« 4月20日(金) フリーセックス・ザ・キャット | トップページ | 4月22日(日) 「月とスマートフォン」 »

2012年4月22日 (日)

4月21日(土) ゴッドフリーセックス

 ああ、ガッチャマンファンの人、ごめんなさい!iPhoneの読書用アプリ  bREADERと解析ツール「brc」を組み合わせるとなんと自炊PDFのリフローが出来るようになるという。それもmetiltranとは一味違ってピンチイン、ピンチアウトで連続的にリフローしてくれるのだ。

 もちろん、PDFファイルは受け付けないのでJPEGファイルに書き出しさらにZip圧縮する必要があるのだが、これでiPhoneで小説本を気軽に読めるようになる。Kindleもいいが、こちらはわざわざ持って歩かなければならないからなあ、飲み会の時にうっかり忘れてしまう危険もあるし、自炊リーダーもiPhoneにしちゃおうかなと考えたのだが・・・、やはりそうは思い切れませんなあ(笑)。

 ここまでやっちゃうと本というもののイメージが完全に失われしまうのではないか。
metiltranで再配置した小説をKindleで読むという行為も読書というオリジナルのイメージからかなり離れてしまっているけれども、カバーをつけたKindleという装置のお陰でかろうじてその範疇に留まっているといえる。しかし、これがiPhoneという普段 携帯電話として使っている器械でさらにリフローした文章を読むとなると、読書と呼ぶには違和感がありすぎる。

 じゃあ、何と呼べば良いのだと言われると困ってしまうけれども(笑)。まあ、私は電子化した本を読むときもそのどこかに本としての“カタチ”が欲しいと思うタイプなのだろうなあ。

 
仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、今日はアンリミテッドランチの日なので蕎麦屋でミニザルとカツ丼のセット。どちらも美味い。夕食はジャガイモ・鶏肉をメインにした煮つけ、マグロの刺身、シーチキンをまぶした生野菜。ビール2缶飲んでゴハンを一膳。ゴハンはマグロととろろと使って山掛けで食った。〆のコーヒーは如例。

 その後WOWOWハイビジョン録画の『キス&キル』を見る。ニースで恋に落ち結婚した相手は凄腕のスパイ(アシュトン・カッチャー)だった。その結婚を機に引退を決意するスパイだったけれども組織は許さず逆に刺客を送り込んでくる。この騒動に巻き込まれ真実を知ることになって大ショックの奥さん、この2人の行く末は?という映画。

 長年一緒に仕事をしていた同僚や町内会の祭りを共に楽しみ誕生日のサプライズパーティを企画してくれた近所の友人が突如、刺客となって刃物・銃器を持って襲い掛かってくるという不条理状況が楽しい。そして黒幕の正体はなんと、普段あまりしっくりいっていなかった義父!実は義父も同じく凄腕のスパイで、アシュトン・カッチャーの最後の標的は他ならぬこの人だったのである。私はもつれにもつれた因縁の糸を大いに楽しんだのだが、同時に心配にもなった。ここまでこじれさせといていったいどう始末をつけるのだ。

 なんと、この『キス&キル』は一連の洒落にならない騒動を夫と義父の不仲という家族関係のメタファーの中に落とし込んでしまうのだ。だからお互いに殺し合いをしていた夫と義父も嫁の妊娠というハッピーな出来事一つで元の鞘に納まってしまうのである。このあっけらかんとしたやり方に思わず大笑いをしてしまった。

 ただ、そうなると気になるのはアシュトン・カッチャーに返り討ちにされた刺客たちで、あんなに無造作な殺し方をしてしまったのではどうしても後味が悪くなる。気絶とか悪くても骨折くらいで留めておいて、パパとアシュトン・カッチャーが仲直りした後は、元通りの同僚や近所の人になるとでもした方が数段、洒落たものになったのではないか。

 ハイビジョン画質は良好。暗部にノイズが乗る箇所もあったものの、濃密な発色がなんとも魅力的である。音声はAAC5.1チャンネル。低域はあまり充実していなかったが、BGMの粒立ちはピカイチ。

 その後自炊と片付け。

 テレヴィと読書で午前2時半まで過ごし就寝。

|

« 4月20日(金) フリーセックス・ザ・キャット | トップページ | 4月22日(日) 「月とスマートフォン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月21日(土) ゴッドフリーセックス:

« 4月20日(金) フリーセックス・ザ・キャット | トップページ | 4月22日(日) 「月とスマートフォン」 »