« 3月22日(木) 把瑠都・オブ・ブリテン | トップページ | 3月24日(土) 「長渕をはいた猫」 »

2012年3月24日 (土)

3月23日(金) 「キツネ憑きドラキュラ」

 あー、全然カッコ良くねえ!「プライミーバル 第4シーズン」が面白い。面白すぎて夜中の10時過ぎから2時近くまで掛かって一気に3話見ちゃったよ。これでは私もT子のことを笑えないなあ。ということで「第4シーズン #2」である。5年前、とある家庭に裂け目が出現。トカゲくらいの大きさの肉食恐竜が現れる。でもその家の奥さんに箒で叩かれてそのまんまトイレに流されちゃいましたとさ(笑)。下水に流された小型恐竜はネズミなどを食い大きく成長していったのだった。

 そして現在、ARCではコナーが退職し、アビーは古代生物(あのマンモスとか)の飼育係りとしてチームに残留することになる。ジェスはコナーに自分のアパートメントの鍵を渡して「部屋探しするんでしょ、私の部屋のコンピューター使っていいわよ、ネットカフェより安上がりだわ」

 さて、ジェスの部屋へ行きコンピューターを弄っていたコナー、ふと気になって未確認生物関連のサイトをチェック。そこで見つけたのはかってのオタク仲間、ダンカンであった。コナーはダンカンを訪ねていく。このダンカン、ドードー鳥事件で同じくオタク仲間のトムを失って以来、こうした未確認生物の情報を集めていたのだ。それは医者からは神経疾患だと言われ、周囲の全てが信じられなくなった彼の孤独な戦いだった。

 コナーはダンカンから気になる情報を得る。近くの廃ビルで浮浪者たちの失踪が相次いでいるというのである。半信半疑のコナーであったが、とりあえずダンカンを連れて調査に向かうのだった。彼らはそこでビル作業員の死体を発見。慌ててアビーを呼び出す。そしてすっかりでっかくなった肉食恐竜が登場。

 ベッカーたちの部隊も出撃し、この肉食恐竜を追い回すことになる。肉食恐竜は港のコンテナ置き場へ逃げ込む。ここで一度は恐竜を失神させ捕らえたのだが、輸送中のコンテナの中から逃亡。不味いタイミングで不味い方向へ逃げたダンカン(笑)に襲い掛かる。なんとかコナーが救出し、恐竜も再びベッカーによって失神させられるのだった。ダンカンはコナーに「君のおかげでこれ以上の犠牲者が出るのを防げた。君は英雄だ」と言われて気弱そうににっこり(笑)。

 ダンカンの再登場が嬉しい。前にコナーに紹介された「ホット・ブロンド」がコナーの彼女になったと聞いて「だったら俺にもチャンスが」なんて呟くのに大笑いさせて貰いました。

 仕事はまあ、いろいろあった。食ったもの、昼飯にパックのゴハンとレトルトのカレーでカレーライス。夕食はカツオの叩き、肉じゃが、後はソーセージの焼いたのを3本ほど。珍しくビールは飲まずにゴハンを2膳。肉じゃがはあつあつのところに生卵を落として。そしてあらかた具を食ってしまったら醤油を一垂らし。ゴハンに掛けて掻き込むのだ。ちょいと温まった卵が肉じゃがでほんのり味付けされて、これが美味いの何の。〆のコーヒーは如例。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『ランウェイビート』を30分ほど。いやあ、あまりにガキ臭い映画で見ていて恥ずかしくなってくるので、ちびちびとしか見られないんすよ(笑)。話も必要以上に大仰で学校は廃校になるわ、妹は白血病で半年持たないわの大騒ぎ。本当にしんどいです、見るのが。

 あのパクリ疑惑の件もむちゃくちゃ。主人公がデザインした服に感心した人気ティーンモデル(笑)が雑誌やブログで「私の同級生がデザインした服」としてデザイン画付で紹介。こんな服、あたしも買いたいと1000オーヴァーのコメントがつくほどの大人気となる。

 しかし、後から野心的なアパレル会社がこの人気ティーンモデル(笑)に主人公のデザインそっくりな服を着せて発表する。当然、パクリ疑惑が出てくるのだが、なんとみんな主人公がアパレル会社のデザインをパクッたと考えるのだ。なんでやねん!主人公の親は別のアパレル会社の社長だからその伝手でデザインを盗んだと言い出すキャラクターまでいて、私はもう開いた口が塞がらない。そんな伝手あるかい、ちょっとは考えてストーリー作ったらどうだ!

 スタッフの皆さんも撮影していてヘンだなーとか思わないんですか。

 それでも気を取り直して学校でファッションショーを開催しようとするのだが、これが話が大きくなっていつの間にやら大きな会場を借りてということになる。しかし、野心的なアパレル会社の横槍で2日前に会場予約がキャンセルされてしまった!ああ、どうしよう。

 ちゃんと予約している会場(予約が成立しているのだから前金だってきちんと払っているはずだ)をまったく別の会社が一方的にキャンセルできる。ひょっとしたら、この映画の日本は現実世界ではなくパラレルワールドみたいなものかも知れませんな。

 困り果てたみんな、他の会場も野心的なアパレル会社が妨害して借りられない(これも凄い話だ)。いや、最初は学校でという話だったのだから、学校でやりゃいいじゃんと呆れていると、主人公がいかにも素晴らしいことを思いついたという顔で「そうだ、学校があるじゃないか」 失笑という言葉はこのような時のために生み出されたのであります。

 主人公達は会場が借りられないと悩んでいたが、私だって負けずに悩んでいる。こんな映画なのに後40分も残っているからだ(笑)。

 シャワーを浴びてテレヴィをだらだら。午後11時過ぎから前述のごとく「プライミーバル」を3本、一気に見たわけです。

 就寝午前3時半。

|

« 3月22日(木) 把瑠都・オブ・ブリテン | トップページ | 3月24日(土) 「長渕をはいた猫」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月23日(金) 「キツネ憑きドラキュラ」:

« 3月22日(木) 把瑠都・オブ・ブリテン | トップページ | 3月24日(土) 「長渕をはいた猫」 »