« 3月15日(木) 気仙沼は金曜日 | トップページ | 3月17日(土) 「唐竹割りからの手紙」 »

2012年3月17日 (土)

3月16日(金) 「ドロシーの料理ショー」

 フランク・ボームが料理童話を書いていた!料理童話ってどんなジャンルなんだ、「注文の多い料理店」みたいなものか(違うと思う)。キングの「いかしたバンドのいる街で」に触発されて、私も「いかした特撮が見られる街で」というのを考えたぞ。それはこんな話だ。

 彼女とドライブを楽しんでいたら山の中で道に迷ってしまった。

 そんな彼らが迷い込んだのは小さな街。やれ助かったと胸を撫で下ろした2人であったが、次第に奇妙なことに気づく。街の住人に見覚えがあるような気がするのである。そして主人公ははっと気づく。「むむ、あそこにいるおまわりさんは小林昭二そっくりだ。あそこで犬を散歩させているおばさんはレインボーマンで魔女イグアナをやっていた塩沢ときそっくりだぞ」 主人公は元特撮オタだったのだ!

 そんな2人に近づいてきた女。幸いこの人は誰にも似ていない。彼女は2人にそっとささやく。「逃げられるうちに逃げて」 気味が悪くなった2人は車に戻り引き返すのだが、突然、前方の道で爆発が起こった。昔の戦隊もので良く見たガソリン爆発のようだった。主人公は驚いて車を止める。爆発で道路に穴が開いており、もうこれ以上車では進めそうもない。

 街から数台の車が追ってきた。先頭の車から降り立ったのはおお、あれはなぜか死神博士のコスチュームを身に纏った天本英世ではないか。ああ、地獄大使もいるぞ、岸田森まで出てきた。みんな嬉しそうににやにやしている。天本英世は恐怖に身をすくませた2人に向かって「我が特撮の街へようこそ。私が町長の死神博士だ」

 その夜、街の大ホールでは大特撮上映会が行われる。封印作品のアレやアレも堂々と上映されているぞ。豪華なゲストによるトークショーもあって、元特撮オタの主人公はそれなりに楽しんでいる。円谷英二が登場した時には感動のあまり目に涙が滲んだほどであった。しかし、まったく興味のない彼女はげそーっ。他に十数人の観客がいたが、彼らもまた退屈しきっている。

 主人公は観客の中に彼らに警告してくれた女性を発見し、話を聞いてみたのだが、直ぐにそんなことしなけりゃ良かったと後悔するのだった。女性はうつろな目で自分たちはここに囚われてそろそろ5年になること、監視が厳しく絶対に逃げられないことを語る。彼らは毎夜、毎夜、この特撮上映会への出席を強要されてきたのだ。そして最悪なことに彼らはどうやらこの街では年をとらないらしい。つまりは永遠にこの特撮大会が続くのだ。

 女は泣き出した。「あたしなんか、もうスペル星人やキチガイになってノムを追っかける牧を1,800回以上も見せられているのよう」

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯に回転寿司7皿、735円。アンリミテッドランチの日ではないが、寿司なので良かろう(何が?)。夕食は鯛の刺身にあんこう鍋。ビール2缶を飲む。あんこうの滋養がたっぷりと溶け出したスープを使った雑炊も食べる。〆のコーヒーは如例。

 その後レンタルブルーレイで『リミットレス』を見る。この映画は大別して二つのパートに分けることができるだろう。冴えない男があるドラッグの力によってスーパーマンとなるが、次第にその危険性に気づいていく前半。この薬には重篤の禁断症状があり、その行き着くところは“死”であった。後半は主人公がその危機をいかにして乗り越えるかというサスペンスが主題となっており、強い興味をそそられたのだが・・・。

 後半がいかにもいい加減なんですねえ(笑)。前半は明らかに麻薬依存の暗喩であって、薬によって手に入れたスーパー感覚のビジュアル表現も秀逸である。しかし、後半はすべてが曖昧模糊、薬の存在理由もはっきりせず、主人公の殺人疑惑すら、あっさりと片付けられてしまう。

 薬製作者の狙いはこの薬によってスーパーヒューマンを作り出し、禁断症状への恐怖を使って操ることだったのか、主人公の殺人容疑もそのための布石だったのかと思われたけれども、同じく薬によって大成功を収めた会社社長があっさり死んでしまうので、また訳が分らなくなってしまうのだ。

 ラストで「シナプスが変わって薬なしでも大丈夫になった」という主人公も良く分らん。これは彼のハッタリなのか、それとも本当なのか。後者だとすればご都合主義の極みと言われても仕方あるまい。

 ハイビジョン画質は上々。奥行き感のある場面がユニークなスーパー感覚のビジュアルをさらに印象的にしてくれる。音声はDTS-HDマスターオーディオ。一つ一つの音の粒立ちの良さよ。まるで手を伸ばしたらつかめるのではないかと思われるくらい実体感がある。

 終了後、シャワーを浴びて自炊。エロ写真集の類(エロ写真集と言っても昔の「すっぴん」とかそんなものです。あまりにマニアックなものは取り扱っておりません)の自炊が全て終了。

 その後テレヴィをだらだら。就寝午前2時半過ぎ。

|

« 3月15日(木) 気仙沼は金曜日 | トップページ | 3月17日(土) 「唐竹割りからの手紙」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月16日(金) 「ドロシーの料理ショー」:

« 3月15日(木) 気仙沼は金曜日 | トップページ | 3月17日(土) 「唐竹割りからの手紙」 »