« 3月6日(火) 『猿人チョー・ヨンピル』 | トップページ | 3月8日(木) 「花のズォーダー飯」 »

2012年3月 8日 (木)

3月7日(水) 林家近衛兵

 林家正蔵って誰?そんな人知らないよ。昨日の日記で日本の自然放射線量について書いたけれども、重要なことを書き落としていた。<なんと、我が福岡県は日本の中でもトップクラスの高放射線地帯だったのだ。文部科学省は子どもが学校で受ける被ばく線量の目安として、原則年間1ミリシーベルト以下に抑える方針を決め、全国に通知しているというのに、政府の原子力災害対策本部は汚染地域の放射線量を年間1ミリシーベルト以下にすることを長期目標とした除染の基本方針を決定したというのに、我が福岡県は何の対策も取られていないのだ、大変だ、大変だ・・・。>

 ここで福岡の自然放射線量が1.10(以上)ミリシーベルト/年であることが抜けていたという(笑)。これではまったく意味がありません。皆様、どうもすみませんでした。

 本日は休み。午前9時に起床してシャワーを浴びてから事務所へ。日記つけとカメの世話など。その後車で外出。昼飯はゆきみ家の味噌ラーメン+ミニカレーだ。ミニカレーは最初にルーとルーにまみれたゴハンを急いで食べてしまう。すると後には白ゴハンが残るので今度はチャーシューをおかずに楽しむのだ。味噌ラーメンを仲介にしてカレーライスとフツーのゴハンが楽しめる二段構え。ああ、なんとゴージャスでファビュラスな昼飯であろう。

 帰宅してレンタルブルーレイで『スリーディズ』を見る。これはつい最近WOWOWでみた『ラスト3デイズ~すべて彼女のために~』のハリウッドリメイク。オリジナルが96分程度の映画なのに、このリメイクは130分を越える長尺である。ストーリーはほぼ同じなので随分と間延びした印象を受ける(笑)。あくまでサスペンス映画として描かれたオリジナルに大して、こちらはごく普通の家族が不条理な事件に巻き込まれるという小市民的な目線の導入のためと思われるが、はっきり言ってこの改変はマイナス方向に働いているとしか感じられない。

 小気味良く描かれるラストの脱走劇は凄かったけれども、そこまでが物凄く長かった(笑)。

 ハイビジョン画質は全体的にノイジーであり、暗部にも不安定な箇所があった。音声はDTS-HDマスターオーディオ。いやいや、割と静かに進行していた映画だったので、あのトレーラーとあわや衝突という場面ではその迫力に仰天しましたなあ(笑)。

 1時間ほど休憩して今度はこれまたレンタルブルーレイの『はやぶさ』 登場人物が多く取り留めのない話の展開に苦笑させられる。いやいや、これが悪いということではない。むしろこの取りとめのなさが多くの人間が携わった「はやぶさ」というプロジェクトの本質を端的に現しているような気がするくらいだ。問題はそれが意図的に行われたのか、それとも偶然にこうなったのかということで(笑)。

 ただ、「はやぶさプロジェクト」広報としての効果は抜群。このプロジェクトがいかに凄いものなのか、どういう人間たちが計画に携わり、どのような努力の結果、この偉業が達成されたのか、やや感動のほうにベクトルを向けすぎている嫌いはあるものの、こうした点を無駄なく効果的に伝えてくる。これだけでもこの映画を作る意義があったと言えるだろう。

 蓮舫はこの映画を100万回見ろ(笑)。

 ハイビジョン画質は発色に濁りがあり、今ひとつ。DTS-HD音声は打ち上げの場面で効果を発揮。『アポロ13』のそれには及ばないものの(サターンロケットと比べるな!)ずずずという轟音がシアタールームに充満する。

 夕食はカツオの叩きとモツ鍋。ビール2缶飲んで鍋の〆にチャンポン1玉。〆のコーヒーは如例。

 その後はさすがに映画を見ることはせずに32GBのUSBメモリに入れた飯島真理師匠のアルバムを聞いていたと。

 午後9時すぎにシャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「ナイトシャッフル」 キングの「回想のビュイック8」もぐいぐいがしがしと読む。就寝午前1時過ぎ。

|

« 3月6日(火) 『猿人チョー・ヨンピル』 | トップページ | 3月8日(木) 「花のズォーダー飯」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月7日(水) 林家近衛兵:

« 3月6日(火) 『猿人チョー・ヨンピル』 | トップページ | 3月8日(木) 「花のズォーダー飯」 »