« 3月20日(火) ジョン・ベネ横丁 | トップページ | 3月22日(木) 把瑠都・オブ・ブリテン »

2012年3月22日 (木)

3月21日(水) ジョン・ベネの手から水が漏る

  やっぱり悪趣味だなあ。石黒昇氏死去。いや、アレですよ、「宇宙戦艦ヤマト」放映前に少年漫画雑誌に特集が組まれまして(チャンピオンかサンデーかマガジン?)艦体が逆さまになっても指揮が可能なように床と天井に同様の設備が施されている第3艦橋なんてものが紹介されておりまして、当時の私は「おお、凄いなあ」と感動したものであります。そして大期待で望んだ第一回でいきなり「砲雷撃戦用意」とか耳慣れぬ台詞がテレビから飛び出してきた訳ですよ。その時のインパクトを忘れることなんてできやしません。

 私にそうした衝撃を与えてくれた人でした。ご冥福をお祈りします。

 今の私なら「第3艦橋で指揮する人は大丈夫でも肝心の指揮される人たちがそれどころじゃあるまい」とツッコンだり、第3艦橋のこのギミックはスタトレTNGに登場するエンタープライズDのバトルブリッジと同じくらい役に立たなかったなあと思ったりするところだが、これはまた別の話であります(笑)。

 本日は休み。だけど、倉庫に多量に燃えないゴミが残っていたのでぜいぜいいいながらゴミだしに励むことになった。終了後、日記つけとネットのチェック。本日の昼ご飯は浜勝のとんかつ。濃厚ソースをどっぷり漬けたり、逆に塩だけであっさり味わったり、とんかつの美味さを十全に楽しむ。あまりの感動においおい泣きながら食べていたら従業員の人たちが凄く困った顔をしていた(ウソ)。ゴハンのお代わりは一膳のみ。

 その後は映画、映画、また映画である。まずは輸入ブルーレイで『The Dead』 最近の走ったり喚いたりとやたらご陽気になったゾンビであるが、この『The Dead』はまるで違う。まるで原点回帰を志したかのようにのろのろとしか動けないゾンビが登場。そしてアフリカの内戦をモチーフにしたような状況の中でひたすらに陰惨な物語が繰り広げられるのである。

 一言で言うならば『ゾンビ』+ヤコペッティの残酷映画というところか。こう言っちゃなんですが、アフリカとゾンビは案外、似合う!

 見るからに低予算なのだが、とにかく陰惨だからその手の特殊メイクには物凄く力が入っている。銃で撃たれたゾンビの頭から肉だか骨片だか判然としないものが驚くほど遠くまで飛ばされるとか、銃の台尻でゾンビの顔をがんがん殴って成形前のハンバークそっくりにするとか、私みたいな人間をそんなに喜ばせてどうするつもりってなものである(笑)。

 ハイビジョン映像はノイジーであり、あまり誉められたものではない。音声はドルビートゥルーHD。夜の場面が非常におっかない。だって夜の闇から忍びよってくるゾンビのかすかな音が必要以上にリアルなんだもの。
 
 終了後、1時間ほど休憩。キングの「第4解剖室」を読み進める。

 午後3時から今度は輸入ブルーレイで『ヒューゴの不思議な発明』を見る。この映画に関してはジョルジュ・メリエスが絡んでいることぐらいの事前情報は知っておくべきだった。いや、不思議な発明でしかも3Dでしょ、だったらヒューゴ少年が不思議な発明品を使ってファンタジー世界で大冒険みたいな内容を考えてしまうではないですか(笑)。

 おかげで映画の前半はヒューゴ、発明せんやんか、いつになったらファンタジー世界へ行くんかのうと思っていたくらい。

 現在、公開中の映画なのでこれ以上のネタバレはさけるけれども、これはとても良い映画ですからみんな、慌てて見に行くように。そしてあんな時代を描いた映画なのになぜ、これほどまでに3Dという上映形態が相応しいのか良く考えるように。

 3D映像はやっぱりクロストークが気になるなあ。特にキャラクターのバストショットだと100パーセント見えてしまう(笑)。立体感に不足はなく特にあの時計台のシークエンスにおける高さの表現はピカイチであった。音声はDTS-HDマスターオーディオ。一般的な音作りとはことなり、極端に情報を制限したサラウンドである。駅構内の環境音などはそっけないが、その反面、主人公に聞こえる歯車の音はその移動感、定位が素晴らしい。視覚に従属するという通常の作り方ではなく、明らかにサラウンドで視覚を引っ張っている。

 夕食は鮭のソテー、マグロの刺身、生野菜、キャベツ・玉ねぎの味噌汁。ビール2缶飲んでマグロのやまかけでゴハンを一膳。〆のコーヒーは如例。

 その後またまたプロジェクターを起動。

 輸入ブルーレイボックスで「プライミーバル 第4シーズン #1」を見たのである。とっても面白かった、これを見られない皆さんはおかわいそうですな、ひひひでは余りにも意地が悪すぎるので(笑)また後日、ストーリーなどを紹介していきたいと思っております。

 画質はまあ、それほどでもなし。暗部のざわつきが目立つ。音質はドルビーデジタルのステレオなので、これまたあまり評価できるものではない。ブルーレイなんだからロスレスで収録して欲しかったところだ。

 シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「ナイトシャッフル」

 就寝午前1時過ぎ。

|

« 3月20日(火) ジョン・ベネ横丁 | トップページ | 3月22日(木) 把瑠都・オブ・ブリテン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月21日(水) ジョン・ベネの手から水が漏る:

« 3月20日(火) ジョン・ベネ横丁 | トップページ | 3月22日(木) 把瑠都・オブ・ブリテン »