« 3月12日(月) ズーズー弁だぜ、おい | トップページ | 3月14日(水) さざえのつぶやき »

2012年3月14日 (水)

3月13日(火) 「クアドトリティケール鉄工所」

 業界初!「とろける鉄工所」駄洒落。だから、何の業界やねん。ブックオフで105円で買ってきた景山民夫先生の「時のエリュシオン」 女性 中× ××子さんへのサイン本だった。K福のK学出版の本だからやっぱり信者の人であろうか。

 何かちょっと面白そうなのでここではこの中× ××子さんがK福のK学の信者、あるいは元信者と断定。そんな人がなぜ、景山民夫先生の本、それもサイン入りをブックオフに売却することになったか、その理由を考察してみたい(笑)。

 まず、第一 単純に信仰が冷めた。まあ、一番好ましいパターンである(コラ、コラ)。

 第二に信仰はそのままであるが、ご本人が亡くなられて(これはあくまでも可能性の問題であるから勘違いしないように)そのご遺族が整理のために本を纏めてブックオフに売却した。この時、姑さんが「嫁がこんなものにはまりおって」あるいは、娘さんが「お母さんがあんなことになってどうしようかと思ったわよ」なんて言っていたりしていたどうかは定かではない。

 第三に景山民夫先生が大×××に×××されたので、じゃあ、そんな人の本なんかいらないやとブックオフに売ってしまったというパターン。最悪ではあるが、まったくないとも言い切れまい。

 一体、何があったのでしょうかねえ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ。食ったもの、昼飯に冷凍食品の蕎麦を使った牛蒡天蕎麦。出来合いの鉄火巻を三個ほど。夕食は鰤の刺身、チャンポン。ビール2缶飲んでチャンポンをずるずるやる。〆のコーヒーは如例。

 その後WOWOWハイビジョンの『おにいちゃんの花火』を見る。『天使の恋』や『恋するナポリタン』、『恋空』(笑)みたいなトンデモ映画ではないのだが、あまりにも王道のパターンを踏襲していて見たことのあるような話をえんえんと見せられるという印象。
高良健吾のおにいちゃんが宮崎美子のお母さんに「白血病の妹(谷村美月)は治るんだよね」と尋ねるシーンで思わず「ばかもーん、この手の映画で病気が治る訳ないだろうが、死ぬに決まっとるわ」とツッコンだのは内緒だよ。

 狙いを感動・泣かせの一点に絞って「うん、内角低めに切れ味鋭いカミソリシュートをずばりと投げ込みますたい!」(ああ、最近の野球がよく分らんので例えが古い。今さら誰がカミソリシュートなんて言うかね)という映画制作の仕方は観客動員には有効な方法論なのかもしれないが、さすがにこの年になってこの手の映画を見せられるのはちょっとツライですな。

 しかし、なんですなあ、地域のコミュニケーションから弾かれて引きこもりになった青年が、いくら妹のためとはいえ、さらに濃密で排他的な集団への帰属を余儀なくされる。私みたいな人間は息が詰まるような思いが致します。それに何より花火大会でわあわあ騒ぎながら神輿かついで行進するというのが全然楽しくなさそうなんだもの(笑)。

 あと、どうしてもツッコンでおかなければならない点が一つ。さすがに急に入ったアルバイトで花火、それも馬鹿でかいの(笑)を作るという訳にはいかないようですよ(http://japan-fireworks.com/basics/hanabishi.html)
 
 ハイビジョン画質はなかなかのもの。解像度が取れておらず発色の抜けが悪いが。暗部にざわつきがないのが宜しい。もう最近はこれだけで高得点をあげちゃう(笑)。後、驚かされたのが花火が炸裂する場面での画面破綻の少なさ。もちろん、皆無とはいかないが、ほとんど気にならないレベルだ。これを日本映画専門チャンネルHDとかでやったらきっとモザイクノイズだらけだぞ。

 音声はAACステレオ。花火の音にまったく迫力がなし。5.1チャンネルサラウンドのように低音チャンネルを使えないのは分るが、それにしたってあっさりとしすぎ。

 終了後、シャワーを浴びて自炊。「時のエリュシオン」、有栖川有栖先生の「幽霊刑事」を自炊。「幽霊刑事」はそのままメチルトランに掛けて文字を拡大、Kindleで読み始めたのだが、10数ページ読んだところで「あ、これ、前に読んだことあるわ」 ああ、やれやれ(笑)。

 その後はだらだらテレヴィ。就寝午前2時半過ぎ。

|

« 3月12日(月) ズーズー弁だぜ、おい | トップページ | 3月14日(水) さざえのつぶやき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月13日(火) 「クアドトリティケール鉄工所」:

« 3月12日(月) ズーズー弁だぜ、おい | トップページ | 3月14日(水) さざえのつぶやき »