントぐらいにしないとちょっと読みにくかったりする。なお、これは老眼しょぼしょぼ野朗の私の視力に合わせたものであるから、前途洋々な若人などはもっと小さくてもいいだろう。

 (再配置メニューの文字サイズのプリセットは100パーセントまで。これを120、150にするためにはパラメタ設定の出力画像拡大率、再配置メニューの文字サイズをそれぞれ直接打ち込む必要あり)。

 ルビ付行の文字割れを防ぐためにはやはりパラメタ設定の
「分布_行間隣接しきい値」を標準値0.35から1.0に変えるとよいようだ。

 また、二段組の新書を取り込む時には入力設定のグループ融合割合文字幅を標準値1.25から1.00に変えると二段組を一段組と誤認識する率が減るように思われる。ただ、一段組の文庫本、単行本では文字われが起こりやすくなるみたいなのできちんと使い分けをしなければならない。

 (参考 http://efcl.info/2008/0521/res96/ http://satoko-kimura.com/scansnap/pdf2.html http://do-gugan.com/~furuta/)

 なお、このレシピはあくまでも現時点で私が効果あるんじゃね?と考えているもの。何しろやたらにパラメータの項目が多いし、再配置にも時間が掛かるのでいろいろ試して見るわけにもいかないのである。だからあくまでも参考ということでお願いする。

信じるか、信じないかはあなた次第です(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー牛乳。昼飯は冷凍うどんを使った釜揚げうどん。夕食は肉じゃが、マグロの刺身、トロロ芋千切り。後は炊き込みゴハン。ビールを2缶飲んでゴハンを一膳。〆のコーヒーは如例。

 その後WOWOWハイビジョン録画『エリート・スクワッドブラジル特殊部隊BOPE 』を見る。これは先日見た『エリート・スクワッド』の直接の続編。前作から12年を経てますます腐っていく(笑)警察、政治家たちを描くクライムムービー。

 BOPEを離れ公安の重要ポストについたナシメント中佐。彼はBOPEを使いスラムのドラッグルートを徹底的に叩き壊滅させる。ここからの金がこなくなれば腐敗した警察官達も正道に立ち返らざるを得ない、警察の浄化が進んでめでたし、めでたしとなったら映画が終わってしまう(笑)。麻薬ビジネスのおこぼれにあずかれなくなった悪徳警官たちはギャングの代わりにスラムを牛耳り政治家達と結託して金を吸い上げるシステムを作り上げてしまったのである。BOPEさえ、彼らの私兵と化し、ナシメント中佐は孤立に追い込まれてしまう。

 悪徳警官たちは市民や同僚の命などなんとも思わずに虐殺を繰り返し、ナシメント中佐たちは手をこまねいているばかりという実にペシミスティックな状況を真正面から描いた力作。もうここまでくると単なるクライムムービーを越えて不条理に支配されるアンチユートピアのような趣を呈している。現代犯罪を使って描かれた『未来世紀ブラジル』の世界と言ったら誉めすぎであろうか(笑)。

 ハイビジョン画質は実に綺麗。リオデジャネイロの俯瞰映像は実に広大でありその奥行き感に吸い込まれてしまいそうな気がするほどだ。音声はAACステレオ。こちらも前作に引き続いて素晴らしい出来で5.1チャンネルサラウンドにも劣らぬ銃撃戦の迫力など聞き所に事欠かない。

 シャワーを浴びて自炊作業。

 午後11時過ぎにプロジェクターを再起動させてチャンネルNECOHDの『悪太郎伝悪い星の下でも』を見る。和泉雅子と野川由美子という2人の対照的なお嬢様の間で揺れる(羨ましい)山内賢。父親やヤクザたちに翻弄されるうちに、長年の夢であった三高への進学の道を断たれてしまういわば青春の挫折譚なのであるが、そうしたものにつきものの物悲しさがあまり感じられない。むしろ、やるべきことをやったという充実感、これからの生活に対する確固たる決意が山内の表情から見て取れるのである。

 このキャラクターとしての力強さに素直に感動してしまうのはちょっと鈴木清純の映画らしくないところか(笑)。

 モノクロハイビジョン画質は秀麗の一言。場面によってはCSという伝送方式の限界が見え隠れするものの、全体的なクオリティはWOWOWにも負けぬほどである。しっとりとした風合いながらしっかりとした立体感を出してくれる画質で、私などはこの画質があれば映画などどうでもいいと思ってしまったくらいであった。

 終了後テレヴィをだらだら見て午前2時半過ぎに就寝する。

|

« 2月5日(日) 「プッシートークは死ぬことと見つけたり」 | トップページ | 2月7日(火) 『ノーマ・ジーン怒る』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月6日(月) 「愛・おどろいていますか」:

« 2月5日(日) 「プッシートークは死ぬことと見つけたり」 | トップページ | 2月7日(火) 『ノーマ・ジーン怒る』 »